全国のPADIショップリスト

rss最新情報をRSSで配信中

※浮島の現地PADIダイビングショップがお届けするダイビングスポット情報です。直接お問い合わせも可能です。

flagダイビングスポット情報
スポット写真
浮島
ふとう

●ダイビングスポット数:ビーチ/1 ボート/5

●潜水可能時間:8:30〜16:00

●ナイトダイビング:可(毎日開催)

●エンリッチド・エア:不可

●バディ(セルフ)ダイビング:

PADIダイブリゾート  ファンダイブWEB申し込み こだわりツアー
★エリア概況

西伊豆の中央よりやや南、複雑に入り組んだ海岸線が続く美しい景勝地に位置する浮島です。
周囲を緑に囲まれたプライベート感たっぷりな浮島ビーチは、洞窟、クレパス、アーチ、砂地と地形でも楽しめ、水深も浅めでマクロ派ダイバーもエアーや窒素を気にせず、のんびりダイビングできます!また夏から秋にかけて、ボートポイントでの魚の群れは圧巻です♪
サービスの前がすぐ海という立地条件にも恵まれ、ビーチエントリーは楽々です。ボートビーチ問わず、多種多様のウミウシを観察できるのも特徴です。また、1年中ナイトダイビングできるのも魅力の一つでもあります。

過去の情報

★現地からの最新情報 ※直近1週間の情報を掲載しています(最新情報:2017年1月20日)
サンセットリゾートダイブセンター
ホームページアイコン
1月20日現在の情報 (提供:サンセットリゾートダイブセンター
水温: (水面) 約17℃ / (水中) 約17℃
透明度: 約11〜15m
コメント:

今日の一枚
image

2017年01月20日
予想外の穏やかな海♪

天気  :くもり⇒雨
海況  :良好
風向  :微風
波高  :ビーチ・0.5m
ウネリ :なし⇒少し
水温  :ボート・15〜17℃
透視度 :ビーチ・10〜15m
透明度 :ボート・15〜20m
コメント:たかはし
今日の1枚:キカモヨウウミウシ

予報が少しズレ込んだようですねぇ〜
日中の風はほとんどなく、あさから穏かな海となりました
ただ、昼ころからは前線の影響でしょうか? ウネリが少し
そして、今夜からは西風がイッキに強まり荒れもようの海となりそうです
せっかくの週末が、またダメか(泣)

☆★それでは、10日ぶりに潜れた浮島情報★☆
なが〜いクローズが終わり、やっとエントリーできた3日間
平日にもかかわらず、たくさんのご来場をいただきありがとうございました
おかげさまで、ウミウシ写真もドッサリご提供いただきました♪

★「カマガ根」を中心に見られたウミウシたちは〜
浮島ではまだ数回しか見られていない「ビロードウミウシ属の1種」をはじめ
ハレギミノウミウシ、ユビワミノウミウシ、アイリスミノウミウシ、ヨツスジミノウミウシ科の1種、ハクテンミノウミウシ、ケラマミノウミウシネアカミノウミウシなどなど、ミノウミウシの仲間たちが約20種。。
ヤグルマウミウシ、キカモヨウウミウシ、シロウサギウミウシなどなど、可愛い〜人気者なども続々! 
終わってみれば50種近くが登場してくれました!!!

きょうから連日、ゲストさま提供写真のご紹介です

(写真)ハクテンミノウミウシ 写真提供:はらかわさま
大小さまざま・・ いろんな場所で出始めましたよぉ〜

(写真)この可愛さで、人気もののウミウシ(^^♪ 
キカモヨウウミウシ 写真提供:森(秀)さま

(写真)いまが旬!! 
1ダイブで3〜4個体はみるようになった
ヨツスジミノウミウシ科の1種 写真提供:森(秀)さま
「ほんわかぁ〜撮り」にチャレンジされたようですよ〜

(写真)こちらもチョット冒険!? ヤグルマウミウシ
写真提供:森(秀)さま

(写真)出始めてきたようです!! シラユキウミウシ
写真提供:池田さま

(写真)いつもはかなり少ないのに、今シーズンはドッと出ています! ヤマトワグシウミウシ 写真提供:池田さま

浮島がまだ潜れずに、1日出かけた「田子港内」からは

(写真)ウデフリツノザヤウミウシ 「ピカチュ〜」
やっぱりこの子が主役でした!! 写真提供:はらかわさま

(写真)そして、やっぱりこの子も外せませんね!
セトリュウグウウミウシ 写真提供:はらかわさま

★どうやら今週末は「田子港内」へ移動して潜ることになりそうです
港内のウミウシたちもかなり増えてきましたよぉ〜
浮島とは雰囲気もウミウシたちも変わるので別の楽しみがあります
サンセットDCスタッフと潜る「田子港内」。。リクエストお待ちしております
・・予約がないようなら、届いたばかりのNEWカメラ持ちで行っちゃいますよ〜(笑)

<あすからの海況予想>
21日(土):低気圧が通過したので「西高東低」の冬型の天気となります
 風は強まり荒れもようの海況となるでしょう
22日(日):不安定な予報と海況です。エントリーはキビシイかも!?
★今週末はまたもや冬型の天気が強まり海は荒れもよう。。
残念ですが「クローズ」となる可能性大です

★各スポットの情報 ※スポット名または地図内のフラッグをクリックすると詳しい情報が見られます
  • flag
    地形が面白いスポットですマクロ系が豊富なスポットです
    ビギナー〜
    >>水中マップ
    ■アクセス : ダイブセンターの目の前
    ■レベル : ビギナー〜
    ■深 度 : 平均 6m/最大13m
    ■流 れ : なし

    >>水中マップ
    ■解説 :
    ホール、アーチ、トンネルなど多彩な地形に富んだ静かな入り江。ビーチ中央には、広い砂地もあり、漁礁、ガイドロープも設置されており、安心感も満点。マクロ生物が多く、特にウミウシは1年を通してその種と数は驚異的で知名度は全国的。バデイとのセルフダイビングもOKでフォトダイブにも最適。
    ■このエリアで見られる魚 :
    季節で見られる魚
    コロダイ、ハマフエフキ、シマアジ、カンパチ、トビエイ、サカタザメ、クロユリハゼ、アカハチハゼ、カミソリウオ、ニシキフウライウオ、タツノオトシゴ、タツノイトコ、イザリウオ、セミホウボウ、ハタタテダイ

    よく見られる幼魚
    コロダイ、ツマジロモンガラ、キヘリモンガラ、ゴマモンガラ、ツユベラ、セジロノドグロベラ、クロフチススキベラ、スミツキベラ、ツユベラ、テンス、クロユリハゼ、キヌバリ、トノサマダイ、スミツキトノサマダイ、ヤリカタギ、ウミヅキチョウチョウ

    34.794422,138.757796
    image/flag_m.png

  • flag
    回遊魚との遭遇率が高いスポットです地形が面白いスポットですマクロ系が豊富なスポットです
    ビギナー〜上級
    >>水中マップ
    ■アクセス : ボート4〜5分
    ■レベル : ビギナー〜上級
    ■深 度 : 平均 10m/最大30m
    ■流 れ : 比較的 ゆるやか

    >>水中マップ
    ■解説 :
    カマガ根のエントリーポイントは3カ所あり、それぞれに個性的な景観をもち、チョイスによって楽しみ方はいろいろ。ダイナミックなクレパスや広大な砂地と生物も様々。夏から秋にかけては、回遊魚の群れ。マクロ生物も甲殻類からウミウシまでかなりの種がみられることで人気も高い。
    34.798211,138.748848
    image/flag_m.png

  • flag
    回遊魚との遭遇率が高いスポットです地形が面白いスポットです
    中級以上〜上級
    >>水中マップ
    ■アクセス : ボート6〜7分
    ■レベル : 中級以上〜上級
    ■深 度 : 平均 15m/最大30m
    ■流 れ : 常時あり(緩やかな時〜激しい時も)

    >>水中マップ
    ■解説 :
    鮮やかに群生するソフトコーラルとダイナミックな地形にあっと目を奪われるほどのポイント。その景観の中に群れる魚達も迫力満点で人気は絶大。夏から秋は、回遊魚、根魚も多く根の周りでは、連日トルネード状態の魚の群れに巻かれる。
    ■このエリアで見られる魚 :
    通年見られる生物
    イザリウオ、マダイ、モロコ、アカハタ、ルリハタ、キンギョハナダイ、チョウチョウウオ類、スズメダイ、ウミウシ(エノキミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、サラサウミウシ、オトメウミウシ、キイボキヌハダウミウシ、コイボウミウシ、ウデフリツノザヤウミウシ、キイロイボウミウシ、アオウミウシなど)カクレエビ他甲殻類多数

    季節でみられる生物
    5〜10月・・・イサキ・タカベ・アジ・イワシなどの群れ、カンパチ・ワラサ・ツムブリの群れ、コロダイ・ハマフエフキの群れ

    34.795057,138.72282
    image/flag_m.png

  • flag
    回遊魚との遭遇率が高いスポットです地形が面白いスポットです
    ビギナー〜
    >>水中マップ
    ■アクセス : ボート15分
    ■レベル : ビギナー〜
    ■深 度 : 平均 10m/最大28m
    ■流 れ : なし

    >>水中マップ
    ■解説 :
    巨岩、巨石が並ぶダイナミックな地形。根付きの大形の魚達が多く迫力あり。回遊魚も周り、エイ、ネコザメ、ヒラメなど砂地の生物もみられる。ウミウシも豊富。河口域に近いため海況・季節・雨を見極めてエントリーする必要がある。
    ■このエリアで見られる魚 :
    通年見られる生物
    イザリウオ、ハナタツ、チョウチョウウオ類、スズメダイ、イソハゼ、ベニハゼ、カスリハゼ、イトヒキハゼ、クサハゼ、アカエイ、ドチザメ、マダイ、クエ、ウミウシ類(ミノウミウシをはじめ多数)、甲殻類多数 など。

    季節でみられる生物
    5〜10月・・・イサキ・タカベ・アジ・イワシなどの群れ、カンパチ・ワラサ・ツムブリの群れ、コロダイ・ヘラヤガラ、フエヤッコ、レンテンヤッコ、チョウチョウウオをはじめとする季節来遊魚など。
    12月〜3月・・・ウミウシ類が

    34.768339,138.765907
    image/flag_m.png

現地ショップからの最新情報※下記のデータはあくまで目安としてご利用ください。
シーズナリティ

back

Facebookページ Twitter Google+ページ Youtube