ダイビングスポット情報(西川名)

ダイビングスポット情報

西川名

にしかわな

●ダイビングスポット数:
ビーチ/1 ボート/4
●潜水可能時間:
9:00〜16:00
●ナイトダイビング:
不可
●エンリッチド・エア:
不可
●バディ(セルフ)ダイビング:
不可

★エリア概況

西川名は東京から車で約1時間半、JR内房線特急で約2時間、東京湾の入口、房総半島の先端、洲崎灯台を回りこんだ所に位置します。海は伊豆大島から回りこんでくる黒潮の影響から年間を通じて魚影が濃く、その種類の多さは群を抜いています。スポットは広大な岩群(トップ10m、ボトム24m、周囲2000m)を通称「大根(オオネ)」と呼んでおり、Aポイント・Bポイントに別れています。それぞれに四季を通じてヒゲダイ、モロコ、アナゴ等が見られ、クマノミの越冬も確認できます。そして5月からは回遊魚の群れが大根を回遊します。特に圧巻なのはトビエイの大群です。多い時には100〜200匹群れが大根を回遊します。
西川名では根と根が生み出す谷間や砂地、ソフトコーラルで飾られた根などの変化に富んだ地形がそれぞれのポイントで楽しめます。ぜひ一度お越しください。

過去1年間の情報

★現地からの最新情報 ※直近1週間の情報を掲載しています(最新情報:2018年01月21日)
館山ダイビングセンター 西川名オーシャンパーク
■水温:
(水面)約17℃ /(水中)約16℃
■透明度::
約21〜25m
■コメント:

P1210701P1210699


P1210681P1210674


P1210690P1210678











 1本目 8:572本目10:553本目 13:15
ポイントAAC
天候晴れ
晴れ晴れ
-m-m-m
気温6℃9℃9℃
水温16.7℃16℃16.8℃
潮流北→南南→北南→北(0.5)
透視度20〜25m15〜20m20〜25m



みなさんこんにちは☆ 今日も朝から晴天! 風も弱く生みはベタ凪です

○Aポイントからエントリー ほぼ潮止まり。

先ずはサメ穴へ。 ユウゼンを見せてあげたかったんですが。 奥の方にちらっと見えただけ(汗) う〜ん見えずらい。

テングダイはきれいに7匹並んでいました! オオセも同じ穴の中でじーっとしています。 タカノハダイも砂地で集合して会議してるみたいでした。

水底を良く見ると、ムカデミノウミウシやキイロウミコチョウが隠れていました。


○Aポイントからエントリー ほぼ潮止まり

西の山の麓で大きなモロコが2匹ホバリングしていました。

V字谷の中にはヒゲダイが10匹。谷の南側には更に20匹泳いでいました。

イソバナ壁には肌色のベニカエルアンコウ。 

1DIVE中、ずーっとコブダイが寄り添って泳いでくれていました♪  

サメ穴に行ったチームはテングダイが9匹並んでいるのをみたそうです!!


○Cポイントからエントリー やや逆潮

先ずはメバル谷へ。 壁沿いにはマルツノガニやキイロウミウシなどが張り付いていました。

モロコ谷をとおって離れ根へ。 東の亀裂にはヒゲダイとクエが揃ってクリーニング中でした。

V字谷ではヒゲダイが集合! V字谷の壁を生物探しながら移動すると、 亀裂で休憩するカメを発見しました! 我々に気づくとゆっくり泳いで去っていきました。




その後ブイ下で大きなヒラマサも登場しました!!


明日は気温も下がり寒くなりそうです。 皆様体調崩されないようにお気をつけ下さいませ。


TEL 0470-29-1411
テラモ




他 YouTube動画






2018年1月~3月の営業について
例年1月〜3月はお客様の少ない閑散期となっておりますが、皆様に快適に施設をご利用いただけるように、この期間内に普段実施することが出来ない各種メンテナンスを実施する予定でおります。
つきましては、2018年1月から3月の間、下記の通りの変則営業とさせていただきますので、お知らせいたします。

変則営業期間:平成30年1月16日(火)〜3月15日(木)

1月営業予定日
2月営業予定日

3月営業予定日





※この期間内、原則、土・日・祝日のみ営業

※ショップ様につきましては、ゲスト様4名以上の場合、平日のリクエストに随時応じます。ご相談下さい。




お客様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解賜りますよう、何卒、よろしくお願い致します。



千葉ダイビングサービス協力会主催

フォトコンテスト開催のお知らせ
フォトコン期日修正後この度、「第1回 おらが海の写真を撮っぺお フォトコンテスト」を開催することになりました。

千葉の海の素晴らしさを、広く皆さんに知っていただきたいと、千葉県下のダイビングサービスが加盟している「千葉ダイビングサービス協力会」主催により開催します。

特別審査員に、中村征夫氏とさかなクンをお迎えし、優秀作品には、各審査員賞と、各サービス賞を授与致します。

募集期間は2017年10月1日から2月28日まで。

各賞の発表は、2018年4月末に、千葉ダイビングサービス協力会のホームページにて行います。

詳細については、協力会加盟の各サービスのスタッフ宛にお問い合わせ下さい。

皆様のご応募、お待ちしております!!

千葉ダイビングサービス協力会HP:http://chibadiving.com/

館山ダイビングセンター 西川名オーシャンパーク
館山ダイビングセンター 西川名オーシャンパーク

★各スポットの情報  ※スポット名または地図内のフラッグをクリックすると詳しい情報が見られます

flag
中級者〜
■アクセス : ボート4分
■レベル : 中級者〜
■深 度 : 最大24m

■解説 :
Aブイよりエントリーの後、ガイドロープ沿いに進むと通称V字谷に到達。(-18m)底は砂地が広がり、ヒゲダイ、モロコ、イシダイ、カサゴ、メバル等が年間を通じて見られる。またAブイを基点にトビエイの根、サメ穴等西川名の代表的なスポットが続き、ドチザメの群れやトビエイの飛行(5月〜)など圧倒されるシーンが見られます。
■このエリアで見られる魚 :
ヒゲダイ、モロコ、イシダイ、カサゴ、メバル、ドチザメ、トビエイ
34.961134,139.750278
images/flag_m.png
flag
初心者〜
■アクセス : ボート4分
■レベル : 初心者〜
■深 度 : 最大20m

■解説 :
Bブイよりエントリー。大きな根に挟まれた谷間のポイント。メインコースは通称「メバル谷」と呼ばれており、谷底は岩床、西側の切り立った壁にはイソバナ等が多く、岩と砂地の境界に生息する生き物の観察もおもしろい。ここでも海底にはガイドロープが張られているので、迷うことなく楽しめる。
34.960932,139.751222
images/flag_m.png
flag
初心者〜
■アクセス : ボート1分
■レベル : 初心者〜
■深 度 : 最大10m

■解説 :
1m角のコンクリートの漁礁が海底に積まれ、カジメに覆われている。ここではイシダイ、アジ、ネンブツダイの群れが観察でき、根付きの魚が多い。西川名特有の潮流もなく安心して潜れるポイント。
■このエリアで見られる魚 :
イシダイ、アジ、ネンブツダイ
34.961451,139.755106
images/flag_m.png
flag
初心者〜
■アクセス : ビーチ
■レベル : 初心者〜
■深 度 : 最大8m

■解説 :
ダイビングセンターから徒歩5分。講習や体験ダイビングのポイントとして使われている。岩場からのエントリーなので足元に注意。中はカジメ等海藻に覆われ、その間にウミウシ、イザリウオ、マツカサ、時には沖縄以南の海域でしか見られない珍しい種類の生物が確認されています。
■このエリアで見られる魚 :
ウミウシ、イザリウオ、マツカサ
34.963245,139.754537
images/flag_m.png

ページトップ