PADIでダイビングを始めよう! myPADIキャンペーン
全国のPADIショップリスト
海洋実習(オープン・ウォーター・ダイブ)
〜海の世界を楽しもう! 〜

ph01海洋実習(オープン・ウォーター・ダイブ)は、プール(限定水域)ダイブで身につけたスキルを、海という環境で実践する場。きちんとスキルができることを確認できれば、あとはインストラクターが水中ツアーで海の中を楽しませてくれることでしょう。

★ 海洋実習(オープン・ウォーター・ダイブ)では…
● プール(限定水域)ダイブや知識の開発で身につけたことを、実際に海で使ってダイビングを楽しむ
● スキルや安全ルールに慣れ、ダイバーとして必要な基礎を完成
● 生物の観察や水中散歩など、ダイビングの楽しみの第一歩を安全に体験

海洋実習(オープン・ウォーター・ダイブ)を十分に楽しむためにも、プール(限定水域)ダイブで自信がつくまでスキルを練習しておくことが大切です。不安を抱えたまま海に臨んでも、ダイビングを十分に楽しむことは難しいでしょう。限られた時間の中で無理やり終わらせるのではなく、納得がいくまで練習することがおすすめです。

〜 各ダイブの主なテーマ 〜

全てのダイビングの開始前に…
◆コンディションの判断 ◆ブリーフィング ◆器材の準備・装着と調整・点検 ◆エントリー ◆浮力(ウエイト) のチェック が含まれます。
オープン・ウォーター・ダイブ1 オープン・ウォーター・ダイブ2
コントロールされた潜降
水中ツアー…初めてでも安心の体験ダイビングからスタートします
「ちょっとやってみてから…」とお考えの方へ、体験ダイビング(ディスカバー・スクーバ・ダイビング)のみのご参加も可能です。
(ディスカバー・スクーバ・ダイビングを修了されている方は、ダイブ2からスタートできます)
オープン・ウォーター・ダイブ2の前に、10分間の立ち泳ぎ/フロートを実施しておく必要があります
足がつったときの直し方
疲れたダイバーの曳行
スノーケルとレギュレーターの交換
コントロールされた潜降
中性浮力:パワーインフレーター
下半分と全部に水を入れたマスクのクリア
レギュレーターのリカバリーとクリア
バックアップ空気源の使用(静止状態と浮上)
水中ツアー
水面でのウエイト取り外し
オープン・ウォーター・ダイブ3 オープン・ウォーター・ダイブ4
水面でコンパスナビゲーション(直線)
視標のある自由潜降
中性浮力:オーラルインフレーション
全部に水を入れたマスクのクリア
コントロールされた緊急スイミング・アセント
水中ツアー
水面でウエイト脱着
水面でスクーバ脱着
視標のない自由潜降
浮力コントロール…ホバリング
マスク脱着とクリア
水中でコンパスナビゲーション(往復)
水中ツアー
上記の終了後に… 
◆浮上 ◆エキジット ◆ディブリーフィングとログブック記入 
が含まれます

・※印のスキルは、インストラクターの判断で上記と異なるセクションで行なう場合があります。
・オプションで、スキンダイビングを行なうこともあります。

  ※PADIスクーバ・ダイバー・コースの内容はダイブ2までです。

★ 大丈夫! PADIのインストラクターがお手伝いします!

《各ダイビングの進め方は…》
1. 海へ行く前に、ビデオ(DVD)の中の「オープン・ウォーター・ダイブ」の部分をご覧ください。
2. 各ダイビング毎にブリーフィング(ダイビング前のご説明)を行ないます。
  …コンディションの判断・水中での見どころ・ダイビングのプラン・スキル手順やコミニケーション方法・注意事項など
3. 水中では常にお客様の安全と快適度に注意を払いながら、しっかりとサポートします。
4. ダイビングが終わったら、水中での体験を振り返りながらベスト・アドバイス!
5. ダイビングはもちろん、アフターダイブも明るく楽しく盛り上がること間違いなし!
6. 海へ行かれるまでに何か苦手なことや不安がおありでしたら、インストラクターが親身になってお手伝いします。

※ プール(限定水域)ダイブや知識の開発で準備を整えてからご参加いただきますので、リラックスして海をお楽しみください。
※ 安全のためにも段階を追って進めさせていただきますが、少しでも苦手なことや不安がおありでしたらご遠慮なくご相談ください。
※ プールと違って自然環境の中で行ないますので、コンディション不良の場合は止むを得ず予定を変更する場合があります。


プール・ダイブの主なテーマ 知識の開発の主なテーマ オープン・ウォーター・ダイブの主なテーマ
オープン・ウォーター・ダイバー・コース トップへ

back

Facebookページ Twitter Google+ページ Youtube