水中世界の感動を写真を残そう!

デジカメ上達クリニック

-第67回- コンパクトデジタルカメラTG-6&PT-059/HOW TO FUN②


TG-6の水中ホワイトバランスと水中撮影用LEDライトの組み合わせで透明感のある仕上がりになった。デジタルテレコンなら臆病な被写体も迫力の大きさに仕上がる。

カメラ:OLYMPUS TOUGH TG-6
防水ケース:PT-059
LEDライト:RGBlue SYSTEM 03PC
ブラケット:MPBK-02
アーム:MPアームS
レンズホルダー:MPLH52
ワイドコンバージョンレンズ:UWL-400
撮影地:インドネシア

撮影モード:清水 淳オリジナルハゼモード
フラッシュ:OFF
ホワイトバランス:水中WB標準
絞り値:F6.3
シャッター速度 1/200
露出補正:0.0EV
感度:ISO800

2018年1月から、初心者からプロダイバーまで幅広く、しかも世界中のダイバーに人気絶頂の防水デジカメ「TG-5&PT-058」を使った楽しみ方を紹介してきたが、2019夏に新型のTG-6&&PT-059がデビューした。外観はTG-5&PT-058からさほど変化はないように見えるが、水中撮影がさらに楽しくなりそうな新機能を沢山に搭載しているようなので、今回からこのTG-6&PT-059を使った水中写真の楽しみについて解説する。
前回は、TG-6がどんなカメラなのか?水中撮影においてTG-5と比べて何処が変わったのか解説したが、今回はそのTG-6を使った楽しみ方の一つを紹介する。

臆病な小さな被写体の撮り方

TG-5には搭載されていなかったデジタルテレコンがTG-6に搭載された。デジタル的に2倍の大きさに拡大して撮影してくれるので、大きく写したい時に便利。画像処理エンジンの性能が高いTG-6なのでデジタル的に拡大しても然程画質は落ちない。この方法を使えば、臆病な被写体を脅かさずに大きく撮ることが可能になる。臆病なハゼやガーデンイールなどの撮影にぴったりだ。
TG-6には高性能な水中モードが搭載されているが、このデジタルテレコンは残念ながら水中モードからは呼び出せない。そこで、オリジナルのモードを作りカメラに覚え込ませる手法を使う。

清水 淳オリジナル・ハゼモード

TG-6にはカスタム設定という機能があるので、デジタルテレコンを使える状態のまま水中撮影向きにカメラをチューニングする。聴いただけでは難しそうに聞こえるが順を追ってわかりやすく解説していくので、ご自身のカメラを一緒にチューニングしていこう。そして、このカスタムモードを従来の水中モードと併用して撮影するとより水中撮影が楽しくなるはずだ。

デジタルテレコン

TG-4まで搭載されていたデジタルズームがTG-5では非搭載になりハゼ撮影フリークには残念なカメラとなっていたが、TG-6ではデジタルテレコンとして使えるようになった。ただし、水中モード内では使用できないので、Pモードでカスタムチャンネルに水中用の設定を登録して使う。(次回以降セッティングの詳細をを解説する。)


デジタルテレコン OFF

デジタルテレコン ON
デジタルテレコン

光学ズームではないので多少の画質の劣化は見られるが以前のデジタルズームの画質に比べると、格段に画質が良くなっている。


デジタルテレコン OFF

デジタルテレコン ON
清水 淳・オリジナルハゼモード(デジタルテレコン)の設定

水中でデジタルテレコンを使う場合には、モードダイヤルから「プログラムオート」を呼び出す。
OKボタンを押してモニター上に表示される各種設定項目を水中用にセットする。

画面の右側にある設定項目を上から順にセットする。
・仕上がり:水中
・ISO感度:AUTO
・ホワイトバランス:水中2
・フォーカス:AF(オートフォーカス)
・画質:LSFもしくはLF
・手振れ補正:ON
・フラッシュ:発光

画質は撮影者の使い勝手に合わせて選択。
フラッシュのON/OFFは水中ライトや外部フラッシュに合わせて設定する。

次にメニューボタンを押して
・フラッシュ+ホワイトバランス連動の設定をOFF
・AFターゲット選択をシングル一点にセット
・そしてズームレバーを望遠側最大にセットする。

これで、セットアップは完了。
これをカメラに覚えてもらう。

メニューから、カスタムモード設定を呼び出して、この設定を覚えてもらう。
今回はカスタムモードC2にインプットする。
カスタムモードC2に合わせてOKボタンを押す。
これでセットアップ完了。

実際に使用する場合は、カスタムモードチャンネルC2をダイヤルでセットする。

デジタルテレコンのON/OFFは十時キーの左ボタンを押す。
デジタルテレコンがONの場合には、画面上部中央にマークが表示される。

清水 淳 Profile

しみずじゅん。1964年埼玉県生まれ。
水中写真や海辺の風景を撮り続けている。デジタルカメラの研究開発に携わり、執筆や撮影を行ないながら、沖縄・那覇にて水中写真教室マリーンプロダクトを主宰。著書に「誰にでも撮れる水中写真」「デジタルカメラで簡単水中写真」がある。PADIJAPAN水中写真連載コラム、オリンパス水中デジカメインプレッション、オリンパスデジタルカレッジ講師、をはじめ写真講座やセミナーなどの講演で活躍中!
公益社団法人日本写真家協会会員
近年の写真展は、
2016/08田園調布Deco`sDogCafe「SUMMER」
2017/08田園調布Deco`sDogCafe「SUMMER」
2017/11オリンパスギャラリー東京「UNDERWATER PHOTOGRAPHER」
2017/12オリンパスギャラリー大阪「UNDERWATER PHOTOGRAPHER」

PADIトラベルネットワーク

ページトップ