「#ダイビングって楽しい」ハッシュタグキャンペーン実施中! 「PADIスペシャルティ・キャンペーン」開催中!
全国のPADIショップリスト
←第47回 撮りたいこの一枚 バリ① コラムTOP 第49回 撮りたいこの一枚 柏島→
第48回 各地のダイブサイトで撮りたい この一枚
バリ・トランベン/マクロ編
ph01
今月のお手本

◆カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1
◆レンズ:M.ZUIKO DIGITAL60mmMacro
◆撮影モード:水中マクロモード
◆絞り値:F4.0
◆シャッター速度:1/125
◆露出補正:-0.3EV
◆ISO:AUTO(400)
◆フラッシュ:OFF
(RGB/System02 PREMIUM COLOR×2)
◆WB:水中WB

ph

2014年5月から、各地のダイブサイトで撮りたい水中写真をピックアップして、その撮影手法について解説&紹介していく企画がスタートした。

一年を通していろいろなダイブサイトへ撮影に行くが、それぞれのポイントで様々な水中撮影の楽しさに出会う。その時々に感じた気持ちを作品にしながら、いかに簡単に楽しく撮影するにはどうしたら良いか?といった観点で話を進めていきたい。

今月は、日本からもアクセスが良く、人気のリゾートであるバリ島のダイビングと水中撮影を紹介したい。バリ島には趣の異なる様々なダイブエリアがある。島は大きく、空港から車で3時間くらい移動が必要な場所もある。今回は、空港から2.5時間、バリ島の北東部に位置し、ビーチダイブでコテコテのマクロ撮影が楽しめるトランベンのダイビング&水中撮影について解説する。

トランベンのダイビングは、ビーチダイブが基本になる。ゴロタ石の海岸から歩いてエントリー&エキジットする。ホテルの目の前のビーチでダイビングを行なう場合は、地元のおばさんがシリンダーや機材を運んでくれる。少し離れたポイントには車で移動し、そこからビーチエントリーした。ワイドからマクロまで幅広く楽しめる。アフターダイブはホテルのテラスで、バリ独特の雰囲気を味わえた。ダイビングはナイトロックスが完備され、日に4ダイブすることも可能だ。今回はビーチからエントリーするマクロ撮影について紹介する。

一度は撮ってみたい!と思う被写体がこの地味なビーチにいっぱい潜んでいるのが、どことなくミスマッチなのだが、とにかく楽しい。

カメラの設定

使用する撮影モードは「水中マクロ」モード。基本的に水中でのマクロ撮影はこのモードを使う。
カメラのファンクションボタン(FN)に水中モードの呼び出しを割り振って使う。このモードにセットすれば、難しいチューニングは不必要。ワンタッチで水中でのマクロ撮影に最適な状態にセットされる。
モニターの左隅に魚1尾のマークが出たらセット完了!
内蔵フラッシュで撮影する場合は、ISOをAUTOにセットするのを忘れないように行なう。
フラッシュの明るさはフラッシュ補正で調整する。
すべてカメラ側でコントロールできるのが特徴だ。 絞りやシャッター速度を意識せず、フラッシュが弱かったらダイヤルを回して強くするといった感じだ。 カメラの詳しい知識は必要ない。

ph

ph

撮影方法

通常のマクロ撮影は、内蔵もしくは外部フラッシュを使って撮影するが、今回は水中撮影用に開発された高性能水中ライトを外部フラッシュの代わりに使って撮影にチャレンジしてみた。
使い方は、いつも使っている外部フラッシュ2個をライト2個に入れ替えるだけ。
撮影方法は、カメラに明るさやホワイトバランスを自動調整させるので、難しいコントロールはない。
被写体にカメラを向けてライトを当てて、シャッターを押す。
カメラのセッティングは、水中マクロモードのままフラッシュをOFFにセットするだけ。
かなり明るいライトになるので撮影に向かない被写体もあるが、オートフォーカスの効きもよいし、シニアの眼にもモニター上でハッキリと確認ができるところが素晴らしい!
使用したライトは、水中撮影用に特別にチューニングを施したRGB「System02 PREMIUM COLOR」。今までの高性能LEDライトとは、色の質が大きく異なる。水中マクロモード&水中ホワイトバランスとの相性も抜群だ。

ph

ph

ph ph

今までのLEDライトは強く当てると白飛びするが、「System02 PREMIUM COLOR」の場合、強く当てると鮮やかさがどんどん増す。 ハゼのように光を嫌う被写体には向かないが、ホヤ、サンゴのポリプ等はフラッシュとは異なる美しさが得られる。 露出補正で好みの明るさに調整する。

ph ph

トランベンのマクロ撮影は、撮りたい!かわいい!きれい!出会えたらうれしい被写体がいっぱい。 ガイドさんについていくと、次から次へと「オー!」と歓喜が上がる被写体に出会えた。 プライベートガイドを頼んでおいたので、ひとつの被写体に時間をかけてジックリ撮れた。
トランベンはちょっと癖のある海で、南国の海だが透明度はよくなくダークな感じなので、南国→白いビーチ→青い海→熱帯魚いっぱい!のイメージを持っていくとダメージを食らう。

ph日本でもよく見られる被写体から、レアな被写体まで、ホテル目の前のビーチでおなかいっぱい撮影が可能だ。

マクロ撮影をきれいにカッコよく撮るには、
●水中マクロモードを使うこと
●被写体に寄ること
●被写体の眼にピントを外さないこと

ph

phホテル前のビーチをダイブする場合、ガイド付きとガイドなしが選べる。バディと一緒に行っていればセルフダイブが可能。

ph

ph ph

一日に何度もダイビングをするのであれば、比較的に深いダイブになるので、ナイトロックスの使用をお勧めしたい。 私の場合、日に60分ダイビングを3回の計画を立てたので、すべてナイトロックスを使用した。 ナイトロックスガスの使用には、スペシャルティカードの提示が必要。 現地でもナイトロックス使用の講習を開催しているが、事前に日本で講習を受けておくと良い。

アフターダイブ

phダイビングからホテルの部屋へ戻ったら、まずカメラを洗って水をきっている間にシャワー。

それからカメラのメンテナンス。 SDカードは、毎日入れ替えて、保管とバックアップを取る。

バッテリーは、スペアを用意してこのタイミングでフルチャージのものと交換。

動作確認を行ない、そしてお楽しみの時間へ。 日が暮れていく瞬間にBARに居たい。 インドネシアのビール「BINTANG」 うまい!

ph


清水淳

清水 淳 プロフィ−ル

しみずじゅん。1964年埼玉県生まれ。「水中から見上げた空」をメインテーマに半水面や海辺の風景撮影を撮り続けている。ダイビング専門誌やカメラ関係誌などで執筆や撮影を行ないながら、沖縄・那覇にて水中写真教室《マリーンプロダクト》を主宰。著書に「誰にでも撮れる水中写真」「デジタルカメラで簡単水中写真」がある。社団法人日本写真家協会会員

◆清水淳 オフィシャルウェブサイト  http://www.marine-p.com/shimizu/

ダイビング・水中写真応援サイト フォトパス マリン
ダイビング・水中写真応援サイト フォトパス マリン
★もっと水中撮影が上手になりたい人におすすめ!
水中フォトグラファー・スペシャルティ・コース
デジタル水中フォトグラファー・スペシャルティ・コース
banner
←第47回 撮りたいこの一枚 バリ① コラムTOP 第49回 撮りたいこの一枚 柏島→

back

 
 

What's New

6月27日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
渋滞知らずの駿河湾フェリーで
西伊豆・田子ファン&体験ダイブ
6月23日
【Project AWARE】
2017 AWAREクリーンナップ活動報告をUP
6月20日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
沖縄・ケラマ 専用クルーザーで
体験ダイビング&スノーケリング
6月19日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
ブランクダイバーさんも安心!
石垣島リフレッシュ&ファンダイブ
6月14日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
千葉ケーズハーバー大水槽で
体験ダイビング&スノーケリング
6月2日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
スキル練習したいダイバー大歓迎!
辰巳プールでリフレッシュ&スキルアップ!
6月1日
新規登録店に
《 Ohana With... 》を追加
5月26日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
沖縄ケラマでスノーケリング
専用クルーザーでボートスノーケリング!
5月23日
[PADI News]
「ワールドオーシャンズデイ TOKYO 2017 〜食を通じて、海を感じる日〜」開催
5月22日
新規登録店に
《 Diving Pro Shop 7Share 》を追加
5月18日
[PADI News]
なりすましメールにご注意ください
5月12日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
西伊豆・雲見で
洞窟フロー(蛍光発光)ダイブ
5月10日
[PADI News]
2017年5月20〜28日は「みんなで潜る!スクーバダイビングWEEK」

sns

Facebookページ Twitter Google+ページ Youtube