ダイビングスポット情報(富戸)

ダイビングスポット情報

富戸

ふと

●ダイビングスポット数:
ビーチ/2 ボート/20
●潜水可能時間:
8:30〜16:30
冬期:8:30〜15:00(9/16〜5/15)
●ナイトダイビング:
不可
●エンリッチド・エア:
不可
●バディ(セルフ)ダイビング:

★エリア概況

今や東伊豆を代表する人気スポット。その立役者が『名物温泉丸』。なにしろエキジット後スーツのまますぐ入れるのがうれしい。水着になったらその名の通り温泉丸へ。天然なのでとても快適です。
 ダイビングの中心となるのが2つのビーチポイントです。大きな入江の中にあるので、北東風以外であれば比較的穏やかな海況です。その環境のせいか生物がものすごく多いのも特徴。フィッシュウォッチングにはうってつけのポイントです。
 温泉丸に並んで2つ目の名物が『アオリイカの産卵』です。6〜8月がみどころ。巨大なアオリイカ達がダイバーの目の前で次々と産卵していく光景はまさに感動です!ときには30〜50匹の群れをなして産卵しています。そんな神秘的な光景がビーチからエントリーしてすぐの所で見られるのでビギナーの方でも充分に楽しめるところも富戸の魅力のひとつです。
 その頃から12月頃まで死滅回遊魚でにぎわいます。ビーチポイントヨコバマのイソギンチャク畑にはたくさんのクマノミとミツボシクロスズメが集まり、またハタタテダイ数百匹の群れなど毎年色々な種類の南国の魚達がやってきます。1〜5月は水温が低いものの、冬場の透明度は最高。さらに色鮮やかなウミウシ達が多く見られるのもこの時季。砂地ではキアンコウやシャチブリなどの深海魚を、中層ではマンボウを狙ってみましょう。年間を通して人気のカエルアンコウも数多く観察できます。まさに富戸はフィッシュウォッチング天国といっても過言ではないでしょう。

過去1年間の情報

★現地からの最新情報 ※直近1週間の情報を掲載しています(最新情報:2018年06月19日)
マリンステージ
06月19日現在の情報
■水温:
(水面)約1℃ /(水中)約1℃
■透明度::
約-m
■コメント:
皆さまこんにちは マゲです
行ってきましたぁ〜・・・
集合写真
八丈島ぁ〜
(photo by オギリン

前線の影響で、台風並みの大波 暴風 豪雨
飛行機は着陸を試みて失敗し、急上昇して再アタック
飛行機嫌いの僕にとっては寿命が20年縮む程の恐怖でしたが
と言うわけで、スタート前から波乱含み、8年ぶりの八丈島ツアーのご報告です

【1日目】
八丈島は船と飛行機、どちらでも行く事が出来ます
飛行機嫌いの僕としては推しだったんですが、お客様皆様でということで・・・
IMG_6269
無事に全員羽田空港に集合っ
今回のメンバーはご予約順に・・・
言い出しっぺのTsuneさんYukaさんご夫妻
愉快な仲間達の黒幕、Yumiちゃん
マゲツアー常連の大ちゃん
2000本間近の姫さま
パンパンのパンちゃん
1週間前の三宅ツアーに続き、連続参加のピロちゃん
そしてマゲの8名で行ってまいりましたぁ

しかしこの時点ですでに電光掲示板には天候調査の文字が
もぉドキドキしちゃいます

6時40分に天候調査がされて、その結果・・・
離陸しても着陸しない可能性あり
もぉ飛行機に乗った時の僕の顔は…
IMG_6426
(photo by 大ちゃん
こんなんす
若干顔色悪いでしょ

元気だったのは、飛行機含め乗り物大好きな・・・
IMG_6273
ピロちゃんくらいだった訳で

この後のことは冒頭でお話した通り、ちょっとチビッたわけでしたが、30分以上遅れて無事に・・・
IMG_6276
空港到着ぅ〜っ
そうです
今回の旅の目的の一つでもある、八丈島のマゲそっくりさん疑惑な・・・
IMG_6429
オギリンとの4回目の遭遇ぅ〜っ
似てますかね?本人たち同士はちっとも思ってませんがね(笑)
しかも気づいちゃったんですが、オギリン眉毛垂れてないやん

飛行機が遅れた事もあり、慌ててShopのアラベスクさんへ慌てて準備して・・・
IMG_6414
(photo by オギリン)レッツなずまどぉ〜っ
水中はぁ〜・・・
IMG_6436
(photo by ピロちゃん
カメッ
IMG_6448
(photo by 大ちゃん
カメッ

カメだらけだってばよぉ〜っ
このカメさんはアオウミガメと言って、小笠原を最大の繁殖地とする、ダイビングでは定番のカメさんです
しかもめっちゃ寄れるんだなぁ〜っ
もぉカメ放題です
1本目と2本目にナヅマド、3本目に八重根に潜って、この日のダイビングを終えたのでした

でもね、もちろん飛行機が危うかったくらいの前線がいたので・・・
休憩時間が台風中継だっての(笑)
いやぁすさまじい風だったぁ〜

じつはまさか3本も安全に潜れると思っていなかったので、嬉しさ極まって・・・
IMG_6286
ハイ、乾杯ぁ〜いっ
生ビールが飲めるってのも、アラベスクさんのイイところ
外はビューッビューッでしたが、これでもぉみんな元気です(笑)

夕飯はオギリンオススメのお店で、2回目の・・・
IMG_6293
乾杯ぁ〜いっ
島の焼酎八重椿が美味しくって、さらに姫様懇願のクサヤメニューオンパレードにて、もぉ幸せでございました
8人で700mlの八重椿を3本余裕だぜぇ〜
楽しい夜はアッという間に更けていったのでした


【2日目】
今回のお宿は、オギリンのオススメで・・・
IMG_6431
(photo by 大ちゃん
満天望さん
朝食だけお願いしてのお泊りでしたが・・・
IMG_6300
すげぇイイッ
糖質制限ちゅうの僕が、うっかり白米2膳頂いてしまう最高の献立です

朝食を済ませ、この日もナヅマドへ直行っ
日本屈指のビーチポイントですから、毎日何回入っても飽きまへんっ
1本目はマクロで・・・
2
1
(photo by Tsuneさん
ウミウシ三昧
もともとマクロ系のShopにいたオギリンは、実はマクロがメチャクチャ得意だったりするのです

2本目はワイドで・・・
この癒しっっ
キンギョハナダイ、スズメダイ、キンチャクダイ系わっさわさですよ

KQES3007
キビレマツカサは真っ赤でキレイだし・・・
TXIG0133
日本固有種のユウゼン無ムレムレだし・・・
翌日の飛行機のことを考慮して午後は潜れませんが、もぉ午前中で大満足
八丈島の海の素晴らしさを、みんなお腹いっぱい満喫してきたのでした

2本潜ったら・・・
IMG_6320
ランチへポケットさんでプシュッ
ボリューム満点の・・・
IMG_6321
肉メニューを堪能しましたっ
これ前日が魚メニューだった次の日のランチあるあるです(笑)
ちなみにこれは、ピロちゃんが食べたハンバーグとガーリックチキンのおっぱい

そしてあっちゃこっちゃ観光しつつ、待望の・・・
IMG_6325
IMG_6323
ジャージーソフトを堪能
いやぁ・・・お腹爆発5秒前です

夜はオギリンが腕を振るう、島野菜の・・・
IMG_6351

IMG_6347

IMG_6343

IMG_6331

IMG_6337
パ-チーッ
で・・・・
乾杯ァ〜イッ
本料理人という事だけあって、いやぁ旨かったなぁ
12時近くまでやって、途中でオギリンの奥さんの演奏会も始まり、もぉ大満足

からの・・・
IMG_6353
2次会in満天望
なんと8人で2升を空けて・・・チーンッ
翌朝の僕がパッパラパァになっていたのは言うまでもありません(笑)
2日目の夜は、なかなか更けなかったのでした


【3日目】
最終日は飛行機離陸まで八丈島観光っ
八丈富士をグングン登って(もち車でww)・・・
IMG_6377
IMG_6381
IMG_6435
(photo by ピロちゃん
絶景ゲットォ〜ッ

水平線が・・・
まあるいの
からのぉ〜・・・
動画だったやつーっ(笑)

今度はグングン山を下って、晴れてる時に撮りたかった・・・IMG_6392
ナヅマドと・・・

IMG_6388
八丈小島
うんうん、こりゃ映えぇ〜〜っ

フィナーレは・・・
IMG_6402
八丈空港のラウンジでプシュッ
車だった僕と大ちゃんはお預けでしたけどね(笑)

よく潜り、よく食べ、よく飲み、よく遊んだ3日間でした
低気圧と前線で、もはやダメかと思ったスケジュールも、ほぼ予定通りに達成っ
こりゃ大成功だったんでわぁ〜〜っ

空港で最後の・・・
IMG_6416
パシャリ
ご参加下さいました皆さま、ありがとうございました
久々の、しかも悪天候の八丈島でしたが、皆さまのお陰でマリステの歴史に残る素敵なツアーとなったと思います
本当に、本当にありがとうございました
来年も絶対、八丈島に行くどぉ〜〜っ
と、暑く強い決意を抱いたところで、長かったご報告Blogも終わろうかと思います(笑)

ここからはphoto gallery
IMG_6289
☆そんなに似てるかね?☆

IMG_6427
(photo by 大ちゃん
☆酒が飲める人と、飲めない人の顔の差☆

IMG_6434
☆こんな写真を撮るのはピロちゃん☆

IMG_6453
(photo by Yukaさん
☆ジャージーうし☆

IMG_6450
(photo by Yukaさん
☆大展望からの八丈小島☆

ちゃんちゃん

マリンステージ
ドルフィンウェーブ
ドルフィンウェーブ
ドルフィンウェーブ
マリンステージ
ドルフィンウェーブ

★各スポットの情報  ※スポット名または地図内のフラッグをクリックすると詳しい情報が見られます

flag
初心者〜
■アクセス : ビーチ
■レベル : 初心者〜
>>水中マップ
■その他 : スロープ・手すりあり
■解説 :
いまや東伊豆を代表するダイビングポイントのひとつとなった。ダイバーの間では常に人気ランキングの上位にノミネートされている。水中写真派やフィッシュウオッチング派はもちろん、水中でリラックスしたい人も楽しめる。初心者からベテランまで、あらゆるダイバーに満足感を与えてくれるポイントだ。
エントリーして右側のコースをたどると、イソギンチャクソフトコーラルの密生したエリアに出る。この辺りではクマノミソラスズメダイ、ベラの仲間など、おなじみのかわいい魚がよく見られる。またニシキフウライウオイザリウオ、ネジリンボウカクレエビなど、珍しい魚や生きものもよく見かける。
砂地には空飛ぶ貝(ツキヒガイ)や、ヒラメ、アサヒガニ、エイ、サメの仲間などがいる。
初夏にはアオリイカの産卵のための漁礁を設置するので、産卵からハッチアウトまでじっくり観察することができる。
秋には成長した各種死滅回遊魚、ブリカンパチなどの大型の回遊魚が見られる。毎年10月には水面から海底までを覆い尽くすボラの群れがやってくる。また200匹を超えるムレハタタテダイの大群も感動ものだ。
冬にはサギフエアンコウなどの深海もののほか、マンボウも現れることがある。透明度のあがった海では生き残った死滅回遊魚のけなげな姿をぜひ見よう。
34.895888,139.132941
images/flag_m.png
flag
初心者〜
■アクセス : ビーチ
■レベル : 初心者〜
>>水中マップ
■その他 : スロープ・手すりあり
■解説 :
ゴロタと砂地の海底にはヒラタエイ、アカエイ、ギンポ系の小物やカクレエビ系の小物がどっさり。岩場にはウミウシいろいろ、イロイザリタツノオトシゴなどなどなど。春から初夏にかけてはネコザメの赤ちゃんやサカタザメ、アサヒガニなどに会える可能性大! またこの時期に見られるアオリイカの産卵シーンは感動感涙間違いなし。今年の冬に入れた人口漁礁にはボラメジナなどもいて見ていて飽き
34.89848,139.132168
images/flag_m.png
flag
中級者〜
■アクセス : ボート10分
■レベル : 中級者〜
>>水中マップ
■流 れ : 時々流れる
■解説 :
まず水深20mの砂地では、1mを超えるヒラメカスザメが見られる。次に点々と続くソフトコーラルのついた鮮やかな岩場を抜けていくと、上22m、下27mの巨大な「ステージ」に到達。ステージにもびっしりとソフトコーラルがついている。キンギョハナダイシラコダイが群れる中ステージで待っていると、トビエイの群れ(30〜60尾も!)やカメ、ドチザメ、サカタザメなど見られることも。他にはマツカサウオ団地やイサキ、コブダイ、マダイ、イシダイの老成魚など伊豆でこんな風景が見られるなんて! というオドロキのポイント。別名富戸パラオ。 浮上時に安全減圧停止をするので、中性浮力がきちんととれる必要がある。
34.912153,139.14309
images/flag_m.png
flag
初・中級者〜
■アクセス : ボート2分
■レベル : 初・中級者〜
>>水中マップ
■流 れ : あり
■解説 :
魚影の濃さとソフトコーラルの色鮮やかさは富戸でNO.1。
水深5mからゴロタの斜面を降りていくと、水深15mぐらいからソフトコーラルの華やかな世界が広がる。そこにいるのはムツの群れ、アジの群れ、タカベの群れ、イサキの群れ、テングダイの群れ、巨大イスズミの群れ、巨大クロメジナの群れ、と群れ群れ群れの大行進! 他にも巨大ネコザメなどのサメの仲間や巨大クエなどいろいろ見られる。
水深は25m位から急深となり30m、40mと落ちて行く。時として潮が強く当たる時があるので要注意。ビギナーはガイドと一緒なら安心。
34.896403,139.137232
images/flag_m.png

ページトップ