「#ダイビングって楽しい」ハッシュタグキャンペーン実施中! 「PADIスペシャルティ・キャンペーン」開催中!
全国のPADIショップリスト
PADI NEWS
←前のニュース ニュース一覧 次のニュース→

ロープワークの基本、「もやい結び」できますか?

ph

水底から物を引き上げるときや船を係留するとき、ダイバーを救助するときなど、いろいろなシーンで活躍する「ロープワーク」。ボートを港につけるときにインストラクターが素早くサッとロープを結ぶ姿を見るとカッコいいですよね。キャンプなどのレジャーや日常生活でも使うことができるので、覚えておいて損はありません。

上記のようなシーンでロープを結ぶときは、結べれば何でもいいというわけではなく、「しっかりと結べているが、後でほどきやすい」ことが大切です。いろいろな結び方があるのですが、最もよく使われるのが「もやい結び(バウラインやボーラインとも呼ばれます)」。しっかりとした滑らない輪を作る結び方で、後で楽にほどくことができます。

PADIの「サーチ・アンド・リカバリー」スペシャルティ・コースでは、この「もやい結び」に加え、「シートベンド」、「ツーハーフヒッチ」という3種類の結び方をマスターすることができます。説明を見なくてもできるようになったら、次に手袋をして、最後には目を閉じたままでできるようになるまで練習。巻き上がった泥などで視界が悪い海の中でもしっかりと結べるようになります。

もちろん「ロープワーク」以外にも、水中の捜索方法や場所の記憶方法、発見物の回収方法など、さまざまな実践的なテクニックを学べるコースになっていますので、興味のある方はぜひ受講してみてくださいね。

ph◆サーチ&リカバリー・ダイバー・マニュアル \3,600(税抜)
◆サーチ&リカバリー・ダイバーDVD \3,800(税抜)

様々なサーチ・テクニックが紹介され、発見した物体を引き揚げるためのロープワークやリフトバッグの使い方など、内容が盛りだくさん。 サーチ&リカバリー・スペシャルティ・コースはもちろんのこと、ここで習得するサーチ・テクニックは、レスキュー・ダイバー・コースでの行方不明ダイバーの捜索や、ダイブマスター・コースの実践スキル4「サーチ&リカバリー」を実施する際の背景知識を深めるのにも役立ちます。

コース開催ショップはこちら

←前のニュース ニュース一覧 次のニュース→

back

clear

Facebookページ Twitter Google+ページ Youtube