「#ダイビングって楽しい」ハッシュタグキャンペーン実施中! 「PADIスペシャルティ・キャンペーン」開催中!
全国のPADIショップリスト

ダイビングって安全なの?

スキルを身につけて、楽しく安全にダイビング
「ダイビングは危なくない?」 「サメは怖くない?」
「耳が痛くならないの?」 「器材の操作は難しくないの?」
などなど、ダイビングを始める前にはいろんな不安があるでしょう。

スキューバ・ダイビングもアウトドア・レジャーのひとつ。自然を相手にするアクティビティです。
水中という環境では、息をするのにも機械の力を借りなくてはならないし、深く潜るほど身体に水圧もかかります。
本来、安全に楽しめるスキューバ・ダイビングですが、それなりの危険性がないとは言えないのです。 だからこそ、PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コースで安全確保と危険回避のスキルをしっかり学びます。スキルをきちんと身につけることは、安全にダイビングを楽しむための基本なのです。

合理性に納得
安全を確保するPADIのスキル

PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コースで学ぶスキルのひとつひとつには、はっきりとした意味や目的があります。 スキルは、物理法則や物事の道理にかなった動作や行動なので、とても合理的です。
さらに、いざという時に必要になるだけでなく、複数のスキルを組み合わせて使うこともあります。 実際のダイビングでは自分の置かれている環境を把握して、最適なスキルを組み合わせて使います。たくさんのスキルを身につけて、必要な場面でそのスキルを行うことで、簡単に危険も回避できるのです。 安心してスキューバ・ダイビングを楽しむために身につけるスキル。 その意味や目的を理解すれば、より確実に身につきます。

だから安心
PADIはスキルをきっちり教えます

PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コースでは、ひとつひとつのスキルの意味を確認しながら、できるようになるまで繰り返し練習します。
サッカーを例にしましょう。サッカーのパスやシュートだけをいくら練習しても、実際の試合でそのタイミングのときに上手くパスやシュートを繰り出せなければ、本当に使えるスキルではありません。
それはダイビングでも同じです。身につけたひとつひとつのスキルをリアルな場面に活かしてこそ、ダイビングはより安全でより楽しいものになっていくのです。

PADIがお約束する「きっちり教えるスキル」一覧はこちら
>> プールダイブで身につける38のスキル

Facebookページ Twitter Google+ページ Youtube