「#ダイビングって楽しい」ハッシュタグキャンペーン実施中! 「PADIスペシャルティ・キャンペーン」開催中!
全国のPADIショップリスト
PADI NEWS
←前のニュース ニュース一覧 次のニュース→

海上保安庁が平成26年度「レジャーダイビング中の事故発生状況」を発表!

海上保安庁 マリンレジャー安全推進室より、「平成26年レジャーダイビング中の事故発生状況」 が発表されました。

平成26年レジャーダイビング中の事故発生状況

平成26年レジャーダイビング中の事故発生状況
pdf

過去10年で最も事故者数の多かった平成24年(2012年)の事故者数58名(うち死者・行方不明者数22名)から、平成25年は事故者数49名(うち死者・行方不明者数17名)、平成26年は事故者数40名(うち死者・行方不明者数11名)へと減少傾向に。引き続きダイビングの安全への対策をしっかりと行ない、さらに事故者数を減らしていきたいものです。

傾向としては、年々上昇傾向にあった事故者の平均年齢が平成25年の50.0歳から平成26年は42.7歳に下がりましたが、死者・行方不明者のうち40歳以上の占める割合は81.8%(11名中9名)と高い状態にあり、中高年ダイバーの安全へのより一層の意識向上の必要性が感じられます。また、事故者の経験年数を見ると、1年未満(10人/25%)が最も多いものの、5年以上10年未満が6人(15%)、10年以上が6人(15%)と、経験のあるダイバーも事故に遭っており、あらゆるレベルのダイバーが安全意識をきちんと持つ必要があることがわかります。

今年も間もなく本格的なダイビングシーズンがスタートします。常に安全意識を高く持ち、くれぐれも事故に遭うことのないよう、安全にダイビングを楽しんでください。

ダイビングの安全について考える「ダイバー自身の安全対策セミナー」
5月16日(土)に東京・渋谷で開催!

ph「ダイバーの安全はダイバー自身が守る」という大原則を改めて見直すと共に、現在起こっている問題点を検証し、今後の対策につなげていくことを目的としたセミナーが、5月16日(土)に東京・渋谷で開催。どなたでも無料で参加できます。先着100名ですので、お申し込みはお早めに!
⇒詳しくはこちら

↓ こちらもチェック! ↓
安全対策

情報掲載日:2015年5月2日

←前のニュース ニュース一覧 次のニュース→

back

clear

Facebookページ Twitter Google+ページ Youtube