ダイビングスポット情報(浮島)

ダイビングスポット情報

浮島

ふとう

●ダイビングスポット数:
ビーチ/1 ボート/5
●潜水可能時間:
8:30〜16:00
●ナイトダイビング:
可(毎日開催)
●エンリッチド・エア:
不可
●バディ(セルフ)ダイビング:

★エリア概況

西伊豆の中央よりやや南、複雑に入り組んだ海岸線が続く美しい景勝地に位置する浮島です。
周囲を緑に囲まれたプライベート感たっぷりな浮島ビーチは、洞窟、クレパス、アーチ、砂地と地形でも楽しめ、水深も浅めでマクロ派ダイバーもエアーや窒素を気にせず、のんびりダイビングできます!また夏から秋にかけて、ボートポイントでの魚の群れは圧巻です♪
サービスの前がすぐ海という立地条件にも恵まれ、ビーチエントリーは楽々です。ボートビーチ問わず、多種多様のウミウシを観察できるのも特徴です。また、1年中ナイトダイビングできるのも魅力の一つでもあります。

過去1年間の情報

※直近1週間の更新情報はありません。

★各スポットの情報  ※スポット名または地図内のフラッグをクリックすると詳しい情報が見られます

flag
地形が面白いスポットです マクロ系が豊富なスポットです
ビギナー〜
■アクセス : ダイブセンターの目の前
■レベル : ビギナー〜
>>水中マップ
■深 度 : 平均6m/最大13m

■流 れ : なし
■解説 :
ホール、アーチ、トンネルなど多彩な地形に富んだ静かな入り江。ビーチ中央には、広い砂地もあり、漁礁、ガイドロープも設置されており、安心感も満点。マクロ生物が多く、特にウミウシは1年を通してその種と数は驚異的で知名度は全国的。バデイとのセルフダイビングもOKでフォトダイブにも最適。
■このエリアで見られる魚 :
季節で見られる魚
コロダイ、ハマフエフキ、シマアジ、カンパチ、トビエイ、サカタザメ、クロユリハゼ、アカハチハゼ、カミソリウオ、ニシキフウライウオ、タツノオトシゴ、タツノイトコ、イザリウオ、セミホウボウ、ハタタテダイ

よく見られる幼魚
コロダイ、ツマジロモンガラ、キヘリモンガラ、ゴマモンガラ、ツユベラ、セジロノドグロベラ、クロフチススキベラ、スミツキベラ、ツユベラ、テンス、クロユリハゼ、キヌバリ、トノサマダイ、スミツキトノサマダイ、ヤリカタギ、ウミヅキチョウチョウ

34.794422,138.757796
images/flag_m.png
flag
回遊魚との遭遇率が高いスポットです 地形が面白いスポットです マクロ系が豊富なスポットです
ビギナー〜上級
■アクセス : ボート4〜5分
■レベル : ビギナー〜上級
>>水中マップ
■深 度 : 平均10m/最大30m

■流 れ : 比較的 ゆるやか
■解説 :
カマガ根のエントリーポイントは3カ所あり、それぞれに個性的な景観をもち、チョイスによって楽しみ方はいろいろ。ダイナミックなクレパスや広大な砂地と生物も様々。夏から秋にかけては、回遊魚の群れ。マクロ生物も甲殻類からウミウシまでかなりの種がみられることで人気も高い。
34.798211,138.748848
images/flag_m.png
flag
回遊魚との遭遇率が高いスポットです 地形が面白いスポットです
中級以上〜上級
■アクセス : ボート6〜7分
■レベル : 中級以上〜上級
>>水中マップ
■深 度 : 平均15m/最大30m

■流 れ : 常時あり(緩やかな時〜激しい時も)
■解説 :
鮮やかに群生するソフトコーラルとダイナミックな地形にあっと目を奪われるほどのポイント。その景観の中に群れる魚達も迫力満点で人気は絶大。夏から秋は、回遊魚、根魚も多く根の周りでは、連日トルネード状態の魚の群れに巻かれる。
■このエリアで見られる魚 :
通年見られる生物
イザリウオ、マダイ、モロコ、アカハタ、ルリハタ、キンギョハナダイ、チョウチョウウオ類、スズメダイ、ウミウシ(エノキミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、サラサウミウシ、オトメウミウシ、キイボキヌハダウミウシ、コイボウミウシ、ウデフリツノザヤウミウシ、キイロイボウミウシ、アオウミウシなど)カクレエビ他甲殻類多数

季節でみられる生物
5〜10月・・・イサキ・タカベ・アジ・イワシなどの群れ、カンパチ・ワラサ・ツムブリの群れ、コロダイ・ハマフエフキの群れ

34.795057,138.72282
images/flag_m.png
flag
回遊魚との遭遇率が高いスポットです 地形が面白いスポットです
ビギナー〜
■アクセス : ボート15分
■レベル : ビギナー〜
>>水中マップ
■深 度 : 平均10m/最大28m

■流 れ : なし
■解説 :
巨岩、巨石が並ぶダイナミックな地形。根付きの大形の魚達が多く迫力あり。回遊魚も周り、エイ、ネコザメ、ヒラメなど砂地の生物もみられる。ウミウシも豊富。河口域に近いため海況・季節・雨を見極めてエントリーする必要がある。
■このエリアで見られる魚 :
通年見られる生物
イザリウオ、ハナタツ、チョウチョウウオ類、スズメダイ、イソハゼ、ベニハゼ、カスリハゼ、イトヒキハゼ、クサハゼ、アカエイ、ドチザメ、マダイ、クエ、ウミウシ類(ミノウミウシをはじめ多数)、甲殻類多数 など。

季節でみられる生物
5〜10月・・・イサキ・タカベ・アジ・イワシなどの群れ、カンパチ・ワラサ・ツムブリの群れ、コロダイ・ヘラヤガラ、フエヤッコ、レンテンヤッコ、チョウチョウウオをはじめとする季節来遊魚など。
12月〜3月・・・ウミウシ類が

34.768339,138.765907
images/flag_m.png

ページトップ