ダイビングスポット情報

早川

はやかわ

●ダイビングスポット数:
ビーチ/1 ボート/1
●潜水可能時間:
8:00〜16:00
●ナイトダイビング:
毎日開催 日没〜21:00
●エンリッチド・エア:
不可
●バディ(セルフ)ダイビング:
可 (アドバンス以上、潜水経験本数50本以上)

★エリア概況

神奈川県南西部に位置し、長い歴史と伝統や文化、豊かな自然に恵まれた小田原の入口にあるダイビングスポットです。
首都圏からのアクセスが抜群で、電車は新幹線利用可、車は有料道路降りてすぐという利便性が高く、毎日開催しているナイトダイビングは日帰りを可能にします。
なんといっても熱海、伊豆方面へ向かう海岸線の渋滞にハマることがないのがとてもうれしいポイントです。
早川のダイビングスポットの近くには小田原漁港がありダイビング後に美味しいご飯を食べに立ち寄ることもでき、アフターダイブに食事のほか観光も可能です。
ダイビングエリアの陸上は開放的で自由度が高く、海はエントリー口が湾になっているので初心者からエントリーがしやすく、フラットな砂地は講習には最適です。
近場で講習からファンダイビングまで気軽に楽しめるスポットです。

過去1年間の情報

★現地からの最新情報 ※直近1週間の情報を掲載しています(最新情報:2018年12月10日)
12月10日現在の情報
■水温:
(水面)約18℃ /(水中)約19℃
■透明度::
約11〜15m
■コメント:
『待ちに待ったミドリダンゴの登場だ〜♪』
というわけで早川ビーチから本日の最新情報のご報告です。

ダンゴウオシーズン到来にて、可愛らしいダンゴちゃんが日々新しく見つかっておりますー。
現在ダンゴ広場で見られるのは、赤ダンゴ、緑ダンゴ、ピンクダンゴなどカラーバリエーションも楽しめますよ。

ダンゴウオ観察の際には、現地サービスからオリエンテーションを受けてマナーある接し方をお願いします。

ダンゴウオ以外にも、マクロネタが激アツな早川ビーチ!
カンムリベラ、ツユベラ、サザナミヤッコ、ヘコアユ、オビテンスモドキ、カミソリウオ、ホソフウライ、ハタタテダイなどなど、浅場は見所満載のパラダイス状態です。
今年は特にマツカサウオの赤ちゃんが数多く目に付きます。1円玉サイズから10円玉サイズまで可愛らしいおチビちゃんで溢れかえっていますよ。

以上、ダンゴウオ発見で賑わう小田原早川ビーチより【ラグナ】がお届けしました〜♪

☆☆☆☆☆☆
早川ダンゴウオツアー、2ビーチ:11,500円(税別)〜♪
※JR小田原駅まで送迎あり
可愛いアイドル、ダンゴウオを撮影にぜひいらしてくださいね。
皆さんのご予約お待ちしておりますー

2018年新調レンタルドライスーツ各サイズ揃っております。
ドライスーツが初めての方にはオリエンテーションも行なっております。
ご利用ください。

★各スポットの情報  ※スポット名または地図内のフラッグをクリックすると詳しい情報が見られます

flag
初心者〜
■アクセス : ビーチ
■レベル : 初心者〜
■深 度 : 平均7〜8m/最大15m

■その他 : ガイドロープ有、講習用30mロープ有
■解説 :
EN/EX場所は正面テトラにより湾になっていて、テトラを抜けると砂紋広がる砂地になっている。フラットな砂地の為、初心者講習からおススメ。
100m先には漁礁(-10m)がありアジやカンパチ、ブリなの季節によって回遊魚が群れを成し、魚影の濃さに圧巻。
砂地にはツバクロエイなどエイ類やサメ等の大物、他のスポットでは見られない稀種のバラヒラベラなど高確率で出会えます。ベラギンポやクロイシモチの集団エリアも見所である。
岩場のおススメは何といってもダンゴウオ。特に毎年12月から親ダンゴウオが産卵準備で姿を現してくれる。
冬のアイドル親ダンゴウオから子ダンゴウオまでダイバーを楽しませてくれる。
■このエリアで見られる魚 :
親ダンゴウオ、子ダンゴウオ、スナビクニン、ツバクロエイ、バラヒラベラ、カエルアンコウ、ムレハタタテダイ、ミナミハコフグ、アオリイカ産卵、イサキ、カンパチ、ブリ等
35.231666,139.143333
images/flag_m.png
flag
中級者〜
■アクセス : ボート
■レベル : 中級者〜
■深 度 : 平均18m/最大20m

■解説 :
砂地に沈められた人工ブロック漁礁では、大型の回遊魚との遭遇も期待出来ます。ブロックの隙間は小魚達の隠れ家として最適で、さまざまな種類の群れを見る事ができます。水面には係留ブイの設置が無いため、フリー潜降、中層安全停止のスキルが求められます。
35.234722,139.147777
images/flag_m.png

ページトップ