「#ダイビングって楽しい」ハッシュタグキャンペーン実施中! 「PADIスペシャルティ・キャンペーン」開催中!
全国のPADIショップリスト
PADI NEWS
←前のニュース ニュース一覧 次のニュース→

海上保安庁が今年1〜8月の「レジャーダイビング事故発生状況」を公開!

海上保安庁より、今年の1〜8月のレジャーダイビング事故発生状況(速報値)が発表されました。

2013年(1〜8月) レジャーダイビング事故発生状況(速報値)

ph昨年は非常に事故が多かった7〜8月(32名)ですが、今年は9名と大きく減少し、1〜8月の合計数でも42名から27名へと減少。良い傾向となっています。PADIでもセミナーなどを通してダイビングの安全啓蒙に力を入れてきましたが、その一翼を担えていたらうれしく思います。

とはいえ、残念ながら今年も1〜8月で11名の死者・行方不明者が出ており、「ダイビング事故ゼロ」を目指して、まだまだダイビングの安全について真剣に考えていく必要があります。

事故者の傾向を見ると、
●事故者のうち、40歳以上の占める割合は約81%
●40歳以上の事故者のうち、死者・行方不明者の占める割合は約45%
●死者・行方不明者のうち、40歳以上の占める割合は約91%

となっており、中高年の占める割合がますます高くなってきていることがわかります。

また、事故者の経験年数や活動頻度を見ると
●経験年数10年以上のダイバーが約3割
●事故者の約4人に3人は、活動頻度が年に数回程度以下

となっており、ベテランダイバーの気の緩み(油断)やブランクが事故につながりやすいことなどが見て取れます。

安全にダイビングを楽しみ続けていくために、この機会に一度、自分自身のダイビングを見直してみてはいかがでしょうか?

今月は、ダイビングの安全について考えるイベントが目白押し!

まず、10月6日(日)にPADIジャパン地下レクチャールームにて「ダイバー向け安全セミナー」を開催。2013年のダイビング事故事例中間報告と、自分自身を守るダイビングについて考えます。
http://www.padi.co.jp/visitors/news/pn13009.asp

続いて、10月12日(土)には三浦半島・三戸浜《ビーチバム》のプールを利用して「ダイバー向けスキルアップクリニック」が開催。実際に水の中で、「サバイバルスキルの再確認」と「不得意スキルのクリニック」を行ないます。
http://www.padi.co.jp/visitors/news/pn13125.asp

さらに、10月26日(土)には「第3回ダイバー自身の安全対策セミナー」が大阪で初開催! 海上保安庁の協力のもと、「ダイバーの安全はダイバー自身が守る」という大原則を改めて見直すと共に、現在起こっている問題点を検証し、今後の対策につなげていきます。
http://www.padi.co.jp/visitors/news/pn13133.asp

ダイビングの危険性についてしっかりと認識し、より安全にダイビングを楽しんでいくために、皆さんぜひご参加ください!

⇒こちらもチェック!
安全ダイビング

back

clear

Facebookページ Twitter Google+ページ Youtube