「#ダイビングって楽しい」ハッシュタグキャンペーン実施中! 「PADIスペシャルティ・キャンペーン」開催中!
全国のPADIショップリスト
←第26回 ミラーレス一眼と水中撮影D コラムTOP 第28回 ミラーレス一眼と水中撮影F→
〜第27回 ミラーレス一眼と水中撮影 その6〜
マクロ撮影 レンズ比較A
ph

今月のお手本

◆カメラ:OLYMPUS E-PL6
◆プロテクター:PT-EP10
◆撮影モード:水中マクロ
◆絞り値:F8.0
◆シャッター速度:1/125
◆露出補正:-0.7EV
◆ISO:200
◆フラッシュ:ON/UFL-1×2、フラッシュ補正-2.0EV
◆WB:水中WB
◆撮影地:レンベ/インドネシア

ph前回は、マクロ撮影で使用されると思われるレンズを3種類チョイスして比較を行なった。14-42mm標準ズームレンズ、マイクロフォーサーズの新しい60mmマクロレンズ、フォーサーズの50mmMCにテレコンバーターを併用したレンズと、最短撮影距離や拡大倍率の異なる3本を用いて、被写体まで30cmの撮影距離での写り方を比較してみた。この距離での撮影では、焦点距離の長いレンズが大きく写すのに長けることになり、50mmMC+EC2>60mmMC>14-42mmの順番となった。

今回は、それぞれのレンズでの最短撮影距離で撮影して、どれくらいの違いがあるか比較してみる。被写体に激寄りの撮影になるので、被写体は近づいても逃げたり撮れなくなったりしない被写体を選んだ。結果、倍率では前回と同じ順番になった。

前回、今回の比較でレンズによって倍率や描写の趣が異なることを理解していただけたと思うので、レンズ選びの情報のひとつにしていただきたい。

今回のお手本の写真は、マクロ撮影の聖地、インドネシア/レンベでの一枚だ。カイメンの奥に潜む色鮮やかな甲殻類をじっくり狙って撮影した作品だ。狭い空間にいる被写体なのでフラッシュ光をうまく差し込めるようにジックリ工夫して照射させるのが、きれいに撮るコツだ。

マクロ撮影用 レンズのいろいろ

◆M.ZUIKO DIGITAL 14-42mmF3.5-5.6U

水中ではワイドからマクロまで1本で幅広く楽しめるレンズ。標準ポートに収納できるのでコスト的に有利。
マクロ撮影を狙う場合、今回紹介したレンズの中では、焦点距離、最短撮影距離が短いので倍率が低い。
重さ112gと小型軽量のズームレンズ。街撮りからポートレートまで、普段使いに最適。静止画も動画もスムーズに撮影できる、高速&静音のオートフォーカス"MSC機構"を搭載している。

ph焦点距離: 14-42mm(35mm判換算 28-84mm相当)
レンズ構成: 7群8枚(非球面レンズ3枚)
マウント: マイクロフォーサーズマウント
画角: 75°-29°
最大口径比/最少口径比: F3.5(14mm)-F5.6(42mm)/F22
最短撮影距離: 0.25m(焦点距離14-19mm) / 0.3m(焦点距離20-42mm)
最大撮影倍率: 0.19倍(35mm判換算 0.38倍相当)
最近接撮影範囲: 91 x 68mm
絞り羽枚数: 7枚(円形絞り)
フィルターサイズ: φ37mm
大きさ: 最大径×全長  φ56.5 x 50mm
質量: 112g

◆M.ZUIKO DIGITAL 60mmMacro F2.8

マイクロフォーサーズ規格レンズの中では一番の拡大倍率を持つレンズ。インナーフォーカス機構を導入、AF速度が早い。標準ポートに収納可能。(PT-EP05Lは不可)  
解像力とコントラストの高さに秀でた防塵・防滴性能の等倍マクロレンズ。遠方から1:1等倍のマクロ撮影まで、また画面中心から周辺まで高解像・高コントラストを維持し、絞り開放から鮮鋭な描写力を実現。ネイチャーマクロはもちろん風景やポートレートなど幅広い用途で活躍する。

ph焦点距離: 60mm(35mm判換算 120mm相当)
レンズ構成: 10群13枚(EDレンズ、HRレンズ2枚、E-HRレンズ)
マウント: マイクロフォーサーズマウント/金属マウント
画角: 20°
最大口径比/最少口径比: F2.8/F22
最短撮影距離: 0.19m
最大撮影倍率: 1.0倍(35mm判換算 2.0倍相当)
最近接撮影範囲: 17×13mm
絞り羽枚数: 7枚(円形絞り)
フィルターサイズ: φ46mm
大きさ: 最大径×全長 φ56x82mm
質量: 185g
防塵防滴機構

◆ZUIKO DIGITAL 50mmMacroF2.0+EC20

ph水中でのマクロ撮影では定番のレンズシステム。フォーサーズ規格のために機種によってはAFの動作がかなり緩慢になる。 新しいセンサーを搭載したE-M1では、このレンズのAFがスムーズに動くので、比較用に記載してみた。通常のPENシリーズにはお勧めできない。レンズ本体の価格が高額なのと専用のマクロポートが必要になるので、お財布にやさしくないが、長い焦点距離と美しいボケ味が定評のレンズシステム。ハゼなど臆病な被写体を遠くから大きく写すにはこのシステムが最適。

合計焦点距離: f=100mm(35mm判換算 200mm)
マウント: フォーサーズマウント/金属マウント
最大撮影倍率: 1.0倍(35mm判換算:2.0倍)
防塵防滴
フィルターサイズ: φ52mm
大きさ: 最大径×全長 φ71x61.5mm (50mmMC), φ68x41mm(EC20)

E-M1,E-M5,PENシリーズでの使用時はマウントアダプターが必要

マクロ撮影 最短撮影距離での比較  (写真をクリックすると大きくなります)

●その1

ph
ph
M.ZUIKO DIGITAL
14-42mmF3.5-5.6U

ph
ph
M.ZUIKO DIGITAL
60mmMacro F2.8

 

ph
ph
ZUIKO DIGITAL
50mmMacro+EC20

●その2

ph
ph
M.ZUIKO DIGITAL
14-42mmF3.5-5.6U

ph
ph
M.ZUIKO DIGITAL
60mmMacro F2.8

 

ph
ph
ZUIKO DIGITAL
50mmMacro+EC20

●その3

ph
ph
M.ZUIKO DIGITAL
14-42mmF3.5-5.6U

ph
ph
M.ZUIKO DIGITAL
60mmMacro F2.8

 

ph
ph
ZUIKO DIGITAL
50mmMacro+EC20

失敗フォトクリニック
マクロ撮影で、フラッシュが強すぎることがあります。 フラッシュを2灯で使っているからでしょうか? 故障でしょうか?
◆カメラ:OLYMPUS E-M5
◆レンズ:ZUIKO DIGITAL 50mmMacro+EC20
◆撮影モード:水中マクロ
◆絞り値:F8.0
◆シャッター速度:1/200
◆ISO:200
◆フラッシュ:ON(フラッシュ×2 フラッシュ補正0.0EV)
◆露出補正:-0.7EV
◆WB:水中
ph

処方

2灯使っているから強すぎる、ということではないような感じです。 シンクロコードの不具合、差し込む場所、フラッシュのモード等を確認していただき、フラッシュ補正をマイナス側にセットして撮影してみてください。フラッシュ補正を-2.0くらいにセットして改善が見られるのであれば、正常です。


清水淳

清水 淳 プロフィ−ル

しみずじゅん。1964年埼玉県生まれ。「水中から見上げた空」をメインテーマに半水面や海辺の風景撮影を撮り続けている。ダイビング専門誌やカメラ関係誌などで執筆や撮影を行ないながら、沖縄・那覇にて水中写真教室《マリーンプロダクト》を主宰。著書に「誰にでも撮れる水中写真」「デジタルカメラで簡単水中写真」がある。社団法人日本写真家協会会員

◆清水淳 オフィシャルウェブサイト  http://www.marine-p.com/shimizu/

ダイビング・水中写真応援サイト フォトパス マリン
ダイビング・水中写真応援サイト フォトパス マリン
★もっと水中撮影が上手になりたい人におすすめ!
水中フォトグラファー・スペシャルティ・コース
デジタル水中フォトグラファー・スペシャルティ・コース
banner

back

 
 

What's New

6月27日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
渋滞知らずの駿河湾フェリーで
西伊豆・田子ファン&体験ダイブ
6月23日
【Project AWARE】
2017 AWAREクリーンナップ活動報告をUP
6月20日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
沖縄・ケラマ 専用クルーザーで
体験ダイビング&スノーケリング
6月19日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
ブランクダイバーさんも安心!
石垣島リフレッシュ&ファンダイブ
6月14日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
千葉ケーズハーバー大水槽で
体験ダイビング&スノーケリング
6月2日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
スキル練習したいダイバー大歓迎!
辰巳プールでリフレッシュ&スキルアップ!
6月1日
新規登録店に
《 Ohana With... 》を追加
5月26日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
沖縄ケラマでスノーケリング
専用クルーザーでボートスノーケリング!
5月23日
[PADI News]
「ワールドオーシャンズデイ TOKYO 2017 〜食を通じて、海を感じる日〜」開催
5月22日
新規登録店に
《 Diving Pro Shop 7Share 》を追加
5月18日
[PADI News]
なりすましメールにご注意ください
5月12日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
西伊豆・雲見で
洞窟フロー(蛍光発光)ダイブ
5月10日
[PADI News]
2017年5月20〜28日は「みんなで潜る!スクーバダイビングWEEK」

sns

Facebookページ Twitter Google+ページ Youtube