ダイビングスポット情報

エリア
エリア名をクリックしてください。
⇒スポット情報へ

熊本市内から車で約3時間。東・西・南・北海岸すべてで潜ることができて、場所により岩場、砂地、浅場、深場などの地形、外海や内海、流れの大きいポイントやまったく荒れないポイントなどの環境、レベル、そして見ることのできる魚が大きく変わるなど、もともとは完全な離島ならではの楽しみが凝縮されていて、初心者、ベテランダイバー、ちょっとマニアックなダイバーまで幅広いダイバーが楽しむことのできる天草の海。
その中でも、ホームとして潜っている妙見ヶ浦は海の中も素晴らしいですが、それだけではなく、珍しい地形とそれによっ
32.458501,130.193138
images/flag_m.png
⇒スポット情報へ

今や日本で最も有名になった宮崎県の北部に位置する「延岡」は、黒潮の恵みを受け年間を通して温暖で南国ムードたっぷり!
高速道路開通間近となってますが、今現在でも大分県からも車で2時間弱、宮崎空港からは電車で1時間と、実は想像以上にアクセスしやすい町です。アウトドア派にたまらないほどポテンシャルの高い海・山・川が揃っており、あらゆる食とアウトドアが楽しめます。
32.642844,131.791306
images/flag_m.png
⇒スポット情報へ

 九州の南端に位置する枕崎市、カツオで有名なこの町ですが、ダイビングサイトとしても非常に充実したポイントです。
 ちょっと探せば稀種が探せてしまうビーチから、大物が狙えるダイナミックなポイントまで、九州各地のダイバーには通いづめになるファンも多いスポットです。
 枕崎をベースとしたダイビングでは、車で10〜40分のところに坊津・枕崎周辺のビーチポイント、ボートで10分程度のところに坊津・枕崎周辺に潜るボートポイント、そして1時間半ほどの移動を行いますが、それだけの価値はある硫黄島エリアでのボートダイブと、ダイバー個々人のテーマに合わせたダイビングが可能です。
 じっくり潜ってお目当ての生物とじっくり向き合うフォトダイブフィーリング派はサンゴフィールドやダイナミックな火成岩地形をフライ・バイ、そしてイソマグロやマダラトビエイなど、大物を狙うドロップオフでのドリフトダイブとベテランからビギナーまで自分の楽しみ方を見つけることのできるダイビングサイト、それが枕崎です。
31.272902,130.296907
images/flag_m.png
⇒スポット情報へ

五島列島は、長崎市から西方沖約100kmの東シナ海に浮かぶ大小140余りの島々からなり、ダイナミックな地形と大自然が数多く残っていて黒潮の影響を色濃く受け、サンゴや大小さまざまな魚が生息し、南方系の生き物や日本海で見られる生き物が群れ合い、ワイドからマクロまで幅広いダイビングが可能です。
上五島エリアには、上五島を代表するポイントの一つである、大海原にひっそりと沈む遺跡ポイント高麗曽根があります。
32.917062,129.03511
images/flag_m.png
⇒スポット情報へ

五島列島は、長崎の西方約130kmに浮かぶ大小140余りの島々からなり美しい海や自然に恵まれており自然海浜や海蝕崖、また火山景観などで複雑に変化した地形などもありほぼ全域が西海国立公園に指定されています。
五島列島は北東から南西に長く伸びています。そのため、全体を大きく二つに分けて、五島市がある五島最大の福江島を中心とする南西の島々を下五島(しもごとう)、2番目に大きな中通島(なかどおりじま)を中心とする北東部を上五島(かみごとう)と呼んでいます。
水中は、対馬海流の影響も受け魚影も濃く色とりどりのサンゴやソフトコーラルが見られます。また、全長100mを超える沈船もあり1ダイブでは周れないほどの大きさです。
是非、五島の海を体感しに来て下さい!
32.709022,128.860359
images/flag_m.png
⇒スポット情報へ

日本を代表する南国リゾートの一つ、宮崎県の南部エリアに位置する『南郷』。南九州の中でもダイビングが盛んな地域です。ボートで10分ほど行けばポイントに到着。世界最大級の暖流、黒潮の恩恵を受け、一年中トロピカルな海が広がります。熱帯と温帯の生物が入り乱れており、種類も豊富。ダイバーに人気のアイドル的生物も数多く、ソフトコーラルの数も群を抜いているため、フィッシュウォッチ、フォトダイバーにとても人気です。
また地形派ダイバーをうならせる豪快なポイントも点在しています。水面まで続く巨石や、アーチ、ドロップオフなどのポイントは潮あたりが良く、マダラトビエイや回遊魚に遭遇。ニタリなどの大物に遭遇することもしばしば!!
宮崎市内から1時間半とアクセスも簡単な上、道中に観光スポットで観光をする事も可能です。宮崎ならではのマンゴーソフトクリームは、南国リゾート気分をさらにアップさせてくれます!!
31.519288,131.398201
images/flag_m.png
⇒スポット情報へ

辰口(たつのくち)は長崎市街地から30分ほど離れたところにあり、他県からも多くのダイバーが訪れるビーチダイビングポイントです。
南北にエントリースポットがあるので、悪天候による中止が5%を切る安定感のあるポイントです。ビーチからのエントリーながらも最大で30m〜も取れる水深、穏やかな内湾と激流の先端、ソフト・ハードの珊瑚、南方系の魚やレアモノ、切り立った根が点在しそれらの根を彩るようなムチカラマツ、イバラウミカラマツなどなど見所がいっぱいです。またエントリーから近いポイントがあると思えば、少し泳がないと辿り着けないポイントがあるなど、ビーチポイントながらもダイビングのほとんどの要素を持っている場所です。このポイントでストレス無く潜れれば何処のポイントでも潜ることが出来ることでしょう。
32.694035,129.793124
images/flag_m.png
⇒スポット情報へ

九州の都”福岡”都会でありながら海は近くダイビングポイントも数多くあります。
今まで行っていなかった博多湾をこえた先”玄界灘”そこに浮かぶ島々 相島・小呂島・沖ノ島・栗ノ上礁・烏帽子島灯台・壱岐・糸島半島といった場所に日帰りでボートダイビングできます。
特に沖ノ島は世界遺産登録を目指している島で水中に人工で作られたような階段が存在しておりNHKの撮影も行われた場所です。
また全国で唯一の女人禁制の島でも有名です。女人禁制の島ですので女性の方は上陸はできませんが潜ることは可能です。
アフターは九州の美味しい物が集まっており、肉・魚・野菜どれも新鮮で満足頂けます!
今までなかった九州の秘境を1度潜りに来てみてください。
33.909326,130.220947
images/flag_m.png
⇒スポット情報へ

「昔むかし、月明かりの晩、島々が酒盛りをしようと集まった・・・」
そんな言い伝えが残る長崎佐世保の九十九島。複雑に入り組んだリアス海岸と208の島々(島の密度は日本一!)の美しい自然景観!その風光明媚な波静かな浦々には多様な生きものたちが棲んでいます。
数多くの島々から成るポイントはバラエティに富んでおり、多くの島影を使えるので様々な海況にも対応できます!
長崎佐世保という観光地を起点に今までなかった新しいダイビングスタイルをお楽しみ下さい!
33.148655,129.662429
images/flag_m.png
⇒スポット情報へ

鹿児島市の目の前、錦江湾にゴンと立ち上がり、時には、巨大な噴煙の雲を沸き上げる桜島は、古くより、南九州のシンボルとして、大いに親しまれてきた。その、水中は、溶岩と砂のコントラストがうつくしく、浅場は、ミドリイシやシコロサンゴがびっしりと覆いクマノミやソラスズメダイ、クロホシイシモチが右往左往する南国の海。深場は、ドーンと落ち込むドロップオフが真っ暗な深海に引きずりこまれるような錯覚jに陥るほどの迫力。生物も、名物のアカオビハナダイやネジリンボー、ハナハゼが美しさを競いあう。水底のヤギやムチカラマツの林、キザンゴの群生は興味を誘ってやまない。
31.558791,130.607529
images/flag_m.png
⇒スポット情報へ

福岡の中心地から車で約45分。博多湾の北部に位置する島で、砂州により本土と陸続きになっています。市街地から近いダイビングポイントですが、そこにはびっくりするくらいのサカナが泳いでいて、喧騒とした街中とは別世界です。
夏場は風向きが南や南西で海が穏やかなため安定して潜ることができ、多くの熱帯魚も見られます。透明度は、夏は5m前後ですが秋〜冬にかけては20m近く抜けるときもあります。
ポイントは赤瀬、黒瀬、白瀬など、いずれも東海岸に集中しています。白瀬はエントリー/エキジットが最も楽なポイントで、講習ポイント・餌付けポイントにもなっています。夏場は多くのダイバーで小さな浜辺が少々混雑してしまうのが難点です.。ナビチェーンが水底に張ってあり、その途中に黄色のブイ(P1)が設置されています。黒瀬は大潮の満潮時に潜ると水深18m以深のポイントまで行くことができます。赤瀬はエントリー/エキジットが少々大変ですが、多くの瀬があり、たまにカンパチやブリの子供(ヤズ)などの回遊魚も遭遇できます。
いずれのポイントも、更衣室・トイレ・自販機・駐車場などの施設がありませんので、事前にご利用のショップにお問合せください。
33.686925,130.305405
images/flag_m.png
⇒スポット情報へ

北九州から車で50分の福津市。さつき松原の景勝地、国指定史跡の古墳群、カブトガニの生息など、玄海灘を臨む自然に囲まれた地です。福津市の西部には、白石浜・津屋崎・宮地浜・福間の四海水浴場を含む白砂青松の砂浜があります。勝浦浜から白石浜海水浴場までは約四・五キロメートル。毎年県が行う水質検査でAAと判定されるほど非常に水質が良く、弓張型に広がる白い砂浜には目を見張るものがあります。また、静かで暗くてきれいな場所ですので、ウミガメが産卵に訪れることもあります。津屋崎海水浴場から宮地浜海水浴場、福間海水浴場までの約五・五キロメートルは海と親しみ、海と遊ぶ絶好のスポット。海水浴シーズンにはダイバーだけでなく、県外からも多くの人が訪れます。
ダイビングポイントは、エントリーがしやすく、講習にもよく利用されていますが、一方ではフォト派やフィッシュウォッチング派にも支持を受けています。マクロ系から時折出没する大物まで、ダイバーを飽きさせない環境がダイバーをひきつけているのです。
いずれのポイントも、現地ダイビングサービスは無く、ショップの日帰りツアー等で潜る事が出来ます。事前にご利用のショップにお問合せください。
33.809212,130.450566
images/flag_m.png
⇒スポット情報へ

糸島半島は古来から大陸との貿易の中継地点して栄えた港町。豊かな海と山を持つ糸島半島は農業、漁業ともに盛んな土地です。近年は福岡市街地に隣接しながら美しい海や山を持つ観光地として注目度が高く、ドライブコースや様々なマリンスポーツのエリアとして人気が高い場所です。
★ポイント情報
地元と密接に関わりを持ちつつ開発された福岡では数少ないボートダイビングエリアです。博多湾の出口に位置する抜群のロケーションを活かして、水深も浅くのんびり初心者から楽しめるマクロ系の内湾エリアに8カ所と、潮流が早く魚群や地形、ソフトコーラル、回遊魚などバリエーションに富んだワイド系の外洋エリアのポイントを12箇所設定しています。
※漁協との取り決めがありますのでダイビング窓口は現地サービスのみとなります。
33.649927,130.238092
images/flag_m.png

ページトップ