PADIの歴史

PADIの歴史

はじめに

世界180以上の国と地域で135,000人以上のインストラクターを含むプロフェッショナル・メンバーと約6,000以上のダイブセンターとダイブリゾートらなるワールドワイドな組織であるPADIは、名実ともに世界最大のスクーバ・ダイビング教育機関です。

PADIは本部をアメリカ・カリフォルニアに置き、日本をはじめ世界に7ヶ所のエリアオフィスを配し、メンバーへのCカード(Certification Card=認定証)発行、教材・商品の開発や店舗運営のビジネスサポートを行っています。また、行政・業界への取り組み、ダイビングのフィールド整備から水中環境保護プロジェクトAWARE(アウェア)の推進まで世界中の多くのPADIメンバーと共に幅広く活動しています。

1966年設立以来、2,000万枚以上のCカードを発行しており、全世界で年間約100万人のダイバーが、PADIの教育カリキュラムによる認定を受けています。つまりおよそ30秒ごとに世界中のどこかで誰かがPADIの認定を受けているのです。その割合は世界中のダイバーの約60%以上にも及んでいます。

日本のPADIダイバーもすでに120万人以上。日本人のCカードの総発行枚数は217万枚を超え、世界と同様に日本でも認定マーケットの約60%以上のシェアを誇っています。国内では約500店舗のPADIダイブセンターとダイブリゾートがあり、およそ6,500名のインストラクターを含む約1万2千人のプロフェッショナルメンバーが、ダイバーの育成にあたっています。

沿革

1966年、PADIはジョン・クローニンとラルフ・エリクソンによってスクーバ・ダイビングの教育機関として生まれました。それまでの軍隊式で任務遂行型、肉体的な能力のみが要求されるハードなものだったダイビング・トレーニングを根本から改革。手軽に安心して楽しめる継続性重視のトレーニング方法を目指し、段階を追いながらレベルアップして行けるトレーニングプログラムを創り上げたのです。

PADIのモジュラー・スクーバ・コースのシステムは、インストラクターの講習方法までをトータルに設計。ダイバーそれぞれの能力レベルにあったカリキュラムを提供しながら、高いレベルの安全性と知識・スキルの習得を可能にしました。この成功でリクリエーション・ダイビングの教育方法が飛躍的に進歩し、さらには安全性を大きく向上させたのです。

またPADIは常に効果的で効率よくマスターできる教育システムの開発を継続しています。インターネットを介したPADI eラーニングのスタートやダイビングの魅力をさらにわかり易く伝えて行く為に、ダイブトゥディ(今日からスタート)を合い言葉に、ウォータースキルからスタートするアプローチを核に多くのダイバーの為にダイビングの楽しさや魅力、安全性の追求をし続けています。

ワールドワイドなダイビングのネットワークを持つPADIは、ダイバーの「楽しむ」、「学ぶ」、「磨く」といったキーワードに対し、様々なエリアでPADIプロフェッショナルからのサポートが受けられます。

ダイビングの講習でも、ファン・ダイビングでも、国内でも海外でもPADIショップがダイバーのニーズにお応えできるように準備しています。

PADIのあゆみ

1966ジョン・クローニンとラルフ・エリクソンによってシカゴに誕生。
1967日本人初のPADIインストラクターが認定。
1968本人の写真が入ったCカード(認定証)発行。
1970日本にPADI潜水指導協会が設立。
1979年間10万人以上の認定を達成。
全世界500店に。
1982PADIインターナショナル・ジャパンを設立。
1987PADIのコースがACE(アメリカ教育審議会)で大学の単位として認められる。
199125周年。
メンバー数 35,000人、ダイブセンター 1,500店達成。
199630周年。
メンバー数 80,000人、ダイブセンター 3,000店達成。
2000TecRecプログラムがスタート。
2002EFRプログラムがスタート
2004オンラインでの「eラーニング」がスタート
2011全世界のPADIダイバー認定が2,000万人を突破。
2014PADIアジア・パシフィック・ジャパンを設立
2015新デジタル教材「PADI Touch」がスタート。
2016PADI誕生50周年。全世界のPADIダイバー認定が2,500万人を突破。
 

ページトップ