「#ダイビングって楽しい」ハッシュタグキャンペーン実施中! 「PADIスペシャルティ・キャンペーン」開催中!
全国のPADIショップリスト
PADI NEWS
←前のニュース ニュース一覧 次のニュース→

一般社団法人《ふくおかFUN》による「うみやま交流」が開催されました!

福岡の海の素晴らしさ、豊かさを伝える一般社団法人《ふくおかFUN》による「うみやま交流」が去る7月21日に開催されました! PADIもライフジャケットの貸し出し等で協力し、小学5年生28名がスノーケリングで生物観察などを楽しみました。代表理事の大神さんからのレポートを紹介します。

ph

本日は待ちに待った「うみやま交流」でした! 天気を心配していましたが、見事海に入っている時間は絶好の天気(その後片付け中に土砂降りに…)。海に恵まれた福岡市立北崎小学校、山に恵まれた朝倉市立秋月小学校の両5年生、計28名が参加しました。

最初は自己紹介に始まり、サポートできていた九大生によるラジオ体操、器材の装着、トラブル対処の練習等を経て海の生物観察へ。台風の影響で少し濁ってはいましたが、事前調査で見つけていた魚の群生地帯を見て、生徒達は驚きと歓喜の声をあげていました。90分間と非常に短い時間でしたが、帰り際には北崎小、秋月小の両生徒達から「すごく楽しかった!」と言ってもらい、「うみやま交流」を引き受けて本当に良かったと実感しました。

そして今回一番驚いたことは、水中ゴミの問題を最後に少し話そうと思っていたのですが、こちらが話をすることなく、生徒達が自発的に水中ゴミを拾っていたことです。私から話をするまでもなく、水中生物を見ることで「ゴミがあったら魚達が生活できない」と感じてくれていたようです。本当に伝えたい大切なことが体験を通して伝わり、私自身この活動の可能性の大きさを再認識しました。

この「うみやま交流」は多くの方々のサポートによって開催することができました。初めての取り組みにも関わらず、誰1人怪我することなく楽しく終了できたのは皆さんのおかげです!! 本当にありがとうございました!! 今後もこのような活動を通して、参加者に押しつけることなく体験を通して自然の大切さを伝えていければと感じています。

一般社団法人ふくおかFUN 代表理事/大神 弘太朗

ph

情報掲載日:2015年8月11日

←前のニュース ニュース一覧 次のニュース→

back

clear

Facebookページ Twitter Google+ページ Youtube