「#ダイビングって楽しい」ハッシュタグキャンペーン実施中! 「PADIスペシャルティ・キャンペーン」開催中!
全国のPADIショップリスト
PADI NEWS
←前のニュース ニュース一覧 次のニュース→

鍵井靖章写真展「3.11 - あの日から From the date of disaster.」開催!

水中写真家・鍵井靖章氏の写真展「3.11 - あの日から From the date of disaster.」が、3月7日(金)より東京・赤坂の「フジフイルム スクエア」にて開催されます。震災の直後から東北の海の中を撮り続けてきた鍵井さんの作品、必見です。

ph

あの日から、3 年が経過した。
震災の海は、今の地球にとって、ある意味特別な存在となっている。
私がいつも潜っている岩手県北部のある場所では、震災直後から今日に至るまで、
瓦礫の撤去作業はまったく行われておらず、海底の時間はあの日から止まったままだ。
3 年間、定期的に水中撮影を行ってきたが、車や家電製品などいつも同じ場所で出会うものも多い。
私はそんなものたちと、本来の持ち主とは違う時間を共有した。
人が災害を受け入れて、新しい生活に順応していくように、海底に沈んだものにも生き物たちが寄り添う。
そして、3 年という年月を内包した震災の海は、私の前に新しい世界の造形物として現れた。

ph

タイトル:【富士フイルムフォトサロン 企画展】鍵井靖章写真展 「3.11 - あの日から From the date of disaster.」
期間:2014年3月7日(金)〜3月20日(木) 午前10時〜午後7時(最終日午後4時まで・入館終了10分前まで)
会場: 富士フイルムフォトサロン スペース2
入場無料 会期中無休
作品点数: 約30点(予定)

鍵井靖章 スライドトークショー「震災の海に潜る」

ph写真展では、水中写真家 鍵井靖章氏が震災直後から潜水してとらえた、岩手県北部の海底の傷跡と生き物たちの姿を展示いたします。その撮影における思いや被災地の方との関わり方、撮影技術についてお話いただきます。

日時:
1) 3月8日(土)鍵井靖章×金川功(新潮社 写真集編集者)
写真集「ダンゴウオ 海の底から震災と再生」の製作話など。

2) 3月15日(土)鍵井靖章×和井内京子(デザイナー)
写真展のディレクター和井内氏との震災、そして作品について。

※ 両日とも、14:00〜15:30(受付開始13:30)

会場:フジフイルム スクエア 2F
定員:40名(事前申込制・参加費無料)
参加申込:お電話、もしくはフジフイルム スクエア受付にて承ります。
TEL:03-6271-3351、受付時間10:00〜18:00

back

clear

Facebookページ Twitter Google+ページ Youtube