水中世界の感動を写真を残そう!

デジカメ上達クリニック

-第61回- コンパクトデジタルカメラTG-5&PT-058/HOW TO FUN③


ハウスリーフのスノーケリング撮影。日本では見慣れない魚の群れを発見! 脅かさないように近づき撮影。
小さなコンパクトカメラとは思えないほど綺麗に写る。

カメラ:OLYMPUS TOUGH TG-5
防水ケース:PT-058
撮影地:モルディブ

撮影モード:水中スナップモード
フラッシュ:OFF
ホワイトバランス:水中WB
絞り値:F2.8
シャッター速度 1/125
露出補正:0.0EV
感度:ISO100

2018年1月から、初心者からプロダイバーまで幅広く、しかも世界中のダイバーに人気絶頂の防水デジカメ「TG-5&PT-058」を使った楽しみ方を紹介している。前回は、水中撮影の準備としてカメラのセットアップと、用意すると便利なアクセサリーの紹介だったが、今回はいよいよ水中撮影だ。

水中での撮影では、このカメラの大きな特徴である「水中に特化したカメラ」の機能、水中モードを使う。

TG-5は4つの水中モードを備えているが、それぞれのモードに守備範囲があり、撮りたいシーンに合わせて選択すると、難しい操作がなくなり、撮影に集中できる。今回はその4つの水中モードの中から「水中スナップモード」を紹介する。

水中スナップモード

このモードは、自然光を生かした水中撮影に向いているモードだ。名前の通り、水中で人物のスナップ撮影に最適なのだが、その他にも自然景観や半水面写真、自然光マクロ撮影、イルカ撮影などが挙げられる。スノーケリングで撮影する場合は、このモードがベストチョイスになる。

撮影の準備

カメラを防水プロテクターに入れて電源ON。ダイヤルを水中モードに合わせたら、十字キー左ボタンを押す。水中の4モードが全て呼び出せる画面に入るので、そこから水中スナップモードを選択する。水中モード間の移動はこの手法が便利だ。
画質は、色味が気になって後からいろいろと色味をいじりたい方は「RAW+LSF」を選んでおこう。撮影後に純正ソフトでホワイトバランスを入れ替えたり、赤みを少し抑えたりする修正を、RAW現像を使って後処理ができるので便利だ。修正が必要のない方は「LSF」。
画質を落としすぎるとフォトコンテストへの出品や大判サイズのプリントに対応ができなくなる。
その他の設定は、カメラの初期設定のままでOK。

アクセサリー

スノーケリング撮影や浅い水深での仕様ならば、TG-5に直接装着が可能なコンバージョンレンズFCON-T01+CLA-T01が効果的だ。
小型軽量なワイドコンバージョンレンズで、画角が広くなり、ワイド感あふれる作風になる。
防水プロテクターに入れた状態でより広角撮影を狙うならば、TGシリーズ専用の小型ワイドコンバージョンレンズ「UWL-400」が使いやすい。
軽量小型で画角が広く、コストパフォーマンスにも優れている。

TG-5&PT-058

グリップ:MPBK-03、レンズホルダー:MPLH52

 
TG-5&FCON-T01

コンバーターアダプター:CLA-T01

フィッシュアイレンズ:FCON-T01  
TG-5PT&UWL-400

ワイドコンバージョンレンズ:UWL-400
 
水中撮影

自然光に左右される撮影になるので、明るい時間帯で撮影したい。 できる限り、順光になるように被写体と太陽の位置を確認する。 順光で撮影した場合と、逆光で撮影した場合に、透明感に差が出る。水面から太陽光が入ってくるので、あおらずに俯瞰気味で撮影する。仕上がりの明るさを露出補正でコントロールする。

浮遊物の多い環境やフラッシュ光が届かない状況では、マリンスノーを避けるためにも、水中スナップモードを活用したい。 水中ワイド&フラッシュ OFFと比較した場合、露出がやや明るく設定されているのが特徴。

水中での動画撮影もこのモードで撮影する。

順光と逆光での透明感の違い
明るさに差があるが、順光時は逆光時に比べて透明感がある。

同じ場所で順光時の撮影

同じ場所で逆光時の撮影

大型のサメの撮影でメキシコに。3mクラスのブルシャークを自然光で狙う。水深25mでの 撮影となったが、補助光なしで美しくて可愛いサメに仕上がった。

カメラ:OLYMPUS TOUGH TG-5
防水ケース:PT-058
撮影地:メキシコ

撮影モード:水中スナップモード
フラッシュ:OFF
ホワイトバランス:水中WB
絞り値:F2.8
シャッター速度 1/400
露出補正:0.0EV
感度:ISO100

浅い水深であれば、フラッシュを使わない水中スナップでのマクロ撮影も楽しい。ズームを望遠側最大にセットする。

カメラ:OLYMPUS TOUGH TG-5
防水ケース:PT-058
撮影地:慶良間

撮影モード:水中スナップモード
フラッシュ:OFF
ホワイトバランス:水中WB
絞り値:F4.9
シャッター速度 1/125
露出補正:+1.3EV
感度:ISO200

目が開けられないほど明るいビーチで反水面を狙う。レンズポートの径が小さいので半水面は至難のワザになるが、水面のキラキラ感が出た!

カメラ:OLYMPUS TOUGH TG-5
防水ケース:PT-058
撮影地:モルディブ

撮影モード:水中スナップモード
フラッシュ:OFF
ホワイトバランス:水中WB
絞り値:F8.0
シャッター速度 1/500
露出補正:0.0EV
感度:ISO100

ハウスリーフダイビングで。チェックダイブのエキジット直前、可愛らしいサメが目の前を通る。
急な訪問でもクイックに起動&撮影ができた。

カメラ:OLYMPUS TOUGH TG-5
防水ケース:PT-058
撮影地:モルディブ

撮影モード:水中スナップモード
フラッシュ:OFF
ホワイトバランス:水中WB
絞り値:F2.8
シャッター速度 1/640
露出補正:0.0EV
感度:ISO100

そろそろエキジットというタイミングでツバメウオに囲まれた。大型カメラは収納済みだったのでBCにつけているTG5&PT-058でパシャり!これぞ水中スナップ。

カメラ:OLYMPUS TOUGH TG-5
防水ケース:PT-058
撮影地:モルディブ

撮影モード:水中スナップモード
フラッシュ:OFF
ホワイトバランス:水中WB
絞り値:F2.2
シャッター速度 1/100
露出補正:0.0EV
感度:ISO100

鍾乳石が見事なセノーテ。以前のTGより高感度撮影の性能が良くなった。暗い環境でも思い出を残せる。

カメラ:OLYMPUS TOUGH TG-5
防水ケース:PT-058
撮影地:メキシコ

撮影モード:水中スナップモード
フラッシュ:OFF
ホワイトバランス:水中WB
絞り値:F2.0
シャッター速度 1/10
露出補正:-0.3EV
感度:ISO1250

セノーテではできる限り画角を広げて撮影したい。FCON-T01を装着。(35mm換算で18mmになる)
暗闇と光を狙う撮影では、ホワイトバランスをカスタムホワイトバランス4200K程度に固定しておくと、ブルーの発色に締まりが出てくる。

カメラ:OLYMPUS TOUGH TG-5
レンズ:FCON-T01
撮影地:メキシコ

撮影モード:水中スナップモード
フラッシュ:OFF
カスタムWB(4200K)
絞り値:F2.0
シャッター速度 1/30
露出補正:0.0EV
感度:ISO800

清水 淳 Profile

しみずじゅん。1964年埼玉県生まれ。
水中写真や海辺の風景を撮り続けている。デジタルカメラの研究開発に携わり、執筆や撮影を行ないながら、沖縄・那覇にて水中写真教室マリーンプロダクトを主宰。著書に「誰にでも撮れる水中写真」「デジタルカメラで簡単水中写真」がある。PADIJAPAN水中写真連載コラム、オリンパス水中デジカメインプレッション、オリンパスデジタルカレッジ講師、をはじめ写真講座やセミナーなどの講演で活躍中!
公益社団法人日本写真家協会会員
近年の写真展は、
2016/08田園調布Deco`sDogCafe「SUMMER」
2017/08田園調布Deco`sDogCafe「SUMMER」
2017/11オリンパスギャラリー東京「UNDERWATER PHOTOGRAPHER」
2017/12オリンパスギャラリー大阪「UNDERWATER PHOTOGRAPHER」

PADIトラベルネットワーク

ページトップ