「#ダイビングって楽しい」ハッシュタグキャンペーン実施中! 「PADIスペシャルティ・キャンペーン」開催中!
全国のPADIショップリスト
←第12回 グレートバリアリーフ コラムTOP 第14回 紅海(レッドシー)→
  自然写真家・高砂淳二氏が世界のさまざまな海で出会った魅力たっぷりの水中シーンを、旅の体験談と共にお届けします。

〜第13回 ラパス〜

ph01

「海の動物で何が一番好きですか?」と聞かれると、「イルカです」と答えることが多いのだけれども、実はそれに匹敵するほど気に入っている別の生き物がいる。それは、"アシカ"だ。

今から25年ほど前になるだろうか。初めてメキシコのラパスに行ったときのこと、「ロス・イスロテス」という岩の島に行った。近づくにつれて、なんか水族館っぽい臭いが鼻をかすめたかと思うと、「オ〜ッ、オ〜ッ」と、やはり昔水族館で聞いたことのある声が聞こえてきた。そう、無数のアシカたちだった。岩の上で寝そべっていたり、あるいは海に入って顔を上げて、興味津々でこっちを見ていたり・・・。そこはアシカ天国だった。

僕はいてもたってもいられなくなり、バタバタと機材をセッティングして海に入った。いるわいるわ、アシカ君たちが遠巻きにこちらを見ている。そのうち子どものアシカたちが、僕らのところに恐る恐る近づいてきて、なんと、こちらにちょっかいを出してくるようになったのだ! 野生のアシカがこんなことしてくるなんて、もう僕は興奮状態に陥った。

やがて、カメラのレンズに"ぶちゅーっ"とひげ面でディープなキスをしたり、落としたスノーケルをくわえて逃げてしまったり、あるいは二の腕を甘噛みしてきたりと、もうやりたい放題に。どのアシカも、体全体から"ちょっかいをだすことに全精力を注いでます"、という雰囲気が滲み出ているのだ。

このとき以来、僕の中では、"ラパスといえばアシカ"というイメージとなり、アシカの大ファンになってしまった。でもあまり調子に乗ってアシカの子どもたちと遊んでいると、たまに大きく怖いボス親が、思い切り威嚇してくることがあるのだ。これはかなり恐ろしい。行く機会があったら、気をつけてくださいね。アシカらず・・・。

ph02
ph03
撮影こぼれ話

一度、若いアシカが僕の背後から忍び寄って、僕の毛髪寂しい頭頂にヒゲもじゃの口をつけ、ゆらゆら揺れる毛をもて遊ぶかのように、むしゃむしゃと、イタズラし始めたことがある。僕は、嬉しいやら、毛をまとめて引っこ抜かれたらどうしよう、という恐れとで、複雑な気持ちだった。少しして、無事離してくれたのだが、いっしょに潜っていたダイバーたちは、もう水中でゲラゲラ笑い転げていた。


高砂淳二

高砂淳二 プロフィ−ル

たかさご じゅんじ。自然写真家。1962年、宮城県石巻市生まれ。 ダイビング専門誌の専属カメラマンを経て1989年に独立。 海の中から生き物、風景まで、地球全体をフィールドに、自然全体の繋がりや人とのかかわり合いなどをテーマに撮影活動を行っている。 著書は、月の光で現れる虹を捉えたハワイの写真集「night rainbow 〜祝福の虹」(小学館)をはじめ、「虹の星」、「free」、「BLUE」、「life」(ともに小学館)、「ハワイの50の宝物」(二見書房)、「クジラの見る夢 〜ジャックマイヨールとの海の日々〜」(七賢出版)、「南の夢の海へ」(PIE BOOKS)、「Children of the Rainbow」(小学館)など多数。 2012年6月には、世界の空の写真集「そら色の夢」(PIE INTERNATIONAL)が発売された。 「太平洋島サミット記念写真展"PACIFFIC ISLANDS"(コニカミノルタ・プラザ)」 、ザルツブルグ博物館、渋谷パルコ、阪急百貨店など、写真展多数開催。

◆高砂淳二 オフィシャルウェブサイト  http://www.junjitakasago.com
◆高砂淳二 オフィシャルブログ http://junjitakasago.com/blog/
◆高砂淳二 Facebookページ http://www.facebook.com/JunjiTakasago


back

Facebookページ Twitter Google+ページ Youtube