「#ダイビングって楽しい」ハッシュタグキャンペーン実施中! 「PADIスペシャルティ・キャンペーン」開催中!
全国のPADIショップリスト
PADI NEWS
←前のニュース ニュース一覧 次のニュース→

新発売の《オリンパス》水中専用フラッシュ「UFL-3」がスゴイ!

水中での撮影の幅を大きく広げてくれる水中フラッシュ。「水中撮影で外部フラッシュを使うのは難しいので上級者向け」と考えているフォト派ダイバーも多いようですが、新発売となった《オリンパス》水中専用フラッシュ「UFL-3」なら、そんな心配はご無用。ビギナーでも、外部フラッシュを使った本格的な水中撮影を、スムーズに楽しむことができるのです。

ph

ph見てまず驚くのは、その大きさ。従来の《オリンパス》水中専用フラッシュ「UFL-2」と比べると、かなり小型&軽量となっており、コンパクトデジカメにつけても違和感のない大きさ。にもかかわらず、高性能RCシステムなど機能はそのままで、価格は「UFL-2」よりもお手ごろと、良いこと尽くめの一台です。特に、新発売のミラーレス一眼「PEN Lite E-PL7」用の防水プロテクター「PT-EP12」(右写真)と相性抜群で、水中の浮力もベストに保たれています。

注目は《オリンパス》独自の「ワイヤレスRCフラッシュシステム」。光ケーブルを通してカメラからフラッシュにデジタル信号で発光量が伝えられるため、追従型フラッシュでは難しい、微細で正確な発光が期待できます。しかも、左右のフラッシュの発光量をカメラ側でコントロールできるので、撮影のたびにフラッシュ本体の設定をいじる必要がなく、撮影に集中することが可能。また、必要なぶんしか発光しないため、フラッシュのチャージ時間も、カメラ本体のバッテリーの持ちも長くなるというメリットがあります。

ph

対応するカメラは、OM-D、PENシリーズのすべての機種に加え、E-5、E-3、コンパクトデジカメでもTG-1、2、3やXZ-1、2などに対応。このシステムはE-3から始まる《オリンパス》の独自規格のため、コンパクトデジカメからすべての機種の対応が予定されており、コンパクトデジカメからミラーレス一眼へのステップアップなど、機種の買い替えにも対応できるのはうれしい限り。メーカー純正フラッシュとして、色温度調整や発光量、発光タイミングなどは《オリンパス》のカメラにベストな設定が施されているため、ぜひセットで使いたいところです。

そのほか、カメラと同じ基準で開発・製造を行なうなど、「常に一番良いものをユーザーにお届けしたい」という《オリンパス》のこだわりが反映された一台。ぜひ皆さんも「UFL-3」で、より快適な水中撮影を楽しんではいかがでしょうか?

⇒「UFL-3」についてのさらに詳しい説明はこちら

《オリンパス》製品のお買い求めは、お近くのPADI登録店

←前のニュース ニュース一覧 次のニュース→

back

clear

Facebookページ Twitter Google+ページ Youtube