親子でダイビングを楽しもう!

TOP > PADI連載コラム > 親子でダイビングを楽しもう!
親子でダイビングを楽しもう!

ダイバーの皆さんの中には「子どもと一緒にダイビングを楽しみたい!」と考えている方も多いのでは?ダイビングのCカードの取得は10歳から可能ですし、8歳以上ならバブルメーカー・プログラムで"水中で呼吸する"という冒険を体験することができます。また、スノーケリングから始めるならば、もっと早く海を一緒に楽しめます。

親子で楽しむダイビングにはメリットがいっぱい! どうすれば親子でダイビングを楽しむことができるのか、子どもがダイビングをするうえでの注意点は何かなど、詳しく紹介します。

親子でダイビングを楽しむことがおすすめの理由

【その1】親子で共通の趣味が持てる

親子でダイビングを楽しむ一番のメリットは「共通の趣味が持てる」ということ。感動がいっぱいの水中世界を共に体験し、思い出を共有することは、親子にとってかけがえのない時間になることでしょう。ダイビングは生涯レジャーなので、長く一緒に楽しんでいけるのも魅力。共通の話題があることで、親子でのコミュニケーションもとりやすく、「反抗期でちょっと子どもとの距離が・・・」なんて悩んでいるお父さん・お母さんにもおすすめです。

【その2】バディとして親子の信頼関係がアップ!

一緒にダイビング計画を立て、水中でお互いをサポートし合う「バディ」。親子でバディを組み、子どもをしっかりとサポートしてあげることで、子どもは安心してダイビングを楽しむことができ、親に対する信頼感はアップします。いつも親子でバディとして一緒に潜ることで、その信頼関係はどんどん強いものになっていくことでしょう。日常ではあまり見せることのない(?)、親の頼りになる姿を子どもに見せちゃいましょう。

【その3】子どもがさまざまな知識・スキルを身につけられる

いろいろなことをどんどん吸収していく子どもにとって、ダイビングは最高のレジャー。ダイビングの講習をとおして、物理や化学、生物などのさまざまな知識が身につけられるだけでなく、将来必要となるコミュニケーション力、周囲との協調性、信頼の築き方、決断力などを身につけることもできます。また、海という環境を体験することで、自然への感謝の気持ちや、環境を守ることの大切さに気づくきっかけにもなります。特に、身近で様々な生物に接し、自然を感じることは、子どもの探求心を育むことにもつながり、子どもの将来に大きく役立つこと間違いなしです。

【その4】親もダイビングの魅力を改めて感じられる

ダイビングから少し遠ざかってしまったお父さん・お母さんも、子どもと一緒にダイビングをすることで、改めてその魅力に気づくはず。初めて水中で呼吸した感動、海で魚を見た喜びなど、子どもが新鮮に楽しむ姿は、親にダイビングの楽しさを思い出させてくれます。
また、「子どもが海を楽しんでいる姿を見る」という新しい喜びにも出会うことができ、今までとはまた違った角度でダイビングを楽しめるのではないでしょうか。ダイビングを通して子どもの成長を見ることができるのは、親としてかけがえのない貴重な体験になるはずです。

【その5】もう旅行先選びに迷わない

家族みんながダイバーなら、旅行に行くのは「海」一択。もう旅行先選びに迷うことはありません(笑)。どこの海に潜りにいきたいか相談する時間も、親子にとって楽しいものになるでしょう。車で行ける身近な海から、船や飛行機に乗っていく遠方の海まで、自然の多様性などを感じることは旅の楽しみを大きく増加させます。単に旅行を楽しむだけでなく、海の生物の生態発表など、夏休みの自由研究などに位置づけるのも手です。

久しぶりにダイビングするお父さん・お母さんは・・・
しばらくダイビングから遠ざかっているお父さん・お母さんは、子どもと一緒にダイビングをするうえで、「失敗する姿を見せたら恥ずかしい」と思うかもしれません。そんなときは、「スクーバリビュー・プログラム」などのリフレッシュコースの受講がおすすめ。ダイビングに必要な知識・スキルの復習をして、再び快適なダイビングを楽しめるようリフレッシュしてくれます。子どもにかっこいい姿を見せるためにも、一緒に始める前にまずはリフレッシュコースに参加して、ダイビングの勘を取り戻しておきましょう!
「スクーバリビュー・プログラム」は全国のPADI登録店で参加可能です。

※講習は、子どもの年齢や体格、体力など、ひとりひとりの状況に合わせたものとなります。
参加条件等はショップによって異なりますので、詳しくは各ショップにご相談ください。


問い合わせ:マーケティング部


ページトップ