楽しい気象学入門

-最終回- 三寒四温

寒暖のリズムを表す「三寒四温」は、春や秋の言葉だと思っている人が多いようですが、実は冬の天候を表現した言葉で、中国大陸の北東部で生まれたものです。
もちろん、春や秋は周期的に天気が変わり、寒暖の差が激しい時期ではあります。
しかし、それよりも寒い中にも寒暖のリズムがあって、それによって天候や風、そして海の状態も変化するという微妙な自然の振る舞いに注目するあたり、いかにもアジア的な感性だと言えるでしょう。

冬の天候は、一般に「西高東低」と呼ばれる冬型の気圧配置の状況によって左右されます。
冬になると中国大陸北部からシベリアにかけて、寒気が蓄積されて大きな高気圧が居座ります。
一方、千島列島からカムチャッカ半島では、冬の嵐、低気圧が猛烈に発達します。日本から見ると西に高気圧、東に低気圧が居続ける格好になるので、この気圧配置パターンを「西高東低」と言います。
このパターンでは、日本付近は北風が強まり、その北風に乗って大陸の寒気が流れ込んできます。
このため、厳しい寒さに見舞われたり、日本海側の地方では毎日のように雪が降ったりします。
これが冬の基本パターンなのですが、そうはいってもずっとこのパターンが続くわけではありません。
いくら真冬でも、大陸に溜まった寒気が無尽蔵にあるわけではありませんから、ある程度流れ出してしまうと、再び寒気は蓄積期に入ります。
また、東海上の低気圧も、発達しきった後は少しずつ東に移動して、アリューシャン列島のほうまで遠ざかるか、あるいはしだいに衰えていきます。
こうなると日本付近の北風も弱まって寒気の流れ込みも止まり、気温は上昇、日本海側の雪も止んでくるのです。

この様子はいろいろな資料でも確認できます。
例えば天気図ですと、大陸の高気圧が強く、低気圧も発達している、いわゆる強い冬型のときは等圧線が日本をまたぐように狭い間隔で何本も描かれます。
また、気象衛星の画像では、日本海に剃毛で描いたような筋状の雲がびっしり現れて、その筋状の雲が日本列島を越えて、太平洋上にも広がります。
沖縄までこの寒気の吹き出しによる雲がかかることも珍しくありません。
こんなときは、日本の近海は北風や西風が吹き荒れて海は大シケ、日本海では海岸にも高波が押し寄せます。

危ないのは太平洋側で、海岸では風が弱かったり、波が小さくても沖に出るといきなり荒れていることがあるからです。
太平洋側では陸から海に向かって風が吹くケースが多くなるため、海岸近くは背後の山が風をさえぎってくれる場合があります。
しかし、沖に出れば、もう風をさえぎってくれるものはありません。
また、波は風下に向かって発達しますので、海岸では風のわりに波が小さく見えても、沖に行くほど確実に波が高くなってきます。
冬型が緩んでくると、天気図では等圧線の間隔が広がってきます。
縮んでいたアコーディオンの蛇腹が伸びたような感じです。

気象衛星画像で見ても、筋状になっていた雲が、筋からまだら状になったり、日本海をびっしり覆っていた雲が少なくなって、隙間が広がってきます。
こうなると、高波の原因である北風や西風は弱まってきます。
もっとも、風が止んでもすぐには収まるわけではありません。
しばらくの間は、まだ波も高い状態が続きますし、風が弱くなったぶん、沖のウネリが海岸に届きやすくなって、海岸近くで逆に波が高くなる恐れもあります。

この、冬型の気圧配置の強弱のリズムを表したのが冒頭の「三寒四温」で、3日間厳しい寒さが続くと、その後4日間ほどは寒さが和らぐものだ、という意味です。
ところが、自然現象ですから、実際はなかなかこの言葉どおりにはなりません。
アジアに寒気が集中する寒冬の年もあれば、寒気がなかなか蓄積されない暖冬の年もあります。
特に最近は暖冬続きで、昨年も暖冬でした。
しかし、どんな暖冬の年でも、一度や二度は寒波がくるもの。
一度寒波が来れば、「三寒」ですからね。
延期は一日じゃダメ。
3日くらいは先送りしたほうがよいでしょう。

3月から始めましたこのコラムも今回が最終回となります。
スクーバ・ダイビングは自然を相手にするアクティビティ。
海況のコンディションなどをしっかり評価し、予測をたて、安全で楽しいダイビングを心がけてください。
また、ダイビングを通じてお天気への興味も高めていただき、知識をつけていただけると嬉しく思います。
ご愛読ありがとうございました。

三寒四温

冬の天気変化を表す言葉。
冬季に寒い日が三日ほど続くと、そのあと四日ほど温暖な日が続き、また寒くなるというように寒暖の周期を表しているもの。
しかし、日本付近の天候はシベリア高気圧だけでなく、太平洋の高気圧の影響も受けるので、三寒四温が日本でははっきりと現れることはなく、一冬に一度あるかないかという程度。
そのため、日本では本来使われる冬ではなく、寒暖の変化がはっきりと現れる春先にこの言葉を用いる人が多くなったと考えられる。
ちなみに、この「三寒四温」を英語にするときは「three cold days、four warm ones」と文字通りの表現で通じるらしい。

筆者プロフィ-ル

森朗(もり あきら)
気象予報士。TBSテレビ「ひるおび!」など、テレビ・ラジオ番組に多数出演。
趣味はマリンスポーツ。2017年7月よりウェザーマップ代表取締役社長。著書に「海の気象がよくわかる本」「風と波を知る101のコツ」「サーファーのための気象ガイドブック」など。

 

ページトップ