全国のPADIショップリスト
Go pro タイトル

もし水中の素晴らしさを他の人にも伝えたいという気持ちを強く持っているなら、あなたはプロとしての素質十分です。プロになれば、新しいあなたが発見できるかもしれません。 しかし、ダイビングのプロフェッショナルは「ダイビングの経験が多い」、「ダイビングがうまい」というだけではなれないのです。ダイビングを指導するための正しい知識と技術が必要です。だからこそ、チャレンジのしがいもあるというもの。あなたもダイビングのプロを目指してみませんか?

ダイビングのプロとは?

ダイビングを大きく分けるとレクリエーションと職業ダイビングに分かれます。 その中でも職業ダイビングは、大きく作業潜水(海洋調査や港湾建設など)と教育指導(インストラクション、ガイド)に分けられます。 教育指導を行なうプロダイバーの活動は、水中に興味をもたれた多くの方々に様々なサポートをしています。
・ダイビングコースの開催(講習・指導)
・ダイビングツアーを企画し開催
・器材の購入アドバイスと販売
・ダイビングショップの運営
 (イベント集客、企画、ツール作成等、販促活動他)
・ダイビングリゾートの運営
 (水中ガイド、ボート操船、エアの充填他)

などがあります。

その中のダイブ・トレーニング・プログラムを提供しているのがダイビング教育機関のPADIなのです。 毎年日本国内だけでも約400名の方々がインストラクター試験に合格し、現在では10,000人を超えるPADIプロフェッショナルが日本国内はもちろん世界各地で活躍しています。また、PADIインストラクターは、財団法人日本体育協会のスクーバ・ダイビング指導員になるための専門科目が免除となります。

⇒PADIの使命

ph01

ph02

ph03

ph04

プロフェッショナルコースフローチャートプロフェッショナルコースフローチャート

Contents

●プロフェッショナルの活躍を見てみよう!

●プロコース開催ショップ&スケジュール

●PADIインストラクター試験(IE)要項

●インストラクター試験合格者

●求人情報

●PADIダイブセンター/リゾート登録のご案内

●メンバーシップのご案内

●メンバー復帰

●PADIプロメンバー・クロスオーバーコースのご案内

●国内⇔海外トランスファー

潜水士免許はお持ちですか?

テクニカル・ダイビングのプロを目指す方は・・・

back
Facebookページ Twitter Google+ページ Youtube ダイブマスター インストラクター開発コース インストラクター試験(IE) オープンウォーター・スクーバ・インストラクター マスター・スクーバ・ダイバー・トレーナー スペシャルティ・インストラクター IDCスタッフ・インストラクター マスター・インストラクター コース・ディレクター エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター