この度はPADIの「エマージェンシー・ファースト・レスポンス・コース」にご参加いただきまして誠にありがとうございました。
ご参加いただきました「エマージェンシー・ファースト・レスポンス・コース」について評価ください。
ご協力いただきましたアンケートは、PADIとPADIのインストラクターがより良いプログラムとサービスを提供できる資料として役立たせていただきます。
また、アンケートの回答についてPADIジャパンよりお問い合わせさせていただくことがございます。これは皆様に提供するコースの質の向上を目指すものであることをご理解いただけると幸いです。
認定カードに記載された情報や、スキルについての質問がございますので、お手元に認定カード、トレーニングレコード、ダイバーマニュアルをご用意いただきご入力ください。


認定カードNo.

認定カードに記載されているNo.(PJEから始まる8桁か9桁の数字)を入力してください。
PJE 半角数字で入力してください。

メールアドレス

メールアドレスを入力してください。
半角で入力してください。
※ご入力いただいたメールアドレスは、コースの内容をお聞きする場合にのみ使用します。
それ以外の目的には一切使用いたしません。

Q1.どのタイプのエマージェンシー・ファースト・レスポンス・コースをお受けになりましたか?
一次ケア:CPR 二次ケア:ファーストエイド 一次ケアと二次ケア

パート1:全ての参加者がご回答ください

Q2.コース修了カードを受け取りましたか?
はい いいえ

Q3.コース修了カードに記載されているインストラクターは、貴方のコースを担当したインストラクターと同じですか?
はい いいえ

Q4.学習用にエマージェンシー・ファースト・レスポンス・コースのビデオをご覧になりましたか?
はい いいえ

Q5.学習用にエマージェンシー・ファースト・レスポンス・参加者用マニュアルを使用しましたか?
はい いいえ

Q6.練習時にグローブ又はバリアを感染予防の手段として使用しましたか?
はい いいえ

Q7.最終クイズ(テスト)を受け終了しましたか?
はい いいえ

パート2:一次ケア(CPR)の参加者はご回答ください

Q8.練習ではCPR練習用の人形(マネキン)が準備されていましたか?
はい いいえ

Q9.貴方はCPRの練習で練習用の人形(マネキン)を使って練習しましたか?
はい いいえ

Q10.貴方は実際の人を相手に、初期の評価の練習をしましたか?
はい いいえ

Q11.貴方は実際の人を相手に、気道閉塞の対応の練習をしましたか?
はい いいえ

Q12.貴方は実際の人を相手に、激しい出血の管理の練習をしましたか?
はい いいえ

Q13.貴方は実際の人を相手に、ショックの管理の練習をしましたか?
はい いいえ

Q14.貴方は実際の人を相手に、脊髄の損傷の管理の練習をしましたか?
はい いいえ

Q15.貴方はシナリオ練習をしましたか?(シナリオ練習とは実際の事故や怪我を想定して役割を分担した練習の事です)
はい いいえ

パート3:二次(ファーストエイド)ケア参加者はご回答ください

Q16.貴方は実際の人を相手に、ケガの評価の練習をしましたか?
はい いいえ

Q17.貴方は実際の人を相手に、病気の評価の練習をしましたか?
はい いいえ

Q18.貴方は実際の人を相手に、包帯の使い方の練習をしましたか?
はい いいえ

Q19.貴方は実際の人を相手に、副木の使い方の練習をしましたか?
はい いいえ

Q20.貴方はシナリオ練習をしましたか?(シナリオ練習とは実際の病気やケガを想定して役割を分担した練習の事です)
はい いいえ

以下は任意でご入力ください。

Q21.性別を選んでください。


Q22.居住地を選択してください。

その他、ご意見やご感想などございましたらご記入ください。
※250文字以内でお願いします。
※いただいたコメントはコースの品質向上に役立てさせていただきます。またお褒めいただいたコメントに関しては、選択してインストラクターにお伝えしたり、PADIホームページに掲載させていただくことをご了承ください。