ダイビングの新たなるステージへ

テクニカル・ダイビングに挑戦!

ダイビングのさらなる可能性を広げるテクニカル・ダイビングの楽しみ方を紹介します。

テクニカル・ダイビングは、主流のレクリエーショナル・ダイビングに比べて遥かに深い場所へ、経験豊富かつ資格のあるダイバーが行なう、スクーバ・ダイビングの「エクストリーム・スポーツ」です。テクニカル・ダイビングは、この種のダイビングに伴う追加された危険性を管理するために、極めて多くの器材とトレーニングが必要であることにより区別されています。

テクニカル・ダイビングはすべてのダイバーのためにあるものではありませんが、挑戦したいものを探している人にとって、「PADI TecRecコース」がその答えとなります。

テクニカル・ダイビングとは?

テクニカル・スクーバ・ダイビングとは、レクリエーショナル・スクーバ・ダイビングの限界を超える、従来の作業ダイビングやリサーチ・ダイビングとは別のダイビングとして定義されます。

  • 40m/130ftを超えるダイビング
  • 段階的な減圧停止を伴うダイビング
  • 水面からの縦、横合計距離が40m/130ftを超えるオーバーヘッド環境(直接水面に浮上できない環境)でのダイビング
  • ダイビング中、加速減圧及び/又は様々な混合ガスを使用するダイビング

テクニカル・ダイビングでは、緊急時においても簡単に水面に上がることができないので、テック・ダイバーは幅広い手順と技術を使用し、追加されるリスクに対するトレーニングを行ないます。しかしながら、これらを行なったとしても、テック・ダイビングには、レクリエーショナル・ダイビングと比べて、より多くのリスクや潜在的な危険性が存在することは認めざるを得ず、重大なエラーの連鎖が短くなります。

テクニカル・ダイビングはいつ頃からあるのか?

ケイブ・ダイビングがテクニカル・ダイビングのひとつであることは多くの人が認めるところです。

ケイブ・ダイビングは、1960年代後半から1970年代にかけて発展し、1980年代の中頃には現在のようなトレーニング内容が開発されました。1990年代初期に世界のいくつかダイバー・グループは、ケイブとレックの両方の探検のために(レクリエーショナルの限界を超える)ディープ・ダイビングのための技術を試み始めました。これらのグループは、この種類のダイビング専門の当時発行されていた雑誌に「テクニカル・ダイビング」又は「テック・ダイビング」として統一し明確化しました。

それ以降、テック・ダイビングは限界と技術の両方が発展し続けています。

なぜテック・ダイバーになりたいのか?

テック・ダイビングにはより重大なリスクがあるのみならず、より多くの労力、訓練及び器材が必要とされます。これはすべての人のためにあるものではなく、ほとんどのダイバーはテック・ダイビングがなくても生涯において充実したダイビングを行なうことができるでしょう。

それでも、相対的に少しの人しか行けない水中世界を訪れてみたいと強く思う人たちが存在します。多くの壮大で手つかずのレックは40m/130ft以深に横たわっています。深場のリーフには浅場では見ることのできない生物がいます。挑戦を楽しむ人やテック・ダイビングが要求するものに焦点を当てる人もいます。最先端のテクノロジーに関係していたい人もいます。これらがテック・ダイビングを行なうに値する理由です。

PADI TecRecの違い

PADI TecRecプログラムは2000年にデビューしました。TecRecは世界最初のテック・ダイビング・プログラムではありませんが、そのメリット故に繰り返し賞賛されています。

  • TecRecコースは、最初のテック・ダイバー資格から異なるミックス・ガスを使用するスポーツダイビングの幅広い資格まで、効果的でシームレスなコースの流れで指導されるよう統合されています。
  • 各レベルでは、ダイビングの限界を適切に広げるために、新しい器材、計画及び手順が紹介されます。
  • 基本のTecRecコースは連続した3つのサブコース、即ちテック40、テック45、テック50に統合されています。継続的に全てのコースを完了しることができますし、各コースを時間を空けて1コースづつ完了することもできます。これにより、効果的、統合的、そして柔軟に学習することができます。
  • よりチャレンジしたいダイバーのために、TecRecコースには、テック・トライミックス65、テック・トライミックス、レクリエーショナル・レベルから水深100mまでの各リブリーザー・コース、ガス・ブレンダー・コースもあります。

使用するスクーバ器材は?

テック・ダイビングではレクリエーショナル・ダイビングよりも遥かに多くの器材を使用します。レクリエーショナル・ダイビングでは1本のスクーバ・タンクしか使用しませんが、テック・ダイビングでは典型的に2~4本のタンクが必要であり、それに伴うバックアップ付きのBCD、シリンダーと同数のレギュレーター、減圧ダイビング用のダイブ・コンピューター及びバックアップ、その他のアクセサリー器材が必要です。

詳しくは最寄りのPADI TecRecセンターで情報を収集してください。

TecRecコースに参加するための必要条件

TecRecコースへの参加条件はコース毎に異なりますが、最低でも以下の条件を満たさなければなりません。

  • 18歳以上
  • 必要とされる手順及び条件を正確かつ誠実に従うことができる熟慮ある責任感のある人
  • 医学上テック・ダイビングに適正な人(医師の診断書が必要)
  • テック・ダイビングで発生する追加されるリスクを受け入れることに同意すること
  • 少なくとも100ダイブ以上の経験があること
  • PADIエンリッチド・エア・ダイバー及びPADIディープ・ダイバー資格を有すること

楽しみの部分

TecRecの楽しみの部分は、ほとんどのダイバーが決して行なうことができない、より深くより長いダイビングへのチャレンジが膨らんでいくことです。

コースに参加するには

最寄りのPADI TecRecセンターにお問い合わせください。

PADI TecRecセンターはこちら

アーバンスポーツ
997-0802 山形県鶴岡市伊勢原町26-3
TEL: 0235-25-5060
http://www.urbansports.jp
メール
クレセント日立店
317-0072 茨城県日立市弁天町1-9-4
TEL: 0294-21-6817
http://www.mp-crescent.com
メール
ミス タヒチ さいたま
336-0021 埼玉県さいたま市南区別所5-9-3 安友ビル1F
TEL: 048-826-5040
http://www.miss-tahiti.jp
メール
デイドリーム
103-0025 東京都中央区日本橋茅場町3-5-5 2F
TEL: 03-6661-7285
http://www.daydream-dive.com
メール
エムズダイビングアドベンチャー
135-0033 東京都江東区深川1-4-8 アルト深川1F
TEL: 03-3820-6877
http://www.msdiving.jp/
メール
シーポイント東京
136-0071 東京都江東区亀戸7-4-5-1F
TEL: 03-5858-6511
http://www.seapoint.in
メール
マレア池袋
171-0022 東京都豊島区南池袋2-32-2
TEL: 03-5391-3403
http://www.marea.jp
メール
スキューバプロショップ 横浜
220-0023 神奈川県横浜市西区平沼1-4-26 横浜平沼ダイカンプラザ1号館1F
TEL: 045-624-8113
http://www.scubapro-shop.co.jp
メール
ラウト
247-0056 神奈川県鎌倉市大船3-9-22  クローカス大船 2F
TEL: 0467-44-1752
http://www.laut.jp
メール
ラグナ
250-0034 神奈川県小田原市板橋275-13
TEL: 0465-27-3974
http://www.ragna.co.jp
メール
Diver’s7
413-0231 静岡県伊東市富戸588-5
TEL: 0557-51-8027
http://divers7.com
メール
ロコダイバーズ
465-0093 愛知県名古屋市名東区一社1-126
TEL: 052-701-7203
http://www.loco.jp
メール
ダイビングスクール イオ 江坂校
564-0051 大阪府吹田市豊津町1-43 1F
TEL: 06-6384-6380
http://www.d-io.jp
メール
ダイビングスクール なみよいくじら
580-0015 大阪府松原市新堂1-348-3
TEL: 072-333-8559
http://www.namiyoi.com
メール
ダイブショップ コスミック
812-0894 福岡県福岡市博多区諸岡5-1-1
TEL: 092-575-1250
http://www.divecosmic.com/
メール
ラ・ボンバ
898-0101 鹿児島県南さつま市坊津町坊9321-25
TEL: 099-284-0639
http://labomba.jp
メール
DIVING SERVICE SUN*ISLAND
906-0015 沖縄県宮古島市平良字久貝284-1
TEL: 0980-73-9229
http://www.sunisland-miyako.com/
メール

コース一覧

ページトップ