「#ダイビングって楽しい」ハッシュタグキャンペーン実施中! 「PADIスペシャルティ・キャンペーン」開催中!
全国のPADIショップリスト

磯は生き物のパラダイス

第6回 秋になっても磯遊びは楽しい

風が涼しくなり、人影もまばらになってきた秋の海が好き。
そんなダイバーも少なくないのでは。
磯の生き物たちもホッとひと息ついているかも。
そんな彼らの様子を、そっと覗いてみましょう。

ウミホタルは密かな人気者 1. ウミホタルは密かな人気者
ウミホタルは、透明な二枚貝のような殻を持つ体長3mmほどの甲殻類です。
昼間は砂に潜っていますが、夜になると這い出して魚の死骸などを食べてくれる、海の掃除屋さんです。
そして、彼らは外敵に襲われるなど、何かの刺激を受けると、発行物質と酸素を分泌し、それが水と反応すると幻想的な青白い光を放つことが知られています。
きれいな水を好むことから、最近ではウミホタルがいることをアピールするところもあり、発光現象の観察も静かなブームになっているとか。
ホタルといえば夏のイメージですが、ウミホタルは9〜10月頃がもっともよく見られるそうです。
普通は防波堤などに、エサを入れたビンを沈めておびき寄せ、捕まえます。

磯で拾えるパーフェクトな標本 2. 磯で拾えるパーフェクトな標本
潮だまりで、カニがじっとしていてハッとしたことはありませんか。
でもよく見たら、なーんだ脱皮殻でした、なんてね。
でも、すぐにほっぽり出さないでください。これがカッコいい標本になるって知ってました?
持ち帰ったら真水でよく洗い、発砲スチロールの板の上などで生きているような形に組み上げて虫ピンで固定し、乾燥させます。
肉を抜くという面倒な作業をしなくて済むものですから、これは最高に楽チンです。
バラバラにしないこと、腹の下にティッシュのボールを入れて体を支えること、脚の形をどれだけホンモノらしく仕立てられるかがポイントです。

カニのニューハーフ発見!? 3. カニのニューハーフ発見!?
イソガニやイワガニなどをいくつか捕まえてみると、お腹に黄土色の袋を抱えている場合があります。
子供たちは、たいてい「子供を持ってる」と勘違いしていまいそうですが、これはフクロムシという寄生虫なのです。
これに寄生されたオスは形態や行動がメス化し、何度か脱皮するうちにハサミが小さくなったり、腹部のフンドシの幅が狭くなったりします(メスの場合はあまり変化はなし)。
ちょっと不気味な感じもしますが、これも自然が作り上げた巧みの生き方なのです。

磯で出くわす、いちばん危険な生物は? 4. 磯で出くわす、いちばん危険な生物は?
磯遊びで出くわす危険生物について、知識は持っていたほうがよいでしょう。
でもいちばんよく出くわす危険生物といえば、滑りやすい海藻や、水でふやけた手を切りやすいフジツボかもしれません。
でも、あえて挙げるなら、晩夏以降は、潮だまりなどに吹き寄せられたり、海岸に打ち上げられているカツオノエボシかも。
なにせ、淡いブルーできれいなうえに、プッチンとつぶしたくなるようなエボシが付いているからです。
触らぬ神に祟りなし。近づかないようにしましょう。

ヒライソガニの不思議 5. ヒライソガニの不思議
ヒライソガニは、磯遊びではもっとも普通に見られるカニです。
甲羅にさまざまな色や模様があり、それを観察するだけでもおもしろい遊びになるくらいです。
その中で、真っ白な甲羅を持つものに注目してみましょう。
不思議なのは、この白い甲羅は若い固体でではそこそこ見られるのに、成体ではまったく見られなくなる(少なくとも私は見たことがありません)のです。
白い個体が死滅してしまうわけではないようで、脱皮のときに別な色に変わってしまっているのかもしれません。
どう変わるのか、確かめてみては?

オジサンも夢中になるエビ探し 6. オジサンも夢中になるエビ探し
転石の多い磯で、周囲からパチンとかポンという音が聞こえてきたことはありませんか?
これは転石の下に潜むイソテッポウエビの仲間が、ハサミを鳴らしているのです。
この音を頼りに、石をどかしてイソテッポウエビを捕まえてみましょう。
必死になればなるほど、人を食ったようなパチンという大きな音が聞こえてきて、子供だけでなくオジサンもエキサイト。
ちょっとした遊びとして楽しめます。






三宅直人 三宅 直人
1954年岡山県生まれ。アクアリウム雑誌の編集者を経てフリーに。
『BE-PAL』誌に「図鑑の庭」、『アクアライフ』誌に「アクアリウム歴史読本」などを執筆。
『緑・花試験集中講義』などの著書がある。

友永たろ 友永 たろ
イラストレーター。主に キャラクター製作、児童書イラストを描く。
魚や水生生物が大好きで、独特のタッチで描かれる魚たちのイラストはいろいろなところで目にかかることも多い。
最近ではFlashでムービー作成にはまっている。
ホームページ「ぼくのすいぞくかん(http://boku-sui.net)でイラスト&Flashムービー公開中。


back

clear

Facebookページ Twitter Google+ページ Youtube