「#ダイビングって楽しい」ハッシュタグキャンペーン実施中! 「PADIスペシャルティ・キャンペーン」開催中!
全国のPADIショップリスト


サイドマウントダイビング

「サイドマウント」って何?

ph

ph@BCD

サイドマウント用にデザインされたBCDは、腰またはお尻の上部のあたりに、タンクを留めるためのDリングやレールが付いています。また、適切な位置を維持するためのクロッチ・ストラップ(股掛け)がついたものも多くあります。メーカーによっては、サイドマウント用のデザインでも、背中にタンクが取り付けることが可能なものもあり、ひとつのBCDで2つのスタイルのダイビングを環境に応じて楽しむことが可能です。

(右写真)前面は胸の部分にDリングがあり、タンクの上部を留める際に利用します。

Aタンクの上部を固定するためのラバー製コードまたはバンジー

Bタンクの上部を胸のDリングに留めるためのクリップ

Cタンクの下部に装着するバンド

D長いホースをまとめ、流線型を保つためのチューブやバンド

Eレギュレーター

左側のレギュレーターには、一般的な長さ(80〜90cm)のセカンドステージ、残圧計、BCDにガスを給気するための中圧ホースを取り付けます。このセカンドステージは、使用していない間は、ネックレスのように保持します。 右側のレギュレーターには、バックアップ用BCDまたはドライスーツにガスを供給することがなければ、セカンドステージと残圧計のみ取り付けます。セカンドステージのホースは、バディに供給しやすいよう、1.5〜2mの長さにします。 残圧計は視認しやすいよう、短い高圧ホースを使用します。

phサイドマウントに適したタンクは?

普段のダイビングで使っているタンクを使うことができますが、水中で沈みやすいスチールタンクはバランスが取りにくく、アルミタンクのほうが姿勢が安定しておすすめ。ただ、普段使う10リットルのタンクは、2本装着するとなると、陸上での運搬や装着したときの負担がけっこう大きいので、6リットルぐらいのアルミタンク(写真は《日本アクアラング》が扱っているCatalina製5.7Lアルミニウムタンク)があると非常に便利です。

←サイドマウントで潜るメリットは? TOP サイドマウント Q&A→

back

 
 

What's New

6月27日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
渋滞知らずの駿河湾フェリーで
西伊豆・田子ファン&体験ダイブ
6月23日
【Project AWARE】
2017 AWAREクリーンナップ活動報告をUP
6月20日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
沖縄・ケラマ 専用クルーザーで
体験ダイビング&スノーケリング
6月19日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
ブランクダイバーさんも安心!
石垣島リフレッシュ&ファンダイブ
6月14日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
千葉ケーズハーバー大水槽で
体験ダイビング&スノーケリング
6月2日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
スキル練習したいダイバー大歓迎!
辰巳プールでリフレッシュ&スキルアップ!
6月1日
新規登録店に
《 Ohana With... 》を追加
5月26日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
沖縄ケラマでスノーケリング
専用クルーザーでボートスノーケリング!
5月23日
[PADI News]
「ワールドオーシャンズデイ TOKYO 2017 〜食を通じて、海を感じる日〜」開催
5月22日
新規登録店に
《 Diving Pro Shop 7Share 》を追加
5月18日
[PADI News]
なりすましメールにご注意ください
5月12日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
西伊豆・雲見で
洞窟フロー(蛍光発光)ダイブ
5月10日
[PADI News]
2017年5月20〜28日は「みんなで潜る!スクーバダイビングWEEK」

sns

Facebookページ Twitter Google+ページ Youtube