「#ダイビングって楽しい」ハッシュタグキャンペーン実施中!
全国のPADIショップリスト


水中でのバランスが抜群!

PADIレクリエーショナル・サイドマウントダイバー・
スペシャルティ・コース

PADI Recreational Sidemount Diver Specialty Course

一般的な背中にタンクを背負うスタイルと異なり、体の脇にタンクを配置する方法を総称して「サイドマウント」と呼んでいます。

このコースでは、2本の独立したタンクにそれぞれレギュレーターを取り付け、専用のハーネスとBCD、もしくは通常のBCDにバランスよく装着する方法や、エントリー・エキジットの仕方、水中での姿勢(トリム)のとり方、その他基本的なダイビングスキルをサイドマウント装備で実施できるようにトレーニングします。

サイドマウントのメリットは、バランスの良さ、装備のコンパクトさ、腰や背中への負担の軽減、エンリッチドエア等を使った際の潜水時間の増加などさまざま。新コースとしてぜひ、トライしてみてください。

⇒サイドマウント・ダイビングのメリット等についてはこちら

ph01

受講前条件

owdPADIオープン・ウォーター・ダイバー 以上で、15歳以上

講習内容

レクチャー&限定(またはプール)実習1ダイブ&海洋実習3ダイブ

講習を修了すると・・・

・流線型をとり、環境に配慮して潜ることができる
・エア切れなどのトラブルにスムーズに対応できる
・腰への負担が軽減
・ダイビングスキルが向上する

●使用する器材について

・2シリンダーの場合、左側は約1mの2ndステージとBCD用中圧ホースと残圧計
・右側は約2mのロングホース2ndステージと、ドライスーツを使う場合はドライ用中圧ホースと、残圧計    
・BCD及びハーネスはサイドマウント専用のものが好ましい
・残圧計のホースは15cm程のショートでも、通常の長さでも可

コース開催ショップはこちら

PADI Specialty Course

基本スキルを磨くならこのスペシャルティ
 水中ナチュラリスト  水中ナビゲーター  器材(エキップメント)
 ボート・ダイバー  ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー  ドライスーツ・ダイバー
 PADIレクリエーショナル・サイドマウントダイバー  
遊びのコツをマスターするならこのスペシャルティ
 プロジェクトAWARE(環境保護)  AWAREサンゴ礁の保護  AWARE魚の見分け方
 水中フォトグラファー  デジタル水中フォトグラファー  水中ビデオグラファー
 ダイバー・プロパルジョンビークル(水中スクーター)   
活動範囲を広げたいならこのスペシャルティ
 ナイト・ダイバー  ディープ・ダイバー  マルチレベル・ダイバー
 ドリフト・ダイバー  アルティチュード(高所)・ダイバー  エンリッチド・エア・ダイバー
 サーチ&リカバリー  レック(沈船)・ダイバー  アイス・ダイバー
 PADIエマージェンシー・オキシジェン・プロバイダー  

back

Facebookページ Twitter Google+ページ Youtube