宇宙遊泳のように海の中を漂いたい!

ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー・スペシャルティ・コース

Peak Performance Buoyancy Specialty Course

※使用教材はこちらをご覧ください。

水中で浮きも沈みもしない「中性浮力」の状態をとることは、快適に水中を移動するうえでも、サンゴの群生などの水中環境を傷つけないようにするためにも大切なこと。

中性浮力をとるためのテクニックはオープン・ウォーター・ダイバー・コースでも学びますが、このコースでは、タンクやスーツの種類ごとにウエイト量を調節する知識から、BCDや呼吸による浮力コントロールのコツまで、より詳しくマスターし、水中で思い通りにピタッと静止することができるようになります。

これができれば、ドロップオフもなんのその。空気や体力の節約にもつながり、いいこと尽くしです。

参加前条件

PADIオープン・ウォーター・ダイバー 以上 またはPADIジュニア・オープン・ウォーター・ダイバー以上

講習内容

レクチャー&海洋実習2ダイブ

コースを修了すると・・・

浮力コントロールにみがきをかけることによって、無駄な動きがなくなり、エアの消費も少なくなります。

PADIインストラクターからのおすすめポイント
マレア新宿(東京)
木村 留梨子さん
様々なダイビングポイントや水中世界で常に大事なのが「中性浮力」!BCDやドライスーツ・呼吸のコントロールのコツを学び、水中環境へもダメージを与えることのない優しいダイバーに!水中写真も止まって撮影が出来るのでベストショットを狙えます!水中のバランス感覚を極めましょう!
マレア福岡博多(福岡)
小笠原 慧さん
泳ぐ姿勢や楽に泳ぐためのコツなど水中でかっこよく、きれいに泳げるダイバーを目指しましょう!水中ではプロの泳ぎ方や浮力調節のタイミングを見ながら実施する事が出来るので、プロの技を自分のものにすることが出来ます!残圧の節約にもなるので、より長く水中を楽しめるようになれますよ!

ページトップ