RICOH「THETA」で水中360度撮影に挑戦!

-第1回- 360度カメラとは

360度カメラは、その名の通り「上下左右360度の写真や動画が撮れるカメラ」。さまざまなタイプがありますが、RICOH「THETA」は、180度の対角線魚眼レンズが左右についているタイプで、撮った写真や動画にはTHETA自体は写り込まないようになっています。

シャッターは直接カメラにもついていますが、スマホから遠隔で画面を見ながら撮影をすることもできます。私も最初は、写真モードでグループや仲間と集合写真の代わりに、THETAで360度写真を撮影したりすることで楽しんでおり、動画モードよりも写真モードで、スマホに取り込んでアプリを使って写真を加工したりしていました。

THETAはポケットに入る大きさなので、アクションカムやスマホ感覚で気軽に撮れるため、一眼レフと併せて持っていても気になりません。ただ、周囲360度すべてが写ってしまうので、撮影は意外と難しいです。どのような撮り方をすれば360度が活かせるのか考えながら、景色の良い場所(丘の上や海の上、山の頂上など)で、日中から星空まで写真を撮影。星空はタイムラプスなどでも撮影しました。今では防水ケースが発売になったことで、ダイビングやスノーケリングでも撮影することができるようになりました。

もちろん今も写真モードとしても使いますが、VRビューアーが安価で購入できるようになり、動画で撮影してそれを後でVRビューアーで見ると、まるでその場にいる感覚になって動画に入り込めるようになりました。撮影した動画を人に見てもらうにも、VRビューアーがあればわかりやすくその世界にいるような感じになってもらえることから、今は動画モードで撮影する機会が増えました。手でTHETAを持って撮影すると、自分の指や手が入ってしまうので、撮影の際は自撮り棒をTHETAにつけて撮影することをおすすめします。

撮影には自撮り棒があると便利。固定で撮影したい時はウエイトをつけて、岩の上などにおいて無人で撮影することもできます。自撮り棒を使った撮影の際は、THETAの向きができるだけまっすぐ前に、遠目に突き出すように持つことでワイド感を出すことができます。また、カメラレンズを上に向けるより、横に向けたほうが露出が安定するのでおすすめです。

360度で撮影した写真や動画を見る方法は、パソコンからYouTubeやFacebookなどへアクセスし、マウスを使って写真や動画を動かしながら見る方法と、スマートフォンで画面を指でスクロールして360度を見るか、スマホ自体を360度動かして写真や動画を見る方法、VRビューアーを使って頭を動かしながら見る方法があります。私としては、360度動画を一番楽しめるのは、やはりVRビューアーだと思います。

そして、360度カメラTHETAが一番活かせる場所は、何といっても「水中」だと思います。地上だと必ず地面が映りますが、水中だと上下前後左右も写すことができるのです。それができるのは、水中以外だと宇宙空間しかないでしょう(将来宇宙旅行ができるようになったら実現するのかもしれませんが)。最近人気のアクションカムは、魚眼で180度くらいの画角があるものもあり、カメラを向けている側は広く写すことができるのですが、THETAならカメラを向けていない後側も写っています。もちろん、360度映るということは、カメラを持っている自分自身も写ってしまうのですが、上下左右前後すべてを写すことができるからこそ、水中にはとっても向いていると思います。

例えば石垣島の「マンタスクランブル」などで、目の前にマンタが現れて撮影していると、「別のマンタが背後に接近していたのに気づかなかった」なんてことがたまにあるのですが、もしTHETAで動画を撮影していればそれも撮影されているので、後でVRビューアーなどで見れば、視覚には入っていなかった水中の様子も、もう一度臨場感あふれる動画を新鮮な気持ちで楽しむことができるのです。

ダイビングショップのツアーなどでTHETAで撮影していれば、全員が写真や動画に写っているし、後日見れば、またダイビングしてる感覚にもなります。自分の見えていた視界以外の方向が見られたり、見逃した魚を見ることができたり、などなど改めて楽しめるし、ダイビングガイドにとってはダイビングポイントの説明としてお客様に動画を見せることで、説明を理解してもらいやすかったりと、利用方法はいろいろとあり活用できます。

大物を撮影したり、群れの中にTHETAを入れて見たり、地形のおもしろい場所で撮ってみたり、沈船の中を探検したり、ただ美しい砂地の海で大勢で潜ったり、撮影の可能性はさまざま。これから数回に渡ってTHETAの使い方、撮り方のコツを紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

北島清隆プロフィ-ル

北島清隆 Kiyotaka Kitajima
石垣島在住のIsland Photographer
沖縄の島々を巡りながら、海と島と空の彩りとやすらぎの沖縄をテーマに水中から空撮まで写真や映像を撮り続けている。
主な著書に、沖縄全島を撮影した絶景集「秘密の沖縄スポットガイド」エクスナレッジ刊がある。
(社)日本広告写真家協会正会員

公式サイト http://okinawa-island.photos
Instagram @kiyotaka_kitajima_photo

ページトップ