2018年は「国際サンゴ礁年」

美しいサンゴ礁の海を守ろう!

2018年は、国際サンゴ礁イニシアチブ(ICRI)が定めた「国際サンゴ礁年」。サンゴ礁の素晴らしさや大切さを知り、サンゴを守るために一人一人ができることを考え、行動する年となっています。皆さんも海を愛するダイバーとして、美しいサンゴ礁を守るために、一緒に行動していきませんか?

国際サンゴ礁年とは

 国際サンゴ礁年2018は、サンゴ礁生態系保全の国際協力の枠組みである国際サンゴ礁イニシアチブ(ICRI)が、2018年を3回目の「国際サンゴ礁年」に指定すると宣言したことに基づき、サンゴ礁生態系の価値やそれを取り巻く脅威について普及啓発し、一人一人の行動を促すための世界規模のキャンペーンとなっており、各国において、政府・民間・学術団体・市民社会のパートナーシップの向上、効果的な管理戦略の実施、持続可能な管理に関する情報共有等を推進することが奨励されています。

 国内でも、幅広く多様な主体とのパートナーシップにより、さまざまな活動を展開。国際サンゴ礁年2018活動登録制度、Facebookを通じた情報共有、国際サンゴ礁年2018オフィシャルサポーター制度などが環境省によって進められているほか、さまざまな企業・団体が取組を実施する予定となっています。

 ⇒国際サンゴ礁年2018(環境省) 

PADIは「国際サンゴ礁年2018」のオフィシャルサポーターに任命

 環境省では、国際サンゴ礁年2018の趣旨に沿って保全や普及啓発の活動、又はその支援を行う企業等を、国際サンゴ礁年オフィシャルサポーターとして任命しており、PADIアジア・パシフィック・ジャパンもオフィシャルサポーターとして任命されています。

 去る1月28日(日)に明治大学リバティタワーにて開催された「国際サンゴ礁年2018オープニングシンポジウム」では、中川環境大臣よりPADIアジア・パシフィック・ジャパン代表取締役の中野龍男に任命書が手渡されました。(詳しくはこちら)

「サンゴ礁の保護」スペシャルティ・コースで、サンゴ礁についての正しい知識を身につけよう?

 PADIでは、より多くの人にサンゴ礁の保護の重要性を伝えるべく、2018年の最注目スペシャルティ・コースとして「AWAREサンゴ礁の保護」を設定し、2018年2月1日申請分より、2018年12月31日までにコースを受講して申請した人に、国際サンゴ礁年のロゴ入りバージョンの認定カードを発行しています。

 海の環境、特にサンゴ礁を守ることをテーマにしたのがこのコース。近年、海水温の上昇やオニヒトデの大量発生、海洋汚染などにより、世界中のサンゴ礁が大きなダメージを受けています。まずは正しい知識を身につけ、守るべきマナーを知るところからスタートしましょう。

 ⇒「サンゴ礁の保護」スペシャルティ・コースの詳細はこちら

 上記に加え、PADIではより多くの方に2018年が「国際サンゴ礁年」ということを知っていただき、サンゴ礁保全の意識を高めるために、2018年5月~12月に発行するすべてのCカード(※一部を除く)にも、国際サンゴ礁年のロゴをプリントしています。


「サンゴ礁の保護」スペシャルティ・コースの受講者には、2018年限定で国際サンゴ礁年のロゴ入りバージョンの認定カードを発行。このスペシャルティ・コースは、ダイバーはもちろんのこと、ダイバーではない人でも受講可能なので、家族や友人など周りの人も誘って参加してはいかがでしょうか。

↓こちらもチェック↓

国際サンゴ礁年2018-特別連載コラム

自然写真家・高砂淳二が贈る
美しきサンゴ礁の海
Coming Soon!
「国際サンゴ礁年2018」Facebookページをチェックして、イベントや活動に参加しよう!
「国際サンゴ礁年2018」に関連して開催されるイベントは、Facebookページにて情報が発信されています。気になるイベントがあれば、どんどん参加して、みんなで「国際サンゴ礁年2018」を盛り上げましょう!
なお、国際サンゴ礁年では、皆さんの活動を登録し、多くの人に広く参加を呼びかけることも可能です。皆さんもぜひ国際サンゴ礁年をきっかけに、サンゴの保護について取り組んでみませんか?
【国際サンゴ礁年2018活動登録制度】
①趣旨
国際サンゴ礁年2018の趣旨に沿って実施される活動・イベント等を登録し、Facebook等を通じて多くの人に参加を呼びかけるものです。登録された活動については、ロゴマーク、イメージキャラクター、ポスターなどを積極的に活用し、統一感をもって活動を展開し、登録された活動やその報告などは、環境省で記者発表やHP掲載等を積極的に行うこととします。
②登録プロセス
・活動登録希望者は、web上の登録様式から必要な情報を送付
・登録ボランティアがソーシャルメディア・コミュニケーションガイドラインに従って判断し、Facebookページに掲載

ページトップ