「#ダイビングって楽しい」ハッシュタグキャンペーン実施中! 「PADIスペシャルティ・キャンペーン」開催中!
全国のPADIショップリスト


ショップ選びのポイント10

ポイント3

ph講習料金も気になるところですが、最終的に重視したいのは「どんな講習を受けることができるのか」ということ。いくら講習料金が安くても、いい加減な内容だったり、詰め込み式のハードなスケジュールでは、ダイビングを楽しむことは難しいでしょう。

特に注目したいのが“プール講習”です。プールでいかにきちんとテクニックを身につけておくかが、海洋実習やさらにはCカード取得後のダイビングに大きく影響してきます(⇒ダイビングに必要な38スキル)。まずはショップで、プール講習で練習するスキルについて「どんなテクニックで、なぜそれを覚えなければならないのか」を尋ねてみてください。 あなたが学ぶ一つ一つのテクニックには、それぞれ重要な意味があります。プール講習をきちんと行なっているインストラクターであれば、「そのテクニックがどんなときに役立つのか」をきちんと説明をしてくれるはずです。 またそれを理解したうえで練習することは、あなた自身にとってとても大切なことですから、きちんと説明してくれるショップを選びましょう。

もう一つの目安は「時間」です。一つ一つのテクニックを練習しマスターするまでには、ある程度の時間がかかりますが、個人差やコースの人数比によって変わってきますので、所要時間は決まっていません。もしそのショップが 「プールは○時間以内に終わります」とか「○時間あれば十分です」 などと時間を約束するようなことがあれば注意が必要。PADIプログラムの最終目標はテクニックをマスターすることですが、そのショップでは「時間内に終わらせること」を最優先に考えている可能性があるからです。 「完全にマスターするまで何時間でもお付き合いしますよ」と言ってくれるショップの方が安心です。

ポイント1 ポイント6

ポイント2

ポイント7
ショップ選びのポイント10 ポイント8
ポイント4 ポイント9
ポイント5 ポイント10

日本全国ダイビングショップ情報をCHECK!

日本全国500店以上のPADIダイブセンター/リゾートが網羅されていて、ショップ情報としては日本最大規模。そのすべてがPADIと正式な契約を結んだショップですので安心です。各ショップのホームページにリンクされているだけでなく、詳細情報のあるショップでは、講習料金の総額表示やキャンペーン情報など、さまざまな情報を手に入れることができます。気になるショップが見つかったら、電話してスタッフと話してみたり、実際にお店に足を運んでみましょう。 ⇒日本全国ダイビングショップ情報

 
Facebookページ Twitter Google+ページ Youtube