インストラクター開発コース(IDC) | PADI

ダイビングのプロを目指そう!

インストラクター開発コース(IDC)

Instructor Development Course

PADIインストラクター開発の基礎となるのが、PADIコースディレクターの元で開催されるインストラクター開発コース(以下:IDC)です。このIDCはアシスタント・インストラクター(AI)コースと、オープン・ウォーター・スクーバ・インストラクター(OWSI)プログラムの2つから構成されています。

eラーニングによる予習が完全に行われている場合に限りAIコース(最低3日間)とOWSIプログラム(最低4日間)を連続して組み合わせたものがIDC(6日間)となります。


★アシスタント・インストラクター・コース(AI)

PADIアシスタント・インストラクター・コースは、PADIインストラクター開発コース(IDC)の最初の一部です。このコースはPADIプロフェッショナルとして経験を得るだけでなく、PADIダイバー教育システムを学ぶ最初のステップでもあります。

PADIアシスタント・インストラクターになるとできること

  • PADIインストラクターの元で、PADIダイバーコースの知識開発部分を実施できる。
  • PADIインストラクターの元で、PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コースのトレーニング・ダイブ中にある水面スキルの評価を実施できる。
  • PADIピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー・スペシャルティ・ダイバーをPADIインストラクターの元で認定できる。
  • プロジェクトAWAREスペシャルティ・コースを認定できる。
  • PADIディスカバー・スクーバ・ダイビングのプールまたは限定水域ダイブを実施できる。
  • エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・コースを修了すればエマージェンシー・ファースト・レスポンス・コースを実施できる。
  • デジタル・アンダーウォーター・フォトグラファー・インストラクター・コースを修了すればデジタル・アンダーウォーター・フォトグラファーコースを実施できる。
  • エマージェンシー・オキシジェン・プロバイダー・インストラクター・コースを修了すればエマージェンシー・オキシジェン・プロバイダー・コースを実施できる。
※上記すべては新規及び更新手続きを完了し、保険加入をしていることが条件となります。
※コース実施の詳細については、必ず担当インストラクターに確認をしてください。
※上記以外に、PADIダイブマスターが実施できる項目も含みます。

コース参加の条件

  1. PADI ダイブマスターまたは:
    • 一般に広く認められている他のレクリエーション・ダイバー教育機関に所属する優良インストラクター(資格更新済み、または更新資格を有する)。
    • 一般に広く認められている他のレクリエーション・ダイバー教育機関でリーダーシップ・レベルの認定を有する(資格更新済み、または更新資格を有する)*;ログに記録されたダイブ経験 60 本; ナイト・ダイビング、ディープ・ダイビング、アンダーウォーター・ナビゲーションの経験を証明する書類。
  2. 18歳以上であること。
  3. ダイビングに適した健康体であると医師が署名し、健康状態に変化はないことが記された過去 12 か月以内の健康診断書。
  4. 過去 24 か月以内に、 EFR 一次および二次ケア・コースまたは参加受入資格を満たす他のトレーニングを修了。
  5. PADI ダイブマスターでない場合は、 PADI ダイブマスター・コースのダイバー・レスキュー・スキル評価を修了する。
  6. 必要に応じて、 PADI 以外の参加受入資格を満たすエントリー・レベル、アドヴァンスド、レスキュー、リーダーシップ・レベルに相当する資格*を証明する書類を提出する。

AIコース達成条件

  1. 以下の PADI IDC eラーニング・カリキュラム・コンポーネントを修了する:
    • 1-初めに
    • 3-PADI システムの概要
    • 4-学習、インストラクション、 PADI システム
    • 5-ディスカバー・スクーバ・ダイビングとエクスペリエンス・プログラム
    • 7-リスク・マネージメントと法律上の留意事項
    • 8-リスクを管理する
    • 9-PADI クオリティ・マネージメントとライセンシング
    • 10-講習プレゼンテーション入門
    • 11-知識開発の実施と評価
    • 12-限定水域トレーニング
    • 13-オープンウォーター・トレーニング
    • 15-ビジネス・オブ・ダイビング(オプション)
    • 16-レクリエーショナル・ダイブプラナー(RDP) の教え方(クロスオーバー候補生は必修; PADI メンバーはオプション)
  2. 以下の IDC カリキュラム・コンポーネントに参加する:
    • オリエンテーション
    • PADI システム・ワークショップ
    • 学習と講習ワークショップ
    • ディスカバー・スクーバ・ダイビング・ワークショップ
    • リスク・マネージメントとライセンシング・ワークショップ
    • 知識開発プレゼンテーション・ワークショップと候補生による知識開発プレゼンテーション
    • スキル開発ワークショップ
    • 限定水域トレーニング・ワークショップと候補生による限定水域講習プレゼンテーション(水に入って実施)
    • オープンォーター・トレーニング・ワークショップと候補生による
    • オープンウォーター講習プレゼンテーション( 水に入って実施)
    • セールス・テクニック・ワークショップ(オプション)
    • コース終了
  3. オープンウォーターで、 PADI ダイブマスター・コースのダイバー・レスキュー評価を修了する。
  4. 少なくとも 2 回の知識開発講習プレゼンテーションを行なって評価を受け、 1 回のプレゼンテーションで 3.4 以上を得点する。ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー・コースから1回のプレゼンテーションを行なうことが推奨される。
  5. 少なくとも 2 回の限定水域講習プレゼンテーション(水に入って)を行なって評価を受け、 1 回のプレゼンテーションで 3.4 以上を得点する。 1 回のプレゼンテーションで、候補生は認定アシスタントなしで実施する。
  6. ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー・コースを含めた少なくとも 1 回の統合(2 種類のスキルを組み合わせた)オープンウォーター講習プレゼンテーション(水に入って)を行なって評価を受け、各スキルで 3.4 以上を得点する。
  7. スキル評価スレートにリストされている 24 種類のダイブスキルを行ない、合計 82点以上を得点する。いずれのスキルも 3.0 未満であってはならない。
  8. PADI システム、規準、手続きエグザムで 75% を得点し、答えを間違えた問題については、内容を理解するまで復習する。得点が 75% 未満の候補生は再試験

講習時間

eラーニングによる予習が完全に行われている場合に限りAIコース(最低3日間)


★PADI OWSIプログラム

PADI OWSIプログラムはPADIインストラクターになるための最終のステップです。 このコース中、それぞれの生徒が必要としていることをPADIダイバー教育システムを使って適応させることを学びます。包括的なトレーニングと多様な教材を使い、同僚や生徒から多くの信頼も得ることになります。このPADIオープン・ウォーター・スクーバ・インストラクターは、PADIディスカバー・スクーバ・ダイビングからPADIダイブマスター・コースまで幅広い範囲に及ぶPADIプログラムを実施することができます。

コース参加の条件

  1. PADI アシスタント・インストラクター、 PADI インストラクター、または少なくとも過去 6 か月にわたって、一般に広く認められている他のレクリエーション・ダイバー教育機関に所属する優良インストラクター(更新資格を有する)。
  2. 18歳以上であること。
  3. ダイビングに適した健康体であると医師が署名し、健康状態に変化はないことが記された過去 12 か月以内の健康診断書。
  4. 認定ダイバーになって少なくとも 6 か月が経過。
  5. 過去 24 か月以内に、 EFR 一次および二次ケア・コースまたは参加受入資格を満たす他のトレーニングを修了、または他の救急医療団体のエマージェンシー・ファースト・レスポンス (EFR) インストラクターまたは CPR/ファーストエイド・インストラクター。
  6. 必要に応じて、 PADI 以外の参加受入資格を満たすエントリー・レベル、アドヴァンスド、レスキュー、リーダーシップ・レベルに相当する資格*を証明する書類。

コース内容

  1. 以下の PADI IDC eラーニング・カリキュラム・コンポーネントを修了する:
    • 1-初めに
    • 2-ダイブリーダーのためのダイブセオリー(ダイビング理論)
    • 3-PADI システムの概要
    • 4-学習、インストラクション、 PADI システム
    • 5-ディスカバー・スクーバ・ダイビングとエクスペリエンス・プログラム
    • 6-PADI オープン・ウォーター・ダイバー・コース
    • 7-リスク・マネージメントと法律上の注意点
    • 8-リスクを管理する
    • 9-PADI クオリティ・マネージメントとライセンシング
    • 13-オープンウォーター・トレーニング
    • 14-継続教育とリーダーシップ・コース
    • 15-ビジネス・オブ・ダイビング
    • 16-レクリエーショナル・ダイブ・プラナー (RDP) の教え方-クロスオーバー候補生は必修; PADI メンバーはオプション
    • 例外: PADI アシスタント・インストラクターは、過去 12 か月以内に修了した IDC eラーニング・セクションを繰り返す必要はない。これは、 eレコードまたはインストラクター候補生情報とトレーニング記録に記載されている。
  2. 以下の IDC カリキュラム・コンポーネントに参加する:
    • オリエンテーション
    • ダイブセオリー(ダイビング理論)ワークショップ
    • PADI システム・ワークショップ
    • ディスカバー・スクーバ・ダイビング・ワークショップ
    • オープン・ウォーター・ダイバー・コースのスケジューリングとセットアップのワークショップ
    • 知識開発プレゼンテーション・ワークショップと候補生による知識開発プレゼンテーション
    • スキル開発ワークショップ
    • 限定水域トレーニング・ワークショップと候補生による限定水域講習プレゼンテーション
    • オープンォーター・トレーニング・ワークショップと候補生によるオープンウォーター講習プレゼンテーション
    • 継続教育ワークショップ
    • アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー・コース・ワークショップ
    • レスキュー・ダイバー・コース・ワークショップ
    • セールス・テクニック・ワークショップ
    • コース終了
  3. 少なくとも 1 回の知識開発講習プレゼンテーションを行なって評価を受け、 3.4 以上を得点する。
  4. 2 回以上の限定水域講習プレゼンテーション(水に入って実施)を行なって評価を受け、 1 回のプレゼンテーションで 3.4 以上を得点する。 1 回のプレゼンテーションで、候補生は認定アシスタントなしで実施する。
  5. オープンウォーターで、少なくとも1回の統合(2 種類の)スキル・オープン ウォーター講習プレゼンテーション(水に入って実施)を行なって評価を受け、 各スキルで 3.4 以上を得点する。
  6. スキル評価スレートにリストされている 24 種類のダイブスキルを行ない、 合計 82 点以上を得点する。いずれのスキルも 3.0 未満であってはならない。
  7. ダイブセオリー(ダイビング理論)エグザムの全セクションで 75% を得点し、答えを間違えた問題については、内容を理解するまで復習する。得点が 75% 未満の 候補生は再試験。
  8. 用具を使わずに 400 メートル/ヤードをノンストップで泳ぐ。ストロークの形は 問わない。
  9. 用具を使わず水着だけを着用して、 10 分間の立ち泳ぎ、またはボビングもしくは フローティングで浮いている状態を保つ。
  10. 限定水域またはオープンウォーターで、シミュレーションによる水面パニック・ ダイバーのレスキューを模範的なクオリティでデモンストレーションする。
  11. オープンウォーターで、シミュレーションによる水面で反応がなく呼吸していない ダイバーのレスキューを模範的なクオリティでデモンストレーションする。
  12. オープンウォーターで、以下を含むシナリオに参加する:
    • シミュレーションによる反応がなく呼吸していないダイバーを水面に 引き上げる
    • 水面で人工呼吸を含めた救助
    • エキジット
    • 水面人工呼吸と、人工呼吸用マスクもしくはレスキュー・ブリージング・マスクを使って事故者に酸素を投与することを含めて、ボート/岸でファーストエイドを施す

講習時間

eラーニングによる予習が完全に行われている場合に限りOWSIプログラム(最低4日間)

ページトップ