トラベルネットワーク
全国のPADIショップリスト
PADI > よくある質問
よくある質問
Q 1. Cカードって何ですか?
A 1. Cカードの正式名称はCertification Card。つまり認定証の事です。このCカードは「所有者は特定の期間、ダイビングに必要な知識と技術を取得した」ことを証明するものです。また、このCカードには「オープン・ウォーター・ダイバー」などのランクや「スペシャルティ・ダイバー」など色々な種類があります。
Q 2. Cカードはなぜ必要なのでしょうか?
A 2. ダイビングを行なう際には、ルールを守り、安全に配慮して自分の責任において判断し行動することが前提になります。海に行かれた際にこのCカードを忘れてしまうと、ダイビングのご希望ををお受けできない場合もあります。あなたのダイブキャリアにあったサービスやアドバイスのためにも必要なのです。
Q 3. 「オープン・ウォーターダイバー」というCカードを取得すると、何が出来るようになるのですか?
A 3. 自分たちでダイビング計画を立てて、インストラクターの引率無しで、講習を受けたのと同じかそれよりもよいコンディションで、限界内でのダイビングをすることができ、器材の購入やタンクのレンタルのサービスを受けられます。
また、PADIアドヴァンスド・オープン・ウォーター・コースやスペシャルティ・コースなどのステップ・アップ・コースに参加することができます。
Q 4. ダイビングを始めたいとは思うのですが、仕事が忙しくあまり時間がとれないのです。何か良い方法はないでしょうか?
A 4. そんな場合には、まず体験ダイビングをしてみましょう。PADIではプールや海で6mまでの深さで行なう手軽な「ディスカバー・スクーバ」や、12mまで潜ることが出来る「ディスカバー・スクーバ・ダイビング」などの体験コースをご用意しています。いずれも1日で終了することができます。これらを経験してから、オープン・ウォーター・ダイバー・コースに参加すると、体験ダイビングで経験したことをインストラクターの判断により、コースの1部として認めることができます。
また、スクーバ・ダイバー・コースでは、PADIのプロフェッショナルの引率のもとでダイビングする、という条件はつきますが短いスケジュールで取得する事ができます。(詳細はコース・カリキュラムをご参照下さい。)1度このスクーバ・ダイバーの認定を受けておいて、お時間が出来たときに追加講習をしてオープン・ウォーター・ダイバーのCカードを取得する方法もあります。
Q 5. 泳ぎがあまり得意ではありませんが、大丈夫でしょうか?
A 5. スクーバダイビングの場合は、タンクからエアが供給されるので、息つぎの心配が要りませんし、浮力調整ができる器材のお陰でエレベーターのように沈んだり浮かんだりがボタンひとつで簡単にできてしまいます。また、フィンをつけているので、ひと蹴りでラクに進むことができます。このようにダイビングは、泳ぎの得手不得手とはさほど関係がないのです。
もちろん泳げたほうがベターですが、泳ぎ方と水面にカラダを浮かせておくテクニックは講習中にインストラクターが丁寧に指導しますから、ご心配にはおよびません。
ダイビングは、泳ぐというよりも、器材の助けを借りて水中をマイペースで気楽に浮遊する、そんなイメージでしょうか。どなたにも気軽にトライできる、それがダイビングの魅力のひとつでもあるのです。
Q 6. 目が悪いのですが、ダイビングできるのでしょうか?
A 6. マスクをすると水中ではものが1.25倍ほど大きく見えるので、視力が0.5ぐらいまでなら問題はないでしょう。
それよりも視力が悪い方は、また心配な方は、水中マスクに度付きレンズを入れてご使用するのがベターでしょう。
Q 7. スクールの受講費用がショップによって違うのはどうして?
A 7. ひとつには単にパンフレット等に表示されている受講費用の内訳がショップによって千差万別だからです。
例えば海洋実習に伴う旅行費用、それが含まれているか否かで費用は大きく変わってくるし、またどこで開催されるのか、宿泊施設はホテルなのか民宿なのかによっても違います。
ポイントは、Cカード取得までにかかるトータルの費用がいくらで、表示金額にはどこまでが含まれているか、ということです。それらを確認し納得したうえでスクールに申し込むことをお薦めします。しかし受講費用はショップ選択のひとつの目安にとどめておくべきです。費用の安いショップがいい加減だとか、高いショップだから親切だとは決して言えないからです。
Q 8. まず最初に揃えたほうがいい器材は何ですか?
A 8. 7点セットと呼ばれているマスク、フィン、スノーケル、さらにスーツ、ブーツ、グローブ、メッシュバッグは揃えたほうがいいですね。素材や機能によって価格に幅がありますが、自分のカラダとレベルに合ったものを選んでください。
特にスーツは、自分のカラダにジャストフィットするものをレンタルで探すのは難しいものがあります。保温や保護の役目をするスーツは、その機能性を高めるためにも、ぜひ自分のスーツを持つことをお薦めします。
BCDやレギュレータ等の重器材、これらも使い慣れてもらうためにも早めに自分のものを揃えたほうがベターです。コース受講のときから自分の器材を揃えて使用することが、結局はダイビング上達の近道ですし、講習がいっそう楽しくなること、間違いナシです。
Q 9. 実技講習はどんなところで行うのですか?
A 9. 一般的な都市型ダイビングショップでは提携しているプール施設で実技講習を行っています。あるいは海洋実習地の限定水域(プールと同じような潮の流れの少ない穏やかな背の立つ浅瀬)で行うことも少なくありません。
海洋実習は4回のダイビングで修了しますが、それを2日間以上で行うようにプログラムされています。そこで1泊2日程度の日程で近くのダイビングポイントまで移動して行うのが一般的です。もちろん泊まらずに日帰りで数回に分けて行うこともあります。
関東では伊豆半島の海がポピュラー、中部や関西なら南紀や日本海の越前も海洋実習によく利用されています。
Q 10. Cカード取得までに何日位かかりますか?
A 10. PADIの場合、最短で3日間(※1)です。これまでの学科講習は、レクチャールームでそれこそ丸1日かけて行っていましたが、新たに開発されたビデオ教材が自宅学習(※2)を可能にしたからです。好きなときに、繰り返して学習できるので、ダイビングに関する基礎知識が効率よく吸収できます。
とはいっても知っておいてもらわないといけないことばかりなので、ちゃんと自習してきてくれたかどうか、インストラクターが簡単なクイズ形式で習得の度合をチェックさせてもらっています。
という訳で実際に足を運んで受けるのは実技講習の3日間だけ。しかもPADIの場合、ビデオ学習を先行させる必要はありません。器材を付けて海に入るところから講習をスタートしていただくことも可能です。PADIだったら、その日から海に潜れます。
※1.各ショップによって受講スケジュールが異なります。また受講者の習得度合いによって受講日数が延びることがあります。
※2.ビデオ学習と合わせて学科講習をレクチャールームで行うショップもあります。詳しくは各ショップへお問合せください。



お問い合わせはこちら(training@padi.co.jp)まで
 

 
 
 

What's New

12月04日
【Project AWARE】
2017 AWAREクリーンナップ活動報告をUP
11月30日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
今シーズンもやってきました!
しれとこ流氷ダイブツアー2018
11月29日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
辰巳国際水泳場のプールで
リフレッシュ&スキルアップ!
11月8日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
ダイビング専用プールでリフレッシュ!
駐車場20台完備!静岡
11月8日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
フリーダイビングを始めよう!
憧れのフリーダイバーへの入口はここから!
11月8日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
東伊豆・稲取でリフレッシュ&ファンダイブ
専用プールでブランクダイバーさんも安心
10月11日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
東海汽船2017年11月・12月の料金表を
掲載しました。ぜひご利用ください!
9月15日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
夜のスキンダイバー・コース
ナイター設備がある稲取のプールで上達!
8月9日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
サイパンの海でダイバーデビュー!
PADI OWD取得プラン3泊4日
7月28日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
海はもちろん観光も食べ物も!
八丈島欲張りファンダイブ
7月28日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
海の楽園、南伊豆・中木
大人気のヒリゾ浜で体験ボートダイブ
6月27日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
渋滞知らずの駿河湾フェリーで
西伊豆・田子ファン&体験ダイブ
6月20日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
沖縄・ケラマ 専用クルーザーで
体験ダイビング&スノーケリング
6月19日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
ブランクダイバーさんも安心!
石垣島リフレッシュ&ファンダイブ
6月14日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
千葉ケーズハーバー大水槽で
体験ダイビング&スノーケリング
6月2日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
スキル練習したいダイバー大歓迎!
辰巳プールでリフレッシュ&スキルアップ!
6月1日
新規登録店に
《 Ohana With... 》を追加
5月26日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
沖縄ケラマでスノーケリング
専用クルーザーでボートスノーケリング!
5月23日
[PADI News]
「ワールドオーシャンズデイ TOKYO 2017 〜食を通じて、海を感じる日〜」開催
5月22日
新規登録店に
《 Diving Pro Shop 7Share 》を追加
5月18日
[PADI News]
なりすましメールにご注意ください
5月12日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
西伊豆・雲見で
洞窟フロー(蛍光発光)ダイブ
5月10日
[PADI News]
2017年5月20〜28日は「みんなで潜る!スクーバダイビングWEEK」

携帯電話

海がもっと身近になる

PADIジャパンの
携帯サイトも
要チェック!!

QRコード
携帯サイトQRコード