「#ダイビングって楽しい」ハッシュタグキャンペーン実施中! 「PADIスペシャルティ・キャンペーン」開催中!
全国のPADIショップリスト
PADI NEWS
←前のニュース ニュース一覧 次のニュース→

6月27日に神奈川県腰越でアマモ植え付けイベントが開催!

湘南・江ノ島のPADI5スターダイブリゾート《ウエストビーチダイビングセンター》より、6月27日に開催されるアマモ植え付けイベントのお知らせです。

ph

「海のゆりかご」と呼ばれているアマモ。魚介類の産卵場や餌場として大切な場所です。
しかし近年、このアマモ場も環境の悪化などにより減少しています。 神奈川県・腰越にて、このアマモを植え付けるイベントを実施します。今回は海洋科学高校の生徒が種から栽培した苗を頂き、腰越に植える予定です。
ぜひご参加ください。

開催名:腰越アマモ場復興計画
開催場所:鎌倉市腰越地内海底(小動岬南方)
開催日時:2014年6月27日 9:30〜
※当日はPADI AWARE ディスティンクティブ・スペシャルティ「Eel Grass Restoration」の講習も行ないます。Cカード発行をご希望の方は申請料のお支払いをお願い致します。

◆お申し込み・お問い合わせは
ウエストビーチダイビングセンター
TEL: 0466-50-6662
E-mail: info@west-beach.co.jp

協力:NPO法人ワールドオーシャンズデイ、海洋科学高校、海さくら、腰越漁業協同組合、ウエストビーチダイビングセンター

アマモとは

ニラレバいためのニラに似た細長い海底に生息する海草です。アマモ場とはアマモが集落をつくって生い茂っている地帯のことをそう呼びます。
昔は湘南にもこのアマモ場がいくつも広がっていました。現在は、エビアマモ(岩場に生息するアマモ)は残っていますが、純粋なアマモは絶滅寸前です。
アマモはアオリイカなどの産卵の場所となり、小さな生物(小魚・カニ・エビ・シャコ等)を外敵から守ってくれる幼稚園の役目をしています。またアマモが呼吸をすることで海水の酸素濃度が笛生物の呼吸を楽にさせます。このほかに時化などの波から陸を守ってくれる役目を果たしています。
このアマモ場が人災(湾岸工事・海洋汚染等)により絶滅しかかっています。このアマモを飼育し増やすことで自然環境を良くし海浜の環境保護に役立つことができます。

ph

back

clear

Facebookページ Twitter Google+ページ Youtube