ダイビングスポット情報(五島列島・上五島)

ダイビングスポット情報

五島列島・上五島

ごとうれっとう・かみごとう

●ダイビングスポット数:
ビーチ/確認中 ボート/確認中
●潜水可能時間:
確認中
●ナイトダイビング:
確認中
●エンリッチド・エア:
確認中
●バディ(セルフ)ダイビング:
確認中

★エリア概況

五島列島は、長崎市から西方沖約100kmの東シナ海に浮かぶ大小140余りの島々からなり、ダイナミックな地形と大自然が数多く残っていて黒潮の影響を色濃く受け、サンゴや大小さまざまな魚が生息し、南方系の生き物や日本海で見られる生き物が群れ合い、ワイドからマクロまで幅広いダイビングが可能です。
上五島エリアには、上五島を代表するポイントの一つである、大海原にひっそりと沈む遺跡ポイント高麗曽根があります。

過去1年間の情報

※直近1週間の更新情報はありません。

★各スポットの情報  ※スポット名または地図内のフラッグをクリックすると詳しい情報が見られます

flag
中級〜
■アクセス : ボート
■レベル : 中級〜
■深 度 : 平均18m/最大30m

■解説 :
周囲2kmにわたり、5m〜30mの瀬が広がり、周りには島影もなく、大海原にひっそりと沈むポイント、ここは、黒潮が直接あたるため、透明度も高く魚影が濃い、そして5月下旬から6月上旬にかけて、イシダイの産卵のためものすごい数のイシダイが集まる。
全国的に見てもとても珍しいポイントです。
海底に消えたという「高麗島」の伝説は、民族学者柳田国男「島の人生」にも出てくる「高麗島」伝説は有名です。
33.153649,128.763885
images/flag_m.png
flag
初級〜
■アクセス : ボート
■レベル : 初級〜
■深 度 : 平均18m/最大40m

■解説 :
五島列島で最北端のポイント。ドロップオフになっていて、40m位まで落ちる。水深22mの所にアーチがあり、ネンブツダイやアジなどが群れている。アーチをくぐりぬけると、イサキの大群やブリ、ヒラスなどの青物。
そして5月〜7月にかけては、上りダイ(マダイ)の群れも見られる。夏場にかけては、トビエイの群れが見られる確率が高くなる。
※秋口になると、季節風の影響で潜れなくなる。稀にヒメイトマキエイも見れる!
33.066226,129.060516
images/flag_m.png
flag
初級〜
■アクセス : ボート
■レベル : 初級〜
■深 度 : 平均15m/最大30m

■解説 :
沈み瀬のポイントで、水深7m〜30m位。瀬の頂上には、キンギョハナダイやソラスズメなどの小魚が群れている。沈み瀬が東西に伸びていて、ダイナミックな地形やソフトコーラルが見所。
潮通しが良いので大型の回遊魚が回ってくる。拳、以上のサザエにも注目。
33.032844,129.028931
images/flag_m.png
flag
初級〜
■アクセス : ビーチ
■レベル : 初級〜
■深 度 : 平均6m/最大10m

■解説 :
有川町の頭ヶ島と言う所にある。海水浴場で綺麗な砂浜が広がっている。回りの岩場には、ソラスズメやハタタテダイなどの小魚や砂地には、ダテハゼやテッポウエビが数多く見られる。主に講習で使っているポイント。
33.015429,129.186001
images/flag_m.png
flag
初級〜
■アクセス : ビーチ
■レベル : 初級〜
■深 度 : 平均10m/最大18m

■解説 :
若松島の南側にあり、北よりの風に強いので冬場でも潜れる。階段があるので、エントリー・エキジットが楽に出来る。水中はサンゴやソフトコーラル、砂地が広がる。
沖まで行くと、漁礁があり潮通しがいいので回遊魚なども見れる。手前では、講習も出来る。
32.8669,128.973484
images/flag_m.png
flag
初級〜
■アクセス : ボート
■レベル : 初級〜
■深 度 : 平均15m/最大40m

■解説 :
最近開拓したばかりのポイントで、久賀島の西側にある灯台ポイント。水深5m〜40mで、水深12mの所にアーチが2つあり連続して、通り抜けることが出来る。
大型のアオブダイやなんといっても、このポイントには30cmもあるオオモンイザリウオがいる。他にもカイメンの回りを探すとイザリウオがいることがあるので探して見るのも面白い。
※他のポイントよりも水温が1〜2度高く透明度も良い。
32.844981,128.84903
images/flag_m.png
flag
初級〜
■アクセス : ボート
■レベル : 初級〜
■深 度 : 平均15m/最大30m

■解説 :
三ツ瀬の隣りにある沈み瀬で、ソフトコーラルやテーブルサンゴ、そして、それに絡みあうようにして、色とりどりの小魚が所狭しと群れあっている。海の中がお祭りのような所から博多ドンタクにちなんでドンタクと言う名前がついた。
水深3m〜30m、瀬の回りをゆっくり一周出来るので、いろんな生物を見つけながら潜れる。このポイントでも大型のヒラメを見ることが出来る。
32.820749,129.033051
images/flag_m.png
flag
中級〜
■アクセス : ボート
■レベル : 中級〜
■深 度 : 平均17m/最大35m

■解説 :
名前の通り3つの瀬からなるポイントで、水深10m〜35m見所は、ダイナミックな地形とソフトコーラル。そして、5月〜8月にかけて、大型のヒラメを見る事が出来る。触れることも可能。岩の割れ目を覗くと、イセエビがいるので、ライトをもって行くと良い。
岩の隙間をぬって、タカサゴ、タカベやイサキが大群で目の前まで追ってくる。北よりの風に強いので冬場も潜れる。夏場にはシイラ、カツオ等が見れる。
32.801705,129.046783
images/flag_m.png
flag
初級〜
■アクセス : ボート
■レベル : 初級〜
■深 度 : 平均10m/最大20m

■解説 :
奈留島の東側にあり、流れもなく水深も比較的浅いので、初心者向きのポイント。砂地が広がっていて岩場にサンゴの群生があり、種類も豊富。講習にも使えるポイント。
場所を少し移動するだけで起伏のある、まったく違った感じのポイントになる。水深15mの所には、イシダイやコロダイ、カゴカキダイの群れが見られイセエビもいる。
32.790161,128.954086
images/flag_m.png
flag
中級〜
■アクセス : ボート
■レベル : 中級〜
■深 度 : 平均15m/最大30m

■解説 :
水深3m〜30mで、潮通しがとても良くて、大潮の時は、潜れないが、ソフトコーラルが岩肌にびっしり群生し、まるで、お花畑のような、とても美しいポイントです。アジやイザキ、タカベなどが壁のように群れてまるで、水族館の中にいるような雰囲気。
大型のマダラエイやキビナゴを追ってカンパチやブダイなどが、バトルを繰り広げるのも見所です。
32.780925,128.942413
images/flag_m.png
flag
中級〜
■アクセス : ボート
■レベル : 中級〜
■深 度 : 平均20m/最大40m

■解説 :
男女群島でも超級ポイント、潮の流れをもろに受けるので、潜るのにタイミングが必要だが、海の中は切り立った岩にソフトコーラルがびっしりと張り付き、その岩と岩の隙間を縫うようにして魚が所狭しと泳ぎ回り、ときおり大型の回遊魚が、小魚を追い回すといった、ド迫力なポイント。ここではイトマキエイも確認されている。
32.058136,128.382111
images/flag_m.png
flag
中級〜
■アクセス : ボート
■レベル : 中級〜
■深 度 : 平均20m/最大35m

■解説 :
ポイント説明:マルタ瀬の近くにあるポイントで、流れはあるが瀬が大きく影になるのでゆっくり潜る事ができるが、影の外に行くと流れがすごいので注意が必要。
水深25〜28メートルの所にあるイソバナにピグミーシーホースが確認されている。他にもここには、カメも頻繁に姿を現しダイバーを楽しませてくれる。水中の景観もトリッキーで面白い。
32.060901,128.400307
images/flag_m.png
flag
中級〜
■アクセス : ボート
■レベル : 中級〜
■深 度 : 平均20m/最大30m

■解説 :
女島の東側にあり、潮の流れもほとんど無く比較的ゆっくりと潜れる。ここは、沈船ポイントで水深20メートル位の所に朽ち果てた船が沈んでいて、その下にイセエビやアカマツカサが隠れている。周りは起伏のある岩場で、テーブル珊瑚が重なり合って群生している。その周りをキンギョハナダイが、壁のように泳ぎ回っているポイント。
31.996576,128.339024
images/flag_m.png
flag
中級〜
■アクセス : ボート
■レベル : 中級〜
■深 度 : 平均20m/最大35m

■解説 :
女島の南側に瀬が2つ並んであり地形が面白く魚種、魚影が濃いポイント。ここは、主にドリフトダイビングで流れに乗って潜り、地形やフィッシュウォッチングを楽しめるポイント。
31.982453,128.343143
images/flag_m.png

ページトップ