全国のPADIショップリスト


title

PADIダイバー教育プログラムの質を維持する

PADIクオリティ・マネージメント(QM)は、PADIダイバー教育プログラムの質を常に高く維持することを目的としています。これは、PADI独自のクオリティ・マネージメント・プロセスを通して達成されています。 目的を達成させるための手段は、懲罰的なものではなく、メンバーの誤りを正してもらうことであり、PADIシステムを正しく理解し、活動していただくために支援することを目標としています。

この目標を実現するために、PADIクオリティ・マネージメントは、ダイビングの安全性、質の高いダイバー・トレーニングの維持、お客様に最高の満足を提供すべく、PADIメンバーの講習活動を見守っているのです。

その手段のひとつとして、PADI認定コースを修了したお客様に各コースの評価アンケート(※1)を送付し、トレーニング内容や講習の質に関する質問への回答をお願いしています。 お客様から受け取った回答や苦情の申し立てがあった場合には、その事実を確認するためPADIクオリティ・マネージメント手順にしたがって調査が進められます。

2016年 クオリティ・マネージメント・レポート
2015年 クオリティ・マネージメント・レポート
2014年 クオリティ・マネージメント・レポート

クオリティ・マネージメントからの
お客様への重要なお知らせ

もちろん、PADIメンバーが実施した素晴らしい内容のコース、プロフェッショナリズムやサービスについて、お客様からの感謝の手紙もたくさんPADIに届きます。
これら多くのPADIメンバーへの賛辞の声を広く知っていただくためにグッドジョブ・メンバーズも設けられています。

PADIの最終的な目的は、PADIのトレーニングを通じて"安全で楽しい"ダイビングをすることなのです。

※1)コース評価アンケートは、ご認定を受けられたお客様へPADIジャパンよりランダムに送らせていただいております。ご返送にどうぞご協力をお願いします。また、すべてのお客様はPADI ジャパンホームページのコース評価アンケートから回答することもできます。

 
Facebookページ Twitter Google+ページ Youtube