「#ダイビングって楽しい」ハッシュタグキャンペーン実施中! 「PADIスペシャルティ・キャンペーン」開催中!
全国のPADIショップリスト

ここでは、ダイビングに関する一般的なQ&Aを掲載しています。
さらに詳しくは、PADIのダイビング・ショップまでお問い合わせください。

■ 一般編 ■

 Cカードって何ですか?

 Cカードはなぜ必要なのですか?

 「PADIオープン・ウォーターダイバー」になると何ができるのですか?

 ダイビングって危険ではないのですか?

 サメが怖いのですが、大丈夫ですか?

■ 講習編 ■

 講習ではどんなことをするのですか?

 Cカード取得までに何日位かかりますか?

 講習は連続して受けないといけないのですか?

 実技講習はどんなところで行うのですか?

 ステップアップするコースにはどんなものがありますか?

 「PADI eラーニング」とは何ですか?

■ ショップ選び編 ■

 PADIショップのランクの違いは?

 スクールの受講費用がショップによって違うのはどうして?

 途中でショップを変えても講習は続けられますか?

 PADIゴールドカードを発行しているショップは何が違うのですか?

 選んではいけないショップとは?

■ からだ編 ■

 泳ぎがあまり得意ではありませんが、大丈夫ですか?

 目が悪いのですが、ダイビングできますか?

 生理中や妊娠中でもダイビングできますか?

 持病があるのですが、大丈夫ですか?

 ダイビングに年齢制限はないのですか?

■ ダイビング器材編 ■

 ダイビング器材は買わないといけませんか?

 まず最初に揃えたほうがいい器材は何ですか?

 メカオンチですが、大丈夫ですか?




■ 一般編 ■

 Cカードって何ですか?

Cカード Cカードの正式名称はCertification Card。
つまり認定証のことです。
このCカードは「所有者は特定の期間、ダイビングに必要な知識と技術を取得した」ことを証明するものです。
また、このカードには「PADIオープン・ウォーター・ダイバー」などのランクや「PADIスペシャルティ・ダイバー」など色々な種類があります。
詳しくはこちらをごらんください。

 Cカードはなぜ必要なのですか?

ダイビングを行なう際には、ルールを守り、安全に配慮して自分の責任において判断し行動することが前提になります。
海に行かれた際にこのCカードを忘れてしまうと、ダイビングのご希望をお受けできない場合もあります。
あなたのダイブキャリアにあったサービスやアドバイスのためにも必要なのです。

 「PADIオープン・ウォーターダイバー」になると何ができるのですか?

自分たちでダイビング計画を立てて、インストラクターの引率なしで、講習を受けたのと同じかそれよりもよいコンディションで、限界内でのダイビングをすることができ、器材の購入やタンクのレンタルのサービスを受けられます。
また、PADIアドヴァンスド・オープン・ウォーター・コースやPADIスペシャルティ・コースなどのステップ・アップ・コースに参加することができます。

 ダイビングって危険ではないのですか?

スキューバ・ダイビングもアウトドア・レジャーのひとつ。
自然を相手にするアクティビティです。
水中という環境では、息をするのにも機械の力を借りなくてはならないし、深く潜るほど身体に水圧もかかります。
本来、安全に楽しめるスキューバ・ダイビングですが、それなりの危険性がないとは言えないのです。だからこそ、PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コースで安全確保と危険回避のスキルをしっかり学びます。スキルをきちんと身につけることは、安全にダイビングを楽しむための基本なのです。

 サメが怖いのですが、大丈夫ですか?

約250種類もいるサメのうち、人間にとって危険なのは約4〜5種類で、これらのサメとは滅多に遭遇することはありません。
一般にダイビングで見るサメはリーフシャークと呼ばれる小型のおとなしい種類で、ファンも多いほどです。
サメに限らず危険な生き物についての情報は、その海を熟知したインストラクターによく聞いて安全なダイビングを心がけることが大切です。

 講習ではどんなことをするのですか?

PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コースは、「知識開発(学科の講習)」、「プールダイブ*1」、「海洋実習」という3つのセクションから成り立っています。
「学科講習」と「プールダイブ」は各々5セクションに細分化され、簡単なものからだんだんと難しくといった内容で身につけていきます。
「海洋実習」では、実際に海で4回のダイビングを行ないます。
さらにどんな内容をするのかは、上記のリンクをクリックして詳細をご覧ください。

*1 「プールダイブ」は、プールだけでなく海の浅い場所で行なう場合もあります。

■ 講習編 ■

 Cカード取得までに何日位かかりますか?

PADIの講習は、「時間ベース」ではなく「達成ベース」です。
つまり、PADIの各コースが求めている「安全のためにできるようになること」がしっかりできるようになればOKなのです。
ですから、人それぞれ準備度や理解力、体力、そのときの環境などにより習得のペースが同じとは限らないため、「誰でもどのぐらいの時間で終わる」とコースが始まる前から約束できるものではありません。特に極端に短い日程ではなおさらです。
PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コースの「安全のためにできるようになること」の数や内容から考えると、連続2日間またはそれより短い期間でPADIが求めている全ての知識とスキルを身に付けることは相当難しく、ほとんどの方にとって無理と言えます。
経験豊富なベテランのインストラクターでも、きちんとお教えするにはそれなりの時間が必要です。

さらに詳細なスケジュールは、講習を受けられるPADIショップにお尋ねください。

 講習は連続して受けないといけないのですか?

各セクション PADIのコースはいくつかのパートに分かれています。
例えば、PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コースなら「知識開発(学科講習)」と「プールダイブ」は各々5セクション、「海洋実習」は4回のダイビング、といった具合です。
このセクションを区切りとして、分割で受講することもできます。
昼間にお仕事をされている方なら、知識開発やプールダイブ部分を1セクションずつ、お仕事帰りの夜の時間に受けることも可能です。

このように、PADIショップではスケジュールのご相談も柔軟に対応させていただきます。
「忙しくてなかなかできない」と思われてる方も、一度PADIショップにご相談ください。

 講習はどんなところで行うのですか?

一般的な都市型ダイビングショップでは提携しているプール施設で実技講習を行っています。
あるいは海洋実習を予定している海の浅瀬(プールと同じような潮の流れの少ない穏やかな背の立つところ)で行うことも少なくありません。
海洋実習は4回のダイビングで修了しますが、それを2日間以上で行うようにプログラムされています。そこで1泊2日程度の日程で近くのダイビングポイントまで移動して行うのが一般的です。もちろん泊まらずに日帰りで数回に分けて行うこともあります。 関東では伊豆半島の海がポピュラー、中部や関西なら南紀や日本海の越前も海洋実習によく利用されています。

 ステップアップするコースにはどんなものがありますか?

PADIスクーバ・ダイバーならPADIオープン・ウォーター・ダイバー・コースへ、PADIオープン・ウォーター・ダイバーならPADIアドベンチャー・イン・ダイビング・プログラムへステップアップできます。
PADIのステップアップ・プログラムはダイバーとしての活動半径を広げるためのものです。
インストラクターを目指したい方向けのプログラムも用意されています。

PADIのステップアップ・プログラムの詳細はこちらをご覧ください。

 「PADI eラーニング」とは何ですか?

eラーニング 「PADI eラーニング」は、「いつでも」「 どこでも」「 自分のペースで」PADI オープン・ウォーター・ダイバー・コースの知識開発(学科講習)部分をインターネットで完結できる画期的なシステムです。
この「PADI eラーニング」で知識開発(学科講習)部分をご自分のお好きな時間に好きなペースで終わらせることができます。
あとはプールダイブと海洋実習をショップで受けるだけ!

「PADI eラーニング」の詳細はこちらをご覧ください。

■ ショップ選び編 ■

 PADIショップのランクの違いは?

PADIでは、ショップの立地(都市型やリゾートなど)、ショップとしての経歴や設備内容、実施できるPADIの講習の種類などによってランクを分けています。
ランクの詳細はこちらをご覧ください。

また、このランクにかかわらず、すべてのPADIショップでは、安全で楽しいダイビングを・ライフをしっかり全力でサポートすることをお約束します。
PADIショップの詳細はこちらをご覧ください。

start diving
※ このマークを掲げているPADIショップは高いクオリティを維持し、正式にPADIから認可を受けている正規登録店です。

 スクールの受講費用がショップによって違うのはどうして?

受講費用の「内訳」が違うからです。
例えば、海での講習に伴う交通費が含まれているかいないかだけでも費用は大きく変わります。
また、海洋実習も日帰りであれば宿泊費はかからないので安くなりますが、日帰りを最低2回しなければなりません。宿泊費がないぶん安く思えますが、交通費は日帰りしたぶんだけかかります。
宿泊の場合は、当然ながら宿泊費はかかりますが、ダイビングした日も帰らなくていいので体調もしっかり整えられます。時間に余裕があることから、その地域のおいしい食事や観光などもゆっくり堪能していただくことができ、ダイビングだけでなく旅行としてお楽しみいただくこともできるでしょう。
このような条件は個々に価値観の違うところですので、価格はひとつの目安にとどめ、ショップの良し悪しを判断する材料にはしないでください。
あなたに合った講習の内容かどうか、費用と内訳、含まれるものと含まれていないものをよく確認しましょう。

PADIでは、地域とお値段からショップを検索することもできます。
詳しくはこちらをご覧ください。

 途中でショップを変えても講習は続けられますか?

「PADIスクーバ・ダイバー」や「PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コース」のカリキュラムは、知識を学ぶ部分と、プールや海で技術を学ぶ部分のそれぞれがパートに分かれており、それぞれを異なる場所で、異なるインストラクターのもと、継続して受けることができます(修了したセクションは、担当したインストラクターによる修了証明が必要です)。
この方法を利用すれば、例えば知識開発(学科講習)とプールダイブは地元のショップで受け、海洋実習を現地のショップで受けることも可能です。
これにより、自分の都合に合わせてフレキシブルに講習を受けることもできます。

 PADIゴールドカードを発行しているショップは何が違うのですか?

PADIゴールドカードを発行できるのは「PADI 5スター・ダイブセンター/ダイブリゾート」もしくは「PADI 5スターIDセンター/リゾート」と「PADI 5スター・キャリア・ディベロップメント・センター(CDC)」だけです。
これらのPADIショップは、教育、地域活動への参加、環境保護活動の3分野において優れており、高い安全性と高水準のサービスを提供できるPADIショップなのです。
Cカードは通常のブルーでも、ゴールドでも、その効力に違いはありません。

5スターDC 5IDC CDC 5DR 5IDR

 選んではいけないショップとは?

まずは料金関係で不安があるようなショップは避けましょう。料金の内訳明細をはっきりさせずに入金を急がせたり、事前にご案内していない追加料金を講習後に請求してきそうなところはダメです。
料金に含まれているものと含まれていないもの、追加費用が発生する場合やキャンセル規定など、それらについてきちんと説明がないようなショップは避けてください。
フリーターや学生など返済能力がない方にも高額なローンを組ませようとする場合も注意です。

また、講習がいい加減なところも避けてください。
「PADIは達成ベース」という言葉もあちらこちらで耳にすると思いますが、お客様がきちんと理解し、ダイバーとしての知識やスキルができるまで面倒みるのがPADIショップであり、PADIインストラクターなのです。
きちんとスキルができていないのに“時間がきたから終了"といった理由で講習を終わらせたり、理解していない/スキルがきちんと身についてなくてもCカードを発行するようなショップやインストラクターは絶対に避けてください。
このQ&Aの「Cカード取得までに何日位かかりますか?」の項目も参考にしてください。

PADIの看板を掲げたショップでは上記のような問題は一切なく、料金提示も明確でPADIコースもお客様が身につくまでしっかりと指導しています。
PADIショップの詳細はこちらもご参照ください。

■ からだ編 ■

 泳ぎがあまり得意ではありませんが、大丈夫ですか?

水泳が得意である必要はありません。ただ泳げればOKです。
コースを開始する前にPADIインストラクターが水に慣れているかどうかの確認をいたしますので、泳ぎの苦手な方はご相談ください。
ダイビングを始めたら水泳がうまくなったという方もいらっしゃいます。

 目が悪いのですが、ダイビングできますか?

マスクをすると水中ではものが1.25倍ほど大きく見えるので、視力が0.5ぐらいまでなら問題はないと思われます。
それよりも視力が悪い方、また心配な方は、水中マスクに度付きレンズを入れてご使用するのがベターでしょう。

 生理中や妊娠中でもダイビングできますか?

生理中のダイビングは問題ないといわれていますが、他のスポーツと同様、生理痛がひどいときは避けたほうがよいでしょう。
妊娠中のダイビングはNGです。
ダイビングと母体や胎児への影響の因果関係は研究中の段階ですが、ダイビングが原因の流産などが世界でも数件とはいえ報告されています。

 持病があるのですが、大丈夫ですか?

PADIでは、コース参加前に病歴を伺い、それによって医師の判断を仰ぐ場合があります。
ご心配な場合は、まずPADIショップへご相談ください。
一般に、狭心症や心筋梗塞などの循環器系疾患をお持ちの方は避けたほうがよいでしょう。
頻繁にぜんそくの発作がある方、貧血や高血圧の方も、PADIショップやかかりつけの医師にご相談ください。

 ダイビングに年齢制限はないのですか?

年齢の上限はありません。70歳を過ぎてもダイビングを楽しんでいる方はたくさんいらっしゃいます。
ただし、45歳以上の方は講習を始める前に診断書をご用意いただく場合もあります。
年齢の下限は、成長期における水圧の影響を考慮した10歳です。
尚、未成年者は親権者の同意が必要です。

■ ダイビング器材編 ■

 ダイビング器材は買わないといけませんか?

器材選び ショップによっては器材の購入を前提にコース料金の割引を提示するところもあります。ダイビングを続けていくか迷っているなら、レンタルを利用するのも賢明ですが、ダイビングはその性質上、器材に多くを依存するレジャーです。そのため、自分にぴったり合った器材を使うことは、ダイビングのスキルを磨くうえでストレスなく集中できるという大きなメリットもあるのです。信頼できるショップとよく相談し、納得してから器材を買うことが大切です。

 まず最初に揃えたほうがいい器材は何ですか?

7点セットと呼ばれているマスク、フィン、スノーケル、さらにスーツ、ブーツ、グローブ、メッシュバッグは揃えたほうがよいでしょう。
素材や機能によって価格に幅がありますが、自分のカラダとレベルに合ったものを選んでください。
特にスーツは、自分のカラダにジャストフィットするものをレンタルで探すのは難しいものがあります。保温や保護の役目をするスーツは、その機能性を高めるためにも、ぜひ自分のスーツを持つことをお薦めします。
BCDやレギュレータ等の重器材、これらも使い慣れてもらうためにも早めに自分のものを揃えたほうがベターです。コース受講のときから自分の器材を揃えて使用することが、結局はダイビング上達の近道ですし、講習がいっそう楽しくなること、間違いナシです。

ダイビングで使う器材の詳細はこちらもご参照ください。

 メカオンチですが、大丈夫ですか?

大丈夫です。
ダイビング器材はパソコンやAV機器のように複雑な構造をした機械ではありませんし、熟練しないと扱えないような難しい操作も必要としません。インストラクターの丁寧な指導のもと、自分で器材を扱うことで、操作や取扱にも次第に慣れてくるでしょう。



Facebookページ Twitter Google+ページ Youtube