Cカードとは? - PADI

Cカードとは?

Cカードの正式名称はCertification Card。つまり認定証のことです。

このCカードはレクリエーション・スクーバダイビングに関して定められた知識と技術(指導基準)を、ある特定の時期に、ある特定の場所で、習得したことを証明するものです。
また、このCカードには「オープン・ウォーター・ダイバー」などのダイバーのランクや「スペシャルティ・ダイバー」など色々なダイビングを楽しむテクニックを学ぶ種類のものがあります。

Cカードは、取得した時点から将来に渡って知識や技術を保証しているものではありません。しばらくダイビングをしていないと、技術(スキル)は低下し、知識も忘れてしまうものが出てきます。そのため、前回のダイビングから期間が空いてしまった場合には、以前に習ったスキルや知識を思い出すための「リフレッシュコース」受講が強く推奨されています。

また、Cカードを取ったからといって、どんな地域の、どんな環境でも、自由にダイビングが出来る能力が身に付いたというわけではありません。通常入門レベル(エントリーレベル)の講習では、以下の範囲内で安全にダイビングするために必要な知識と技術を学びます。

  • 昼間の、比較的穏やかな水域で、バディ(一緒に潜るパートナー)と共にダイビングする。
  • 水深は18mまでの範囲で、なおかつ減圧停止をする必要のない範囲。
  • 頭上に障害物が無く直接水面まで出られる環境。

以上の条件の範囲を超える環境では、次のステップのトレーニングが必要となります。

また、講習を受けた地域の環境と大きく異なる環境の地域でダイビングするためには、地域のプロからアドバイスを受ける事が必要です(例を挙げれば、暖かい南のサンゴ礁の海でCカードを取得された方が、初めて冬の北海道の海でダイビングしようとする場合など)。

さらに詳しい情報はこちらをご覧ください(外部サイトリンク)
>> Cカード協議会ホームページ 

ページトップ