「#ダイビングって楽しい」ハッシュタグキャンペーン実施中! 「PADIスペシャルティ・キャンペーン」開催中!
全国のPADIショップリスト
PADI NEWS
←前のニュース ニュース一覧 次のニュース→

ボランティアダイバーの活動が小学校の道徳の教科書に!

PADI Newsでもその活動を紹介している《三陸ボランティアダイバーズ》が、小学校の道徳の教科書(副読本)に取り上げられました。また、環境省主催による平成26年第1回「グッドライフアワード」でも最優秀賞を受賞。ダイバーの貢献活動が多くの人に知られ、評価されるのはうれしいですね!

ph

被災した三陸沿岸部の復興を目指して活動する《三陸ボランティアダイバーズ》が、小学校の道徳の教科書(副読本)に取り上げられました。教育出版が発行している「小学どうとく 心つないで 5」(小学5年生用)の中で「青い海を取りもどせ」というタイトルで4ページにわたって取り上げられています。

震災後、ダイバーと漁師が協力し、海に中に沈むガレキを撤去して、海が蘇りつつある様子が描かれています。そして文章の最後には「わたしたちにできることはまだまだある。しん災からのふっこうは続いているのだ」。

私たちダイバーにできることもまだまだたくさんありそうです。

《三陸ボランティアダイバーズ》が第1回「グッドライフアワード」最優秀賞を受賞!

ph環境省により、環境や社会に"良い暮らし"を発掘することを目的として創設された「グッドライフアワード」。国民投票や審査委員会による審査を経て、第1回の最優秀賞に《三陸ボランティアダイバーズ》が選ばれました! 

−審査委員会からのコメント−
ダイビングによる海中がれきと漁業体験を同時に実施することで、全国のダイバーの関心を集めるとともに、地元の方々の海への関心を取り戻す取組は、環境面での貢献だけでなく、復旧・復興や地域振興を加速する観点からも高く評価できます。将来、がれきのない海が取り戻され、漁業が栄え、多くの人が集まる海になる光景が思い浮かびます。 今後も、地元の理解や支援を得ながら、多種多様な体験メニューを整備するなどの工夫を行い、より多くの人々が参加できる魅力ある取組にして、三陸沿岸部の漁業復興や地域振興につながることを期待しています。

⇒詳細はこちら

←前のニュース ニュース一覧 次のニュース→

back

clear

Facebookページ Twitter Google+ページ Youtube