「#ダイビングって楽しい」ハッシュタグキャンペーン実施中! 「PADIスペシャルティ・キャンペーン」開催中!
全国のPADIショップリスト
←第23回 ミラーレス一眼と水中撮影A コラムTOP 第25回 ミラーレス一眼と水中撮影C→
〜第24回 ミラーレス一眼と水中撮影 その3〜
ワイド撮影 レンズ比較@
ph01
今月のお手本

◆カメラ:OLYMPUS E-PL5
◆レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 9-18mmF4.0-5.6
◆プロテクター:PT-EP10
◆撮影モード:水中ワイド
◆絞り値:F10.0
◆シャッター速度:1/200
◆露出補正:-0.7EV
◆ISO:200
◆フラッシュ:OFF
◆WB:水中WB
◆撮影地:慶良間/沖縄

ph

水中、陸上を問わず全ての撮影業務をミラーレスで行なうほど画質が良くなったミラーレスタイプのデジタルカメラ。ボディの大きさからは想像できないほど高性能化が進んで、簡単で高画質な水中映像をビギナーダイバーでも楽しめるようになった。前回は、従来のデジタル一眼レフとの大きさ比較や水中用の防水ハウジングなどの比較を行なったが、今回はワイド撮影に向いている交換レンズの紹介をしてみたい。

今月のお手本の写真は梅雨明けの高透明度の慶良間で撮影したものだが、砂地にダイバーの影が映るほど日差しの強い環境での撮影だ。このようなシーンではフラッシュ光を使わず、自然光を最大限に利用した手法が有効。自然光撮影では、太陽を背に順光での撮影が基本になるが、広がりや深さを表現するにはカメラを縦や横と、構え方を工夫して撮影すると恰好いい写真になる。

ワイド撮影用 レンズのいろいろ

◆M.ZUIKO DIGITAL 14-42mmF3.5-5.6U

水中ではワイドからマクロまで1本で幅広く楽しめるレンズ。標準ポートに収納できるのでコスト的に有利。ワイド撮影を狙う場合、今回紹介した3本のレンズの中では一番画角が狭い。
重さ112gと小型軽量のズームレンズ。街撮りからポートレートまで、普段使いに最適。静止画も動画もスムーズに撮影できる、高速&静音のオートフォーカス"MSC機構"を搭載している。

ph焦点距離: 14-42mm(35mm判換算 28-84mm相当)
レンズ構成: 7群8枚(非球面レンズ3枚)
マウント: マイクロフォーサーズマウント
画角: 75°-29°
最大口径比/最少口径比: F3.5(14mm)-F5.6(42mm)/F22
最短撮影距離: 0.25m(焦点距離14-19mm) / 0.3m(焦点距離20-42mm)
最大撮影倍率: 0.19倍(35mm判換算 0.38倍相当)
最近接撮影範囲: 91 x 68mm
絞り羽枚数: 7枚(円形絞り)
フィルターサイズ: φ37mm
大きさ: 最大径×全長  φ56.5 x 50mm
質量: 112g

◆M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mmF4.0-5.6

フィッシュアイほどの画角はないが、標準ズームに比べ、広い画角を有するワイドズームレンズ。標準ポートに収納可能。(PT-EP05Lは不可)  
風景撮影やスナップ撮影に最適なズームレンズ。超小型なのでコンパクトに持ち歩け、マイクロフォーサーズのパフォーマンスを最大限に引き出す。静止画も動画もスムーズに撮影できる、高速&静音のオートフォーカス"MSC機構"を搭載。

ph焦点距離: 9-18mm(35mm判換算 18-36mm相当)
レンズ構成: 9群8群12枚(DSAレンズ2枚、非球面レンズ1枚、EDレンズ1枚、HRレンズ1枚など
マウント: マイクロフォーサーズマウント/金属マウント
画角: 100°- 62°
最大口径比/最少口径比: F4.0(9mm)-F5.6(18mm)/F22
最小絞り値: F22
最短撮影距離: 0.25m
最大撮影倍率: 0.1倍(35mm判換算 0.2倍相当)
最近接撮影範囲: 173x130mm
絞り羽枚数: 7枚(円形絞り)
フィルターサイズ: φ52mm
大きさ: 最大径×全長 φ56.5x49.5mm
質量: 155g

◆LUMIX G 8mm Fish Eye F3.5

水中でのワイド撮影では定番のフィッシュアイレンズ。私の場合、ワイド系の撮影はすべてこのレンズになる。
レンズ本体の価格が高額なのと専用のドームポートが必要になるので、お財布にやさしくない。
マイクロフォーサーズ初の魚眼レンズ。対角線画角180度の魚眼レンズならではの遠近感やデフォルメ効果などの表現が写真や動画で味わえる。また、EDレンズ1枚を含む9群10枚のレンズ構成により、色収差を最適に補正。安定した高い描写性能を発揮。
インナーフォーカス方式を採用

ph焦点距離: 8mm(35mm判換算 16mm)
レンズ構成: 9群10枚(EDレンズ1枚)
マウント: マイクロフォーサーズマウント/金属マウント
画角: 180°
絞り形式: 7枚羽根 円形虹彩絞り
開放絞り: F3.5
最小絞り値: F22
撮影可能範囲: 0.1m〜∞(撮像面より)
フィルター径: 前面(取り付け不可)、後面(挟み込みタイプ:22mm×22mm)
最大撮影倍率: 0.2倍(35mm判換算:0.4倍)
最大径: φ60.7mm(固定フード部),φ60mm(フード部除く)
全長: 約51.7mm(固定フード先端よりレンズマウント基準面まで)
質量: 約165g

自然光/水中景観 レンズ比較 (写真をクリックすると大きくなります)

●その1

ph
ph
M.ZUIKO DIGITAL
14-42mmF3.5-5.6U

ph
ph
M.ZUIKO DIGITAL
ED 9-18mmF4.0-5.6

 

ph
ph
LUMIX G 8mm
Fish Eye F3.5

●その2

ph
ph
M.ZUIKO DIGITAL
14-42mmF3.5-5.6U

ph
ph
M.ZUIKO DIGITAL
ED 9-18mmF4.0-5.6

 

ph
ph
LUMIX G 8mm
Fish Eye F3.5

●その3

ph
ph
M.ZUIKO DIGITAL
14-42mmF3.5-5.6U

ph
ph
M.ZUIKO DIGITAL
ED 9-18mmF4.0-5.6

 

ph
ph
LUMIX G 8mm
Fish Eye F3.5

●その4

ph
ph
M.ZUIKO DIGITAL
14-42mmF3.5-5.6U

ph
ph
M.ZUIKO DIGITAL
ED 9-18mmF4.0-5.6

 

ph
ph
LUMIX G 8mm
Fish Eye F3.5

失敗フォトクリニック
洞窟でのシーンです。
洞窟内はフラッシュOFFで撮影しなさいと、教わりました。
暗いのでブレブレの写真になってしまいました。
なにか良い手はありますか?
◆カメラ:OLYMPUS E-PL6
◆レンズ:M.ZUIKO DIGITAL9-18mm F4.0-5.6
◆撮影モード:水中ワイド
◆絞り値:F4.0
◆シャッター速度:1/13
◆ISO:200
◆フラッシュ:OFF
◆露出補正:-1.0EV
◆WB:水中
ph

ph処方

フラッシュをOFFにセットすると、暗い環境ではシャッター速度が低下します。感度を上げて撮る必要があります。手ぶれしないシャッター速度まで必要な分だけ感度を自動調整する便利な機能があります。感度を「AUTO」にセットするとブレが止まります。


清水淳

清水 淳 プロフィ−ル

しみずじゅん。1964年埼玉県生まれ。「水中から見上げた空」をメインテーマに半水面や海辺の風景撮影を撮り続けている。ダイビング専門誌やカメラ関係誌などで執筆や撮影を行ないながら、沖縄・那覇にて水中写真教室《マリーンプロダクト》を主宰。著書に「誰にでも撮れる水中写真」「デジタルカメラで簡単水中写真」がある。社団法人日本写真家協会会員

◆清水淳 オフィシャルウェブサイト  http://www.marine-p.com/shimizu/

ダイビング・水中写真応援サイト フォトパス マリン
ダイビング・水中写真応援サイト フォトパス マリン
★もっと水中撮影が上手になりたい人におすすめ!
水中フォトグラファー・スペシャルティ・コース
デジタル水中フォトグラファー・スペシャルティ・コース
banner

back

Facebookページ Twitter Google+ページ Youtube