コース・ディレクター | PADI

ダイビングのプロを目指そう!

コース・ディレクター

Course Director

コース・ディレクターは、PADIダイバー教育システムにおけるインストラクター・トレーニングの担い手です。その数は、世界中の全PADIプロフェッショナルの約1%にも及びません。

毎年3回行われるPADIコース・ディレクター・トレーニング・コース(CDTC)には、世界中から約200名の応募があり、その中から選ばれたわずか70名が10日間に及ぶ長いコース(CDTC)に参加することが許されます。

PADIコース・ディレクターは、インストラクター開発コース(IDC)を開催してPADIオープン・ウォーター・スクーバ・インストラクター(OWSI)を認定できる唯一の資格です。 またダイビング業界で強い影響力をもつオピニオン・リーダーでもあります。

PADIコース・ディレクターになるための条件は

  1. PADIマスター・インストラクター
  2. コース開始日から12 ヶ月以上:
    1. クオリティ・アシュアランスに関する苦情がない。
    2. すべてのPADI認定コースおよび体験プログラムを、PADIインストラクター・マニュアルおよびPADIガイド・トゥ・ティーチングに規定されているPADI規準と理念に従った方法を用いて実施している。
    3. 適切な全PADIトレーニング教材を含む完全なPADIダイバー教育システムを使用している。
    4. もっぱらPADIダイバー・コースを教えている。
  3. IDCスタッフ・インストラクター認定の後に、全IDCで2回以上スタッフとして働いた。
  4. エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・トレーナー。
  5. ログに記録されているダイブ経験本数が250本以上。
  6. PADIダイブセンターやリゾートで働いた経験がある。
  7. 申請の時点で、PADIが指定するその他の条件をすべて満たしている。

PADIコース・ディレクターになると

  1. PADIインストラクター開発コース(IDC)、OWSIプログラム、IDCスタッフ・インストラクター・コースを実施できる。
  2. ステータス・アップデートを実施できる。
  3. エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・コースを実施できる。

トレーニング及び認定

PADIコース・ディレクター・トレーニング・コース(CDTC)に参加し認定を受ける。

ページトップ