ダイビングスポット情報(富戸)

ダイビングスポット情報

富戸

ふと

●ダイビングスポット数:
ビーチ/2 ボート/20
●潜水可能時間:
8:30〜16:30
冬期:8:30〜15:00(9/16〜5/15)
●ナイトダイビング:
不可
●エンリッチド・エア:
不可
●バディ(セルフ)ダイビング:

★エリア概況

今や東伊豆を代表する人気スポット。その立役者が『名物温泉丸』。なにしろエキジット後スーツのまますぐ入れるのがうれしい。水着になったらその名の通り温泉丸へ。天然なのでとても快適です。
 ダイビングの中心となるのが2つのビーチポイントです。大きな入江の中にあるので、北東風以外であれば比較的穏やかな海況です。その環境のせいか生物がものすごく多いのも特徴。フィッシュウォッチングにはうってつけのポイントです。
 温泉丸に並んで2つ目の名物が『アオリイカの産卵』です。6〜8月がみどころ。巨大なアオリイカ達がダイバーの目の前で次々と産卵していく光景はまさに感動です!ときには30〜50匹の群れをなして産卵しています。そんな神秘的な光景がビーチからエントリーしてすぐの所で見られるのでビギナーの方でも充分に楽しめるところも富戸の魅力のひとつです。
 その頃から12月頃まで死滅回遊魚でにぎわいます。ビーチポイントヨコバマのイソギンチャク畑にはたくさんのクマノミとミツボシクロスズメが集まり、またハタタテダイ数百匹の群れなど毎年色々な種類の南国の魚達がやってきます。1〜5月は水温が低いものの、冬場の透明度は最高。さらに色鮮やかなウミウシ達が多く見られるのもこの時季。砂地ではキアンコウやシャチブリなどの深海魚を、中層ではマンボウを狙ってみましょう。年間を通して人気のカエルアンコウも数多く観察できます。まさに富戸はフィッシュウォッチング天国といっても過言ではないでしょう。

過去1年間の情報

★現地からの最新情報 ※直近1週間の情報を掲載しています(最新情報:2019年01月14日)
マリンステージ
01月14日現在の情報
■水温:
(水面)約15℃ /(水中)約17℃
■透明度::
約11〜15m
■コメント:
天気: 気温:9℃ 水温:17℃ 透明度:12m


パンパカパァ〜ンッ
行ってまいりましたぁ〜・・・
IMG_7901
西伊豆お泊りTOUR~っ


皆さまこんにちはまげです
イヤぁ〜楽しかったなぁ〜、お泊り西伊豆
なんてったって・・・・
IMG_8966
このメンツですからねぇ〜
ご存知お客頭Kata~noさん、最速の女りょうこぷ、マスタング兄さん、雅美姐、そしてオマゲ
いやぁ〜飲んだね(笑)

では1泊2日の西伊豆の旅っ
お付き合い下さ〜い

1日目は雲見へ
雲見といえばぁ〜・・・
IMG_7917
やはり洞窟ですねぇ
そして群れレアもの
この写真でみんなが見ているものはぁ〜・・・
IMG_7914
とうとう富戸では見ることが出来なかったニシキフウライウオ
ちっちゃくて可愛ぃ〜

さらに洞窟の周辺には・・・
IMG_7924
シロクマと・・・

IMG_7910
クロクマも

からのぉ〜・・・・
IMG_7895
Kata~noさんの後ろ姿がカッコイイ件

しかもこの日でマスタング兄さんが300Dive到達っ
すごいねぇ〜怒涛の勢いですねぇ〜

お祝も兼ねてこの日の宴は・・・
IMG_8973
豪華dinner

この・・・・
IMG_8968

IMG_8974
ギブアップ必至の満腹海の幸
もぉ〜パンパンです

この後、トランプ大会からの・・・
IMG_8977
お絵かきしりとり大会(笑)
僕が寝落ちするまで続いた戦いですが、もぉ腹筋崩壊(笑)
意外と必死になっちゃうこのゲームはこんな・・・・
IMG_8993
表の部、僕的にツボはマス兄さんの鶴とネズミ

IMG_8994
裏の部はKata~noさんの秩父と国旗の意味が分かったら天才です(笑)
本当に楽しい夜だったのでした


翌日は朝食がもぉ・・・・
IMG_8979
幸せ
民宿のお母さんの手作りシリーズ攻撃で・・・
IMG_8980
白米が止まらないこと止まらないこと(笑)
本当に食事が美味しいお宿でした

朝食後はぁ〜・・・
IMG_7960
田子へ

田子といえばぁ〜・・・
IMG_7933

IMG_7937

IMG_7942
群れるキンギョハナダイとサクラダイ、そしてあまりにもカラフルなソフトコーラル達

そして僕的に超感動した・・・
IMG_7965
ジャジャンッ
ハナビラウオォ〜
分かります???
クラゲの中にクラゲに負けないサイズでいるヤツ

もぉ〜・・・・
IMG_7973

IMG_7976
大興奮です
西伊豆の海をお腹いっぱい胸いっぱい堪能したのでした


夕飯と朝ごはんでたんまり海の幸を堪能したマリステ軍団、もぉ海の幸はいらんということで・・・
IMG_8983
現地スタッフお勧めのイタリアンへ(笑)
皆この日に帰る予定だったのに、なぜか全員赤ワインのデキャンタで乾杯(笑)
もちそのまま皆さまお泊り決定です
しかしこのお店、マジで・・・
IMG_8986
美味しかったぁ〜

潜って飲んで騒いで
あ〜楽しかった
ご参加下さいましたKata~noさん、りょうこちゃん、マス兄さん、雅美姐、本当にありがとうございました
こりゃ恒例ツアーで、沢山の方をお連れしたいやつだなぁ〜
お腹も身体も大満足な2日間だったのでした


そして本日
急遽延泊してくれた雅美姐を連れて・・・
IMG_8024
赤沢にドボンッ

なんと赤沢ボートでドボンするとぉ〜・・・
IMG_8023
ハイックラゲ祭りっ
そしてクラゲウオ祭り
もぉこれだけで僕は満足ですっ

なのでLOGには・・・
IMG_8027
雅美姐画伯にクラゲウオ描いて頂きました
上手

ビーチでも・・・
IMG_7997
カミソリウオとか・・・

IMG_7998
マツカサウオは2匹いるし・・・

IMG_8016
ソフトコーラルと群れな感じが素敵だし
あ〜楽しかった
雅美姐、3日間本当にありがとうございました


さて、いよいよ今週末は沖縄
楽しみすぎるぅ〜〜
ご報告は帰って来たらしますねぇ〜

以上マゲでした
沖縄中もJIJIが皆さまのご来店をお待ちしておりま〜す

★各スポットの情報  ※スポット名または地図内のフラッグをクリックすると詳しい情報が見られます

flag
初心者〜
■アクセス : ビーチ
■レベル : 初心者〜
>>水中マップ
■その他 : スロープ・手すりあり
■解説 :
いまや東伊豆を代表するダイビングポイントのひとつとなった。ダイバーの間では常に人気ランキングの上位にノミネートされている。水中写真派やフィッシュウオッチング派はもちろん、水中でリラックスしたい人も楽しめる。初心者からベテランまで、あらゆるダイバーに満足感を与えてくれるポイントだ。
エントリーして右側のコースをたどると、イソギンチャクソフトコーラルの密生したエリアに出る。この辺りではクマノミソラスズメダイ、ベラの仲間など、おなじみのかわいい魚がよく見られる。またニシキフウライウオイザリウオ、ネジリンボウカクレエビなど、珍しい魚や生きものもよく見かける。
砂地には空飛ぶ貝(ツキヒガイ)や、ヒラメ、アサヒガニ、エイ、サメの仲間などがいる。
初夏にはアオリイカの産卵のための漁礁を設置するので、産卵からハッチアウトまでじっくり観察することができる。
秋には成長した各種死滅回遊魚、ブリカンパチなどの大型の回遊魚が見られる。毎年10月には水面から海底までを覆い尽くすボラの群れがやってくる。また200匹を超えるムレハタタテダイの大群も感動ものだ。
冬にはサギフエアンコウなどの深海もののほか、マンボウも現れることがある。透明度のあがった海では生き残った死滅回遊魚のけなげな姿をぜひ見よう。
34.895888,139.132941
images/flag_m.png
flag
初心者〜
■アクセス : ビーチ
■レベル : 初心者〜
>>水中マップ
■その他 : スロープ・手すりあり
■解説 :
ゴロタと砂地の海底にはヒラタエイ、アカエイ、ギンポ系の小物やカクレエビ系の小物がどっさり。岩場にはウミウシいろいろ、イロイザリタツノオトシゴなどなどなど。春から初夏にかけてはネコザメの赤ちゃんやサカタザメ、アサヒガニなどに会える可能性大! またこの時期に見られるアオリイカの産卵シーンは感動感涙間違いなし。今年の冬に入れた人口漁礁にはボラメジナなどもいて見ていて飽き
34.89848,139.132168
images/flag_m.png
flag
中級者〜
■アクセス : ボート10分
■レベル : 中級者〜
>>水中マップ
■流 れ : 時々流れる
■解説 :
まず水深20mの砂地では、1mを超えるヒラメカスザメが見られる。次に点々と続くソフトコーラルのついた鮮やかな岩場を抜けていくと、上22m、下27mの巨大な「ステージ」に到達。ステージにもびっしりとソフトコーラルがついている。キンギョハナダイシラコダイが群れる中ステージで待っていると、トビエイの群れ(30〜60尾も!)やカメ、ドチザメ、サカタザメなど見られることも。他にはマツカサウオ団地やイサキ、コブダイ、マダイ、イシダイの老成魚など伊豆でこんな風景が見られるなんて! というオドロキのポイント。別名富戸パラオ。 浮上時に安全減圧停止をするので、中性浮力がきちんととれる必要がある。
34.912153,139.14309
images/flag_m.png
flag
初・中級者〜
■アクセス : ボート2分
■レベル : 初・中級者〜
>>水中マップ
■流 れ : あり
■解説 :
魚影の濃さとソフトコーラルの色鮮やかさは富戸でNO.1。
水深5mからゴロタの斜面を降りていくと、水深15mぐらいからソフトコーラルの華やかな世界が広がる。そこにいるのはムツの群れ、アジの群れ、タカベの群れ、イサキの群れ、テングダイの群れ、巨大イスズミの群れ、巨大クロメジナの群れ、と群れ群れ群れの大行進! 他にも巨大ネコザメなどのサメの仲間や巨大クエなどいろいろ見られる。
水深は25m位から急深となり30m、40mと落ちて行く。時として潮が強く当たる時があるので要注意。ビギナーはガイドと一緒なら安心。
34.896403,139.137232
images/flag_m.png

ページトップ