ダイビングスポット情報(田子)

ダイビングスポット情報

田子

たご

●ダイビングスポット数:
ビーチ/1 ボート/9
●潜水可能時間:
8:30〜17:00
●ナイトダイビング:
弁天島のみ年中可能(日没〜21:00)
●エンリッチド・エア:
可(要予約)
●バディ(セルフ)ダイビング:
不可

★エリア概況

伊豆半島西側、その中央からやや下のあたりに田子があります。
現在開放されているスポットは11ヶ所。そのうちビーチエントリーは、1ヶ所だけであとは全てボートダイビング。
ボートダイビングのスポットは豪快な外洋スポットと穏やかな湾内スポットに分けられます。外洋スポットはリアス式海岸そのままに複雑な地形と回遊魚が」力です。潮通しがいいためソフトコーラルも元気です。湾内スポットは、魚の餌付けあり、サンゴの群生ありとバラエティにとんでおり、西風に強く年間を通して海況は穏やかです。

過去1年間の情報

★現地からの最新情報 ※直近1週間の情報を掲載しています(最新情報:2018年01月20日)
シーランドダイビングサービス
01月20日現在の情報
■水温:
(水面)約15℃ /(水中)約15℃
■透明度::
約11〜15m
■コメント:
1月20日


平均水温  湾内 15.2℃
      外海 -℃

        
気温    13℃
透明度   湾内 15m
      外海 -m

いやー、暖かい日っていいですね〜♪
先週と変って暖かくて過ごしやすい週末です。

そんな陽気もあって今日はショップさんも20人の団体で来てくれたり東海大BUDDYの女の子たちがドライスーツの練習しに来てくれたり賑やかな一日となったシーランド。

自分は作業ダイブの予定が入っておりまして朝からせっせと頑張ってきました\(^o^)/
今日で当面の作業は完了したのでやっと落ち着いた日々に戻れそうです(笑)
で、休憩中に飛びこんできたのはミズタマウミウシ現る!のショップさんからの情報!
さらにちっちゃいクロスジリュウグウやらめっちゃでっかいセトリュウグウやらとにかく居ても立っても居られない状況に(笑)

なので作業後ダッシュで見に行ってしまいました!
時間は短かったのですがミズタマウミウシをGET!
クロスジは発見に至りませんでしたが、一番キレイな緑バージョンのコミドリリュウグウたっくさんとシロイバラウミウシ、ピカチュウ。
そして最後にはおそらくセンテンイロの極小体。
いつも見る大きさと違い他のウミウシと思っちゃうようなキレイさでした♪

また、沖の浮島根ではカトウイロの極小体やらカエルウオのような個体もショップさんが見つけてくれて情報もらいましたのでまた見にいきたいです!

さて!明日は日中東寄りの風なので穏やかに潜れそうです\(^o^)/
皆さんのご来店お待ちしてます!

稲取マリンスポーツセンター東京店
稲取マリンスポーツセンター東京店
ダイブグリーン

★各スポットの情報  ※スポット名または地図内のフラッグをクリックすると詳しい情報が見られます

flag
■アクセス : ボート
■解説 :
水深30mから立ち上がる根はかなりダイナミック。根にはソフトコーラルやヤギなどにもぴっしりつき、美しい光景は広がる。岩場にはイザリウオ、クエなどが潜んでいることもあるので、探してみよう。
34.80961,138.741961
images/flag_m.png
flag
初心者〜
■アクセス : ボート5分
■レベル : 初心者〜
>>水中マップ
■深 度 : 最大40m

■解説 :
人気スポットの1つ「弁天島」周囲では、毎年春ごろから年内いっぱいまで、大小のマダイの大群が根付いており、かなり見ごたえがある。餌づけを行っているせいで、たとえエサを与えなくても、いつまでもダイバーを追いかけてくる姿はなかなかかわいらしい。なかには1m級のモノもいて、マダイとは思えないほどの迫力を見せてくれる。
34.810597,138.755393
images/flag_m.png
flag
初心者〜
■アクセス : ボート3分
■レベル : 初心者〜
>>水中マップ
■深 度 : 最大35m

■流 れ : なし
■解説 :
水深8mほどの所に、広範囲にわたってエダサンゴがビッシリ生えており、サンゴの合間にはアオリイカの卵や死滅回優魚などを多く見ることができる。また砂地ではエイの姿も多く、バリエーション豊かに楽しめる。
34.806404,138.759255
images/flag_m.png
flag
初心者〜
■アクセス : ボート10分
■レベル : 初心者〜
>>水中マップ
■深 度 : 最大35m

■流 れ : 時に強い
■解説 :
ダイナミックスポット「ヤイズ根」では、秋口から1月ごろまでにかけて30〜40匹ほどの大群で巨大なハマフエフキが根付き、潜ればほぼ確実に見られる。
34.800026,138.749514
images/flag_m.png
flag
中級者〜
■アクセス : ボート10分
■レベル : 中級者〜
>>水中マップ
■深 度 : 最大35m

■流 れ : 強い
■解説 :
水深40mから立ち上がる根は、かなりダイナミック。ソフトコーラル、ヤギ、サンゴなども数多くあり、美しい光景が広がる。地形の豪快さもさることながら、大物回遊魚まで出現するなど迫力ある楽しみかたができる。西伊豆随一のポイントです。
34.7977,138.744836
images/flag_m.png
flag
初心者〜
■アクセス : ボート10分
■レベル : 初心者〜
>>水中マップ
■深 度 : 最大30m

■流 れ : 時に強い
■解説 :
ヤイズ根の西側にあるカクレ根で、南北に大きく伸びる根が いくつも点在しており、水深は13〜30m位、根にはウミウチワ、サンゴがたくさんついていて、潮通しも良い為、回遊魚も回ってくる。
34.801506,138.744278
images/flag_m.png
flag
■アクセス : ボート10分
■解説 :
田子島の南、約1kmに位置するNEWポイント(2004年5月OPEN)。水深40mから立ち上がる巨大な根(東西70m、南北130m)からなるメガポイント。根頭の水深は3〜8m。根の周りにはソフトコーラルやハードコーラルはもちろん、潮通しも良く大物回遊魚から小物まで見られる。また根を東西に引き裂く40mにおよぶ巨大クレパスは、地形派にとってもたまらないポイント。
34.802211,138.739643
images/flag_m.png
flag
■解説 :

34.81109,138.759384
images/flag_m.png
flag
■解説 :

34.800695,138.751531
images/flag_m.png

ページトップ