「#ダイビングって楽しい」ハッシュタグキャンペーン実施中! 「PADIスペシャルティ・キャンペーン」開催中!
全国のPADIショップリスト


ショップ選びのポイント10

ポイント1

phダイビングショップを選ぶときに重視したいのが「通いやすさ」。自宅や会社の近くにあるショップなら、通いやすくて便利。多くのショップは夜9時前後まで営業しており、会社帰りや学校帰りにも気軽に立ち寄れます。何度か通ううちに、すぐにお店の雰囲気に溶け込むことができるはず。また、講習後のツアーやイベントにも参加しやすいなど、さまざまなメリットがあります。
一方、「忙しくてあまりショップに行く時間がない」という人は、リゾートにあるショップ(ダイブリゾート)で、まとまった日数で講習を受けるのも手です。現地の海に精通したスタッフがそろっており、講習後はホームゲレンデとして通うといいでしょう。

●ダイビングショップのタイプ

都市型 駅から近く、学校や会社帰りに気軽に立ち寄ることができてとても便利。都市部に多い形態なので俗に「都市型ショップ」と呼ばれる。
郊外型 車で来店する方のために駐車場を備えている場合が多く、敷地も比較的広い。ゆったりしていて、さまざまな設備が充実しているショップが多い。大都市近郊や地方都市によく見られる。
リゾート型

ダイビングポイント近くに位置し、ガイド業務を中心に行なっているのでそのポイントに精通しているのが特徴。基本的には現地集合・現地解散だが、最寄駅や空港まで送迎してくれるショップがほとんど。PADIでは「PADIダイブリゾート」という名称で登録されているショップがそれにあたる。

これ以外にも、スタッフが多く在籍する大型ショップや、家族経営のアットホームなショップなど、その形態は実にさまざまですが、PADIではどのタイプのショップでも、提供されるプログラムは世界共通のPADIプログラムですのでご安心を。いろいろなタイプのショップを実際に見て判断してください。

ショップ選びのポイント10 ポイント6

ポイント2

ポイント7
ポイント3 ポイント8
ポイント4 ポイント9
ポイント5 ポイント10

日本全国ダイビングショップ情報をCHECK!

日本全国500店以上のPADIダイブセンター/リゾートが網羅されていて、ショップ情報としては日本最大規模。そのすべてがPADIと正式な契約を結んだショップですので安心です。各ショップのホームページにリンクされているだけでなく、詳細情報のあるショップでは、講習料金の総額表示やキャンペーン情報など、さまざまな情報を手に入れることができます。気になるショップが見つかったら、電話してスタッフと話してみたり、実際にお店に足を運んでみましょう。 ⇒日本全国ダイビングショップ情報

 
 
 

What's New

7月27日
【Project AWARE】
2017 AWAREクリーンナップ活動報告をUP
6月27日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
渋滞知らずの駿河湾フェリーで
西伊豆・田子ファン&体験ダイブ
6月20日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
沖縄・ケラマ 専用クルーザーで
体験ダイビング&スノーケリング
6月19日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
ブランクダイバーさんも安心!
石垣島リフレッシュ&ファンダイブ
6月14日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
千葉ケーズハーバー大水槽で
体験ダイビング&スノーケリング
6月2日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
スキル練習したいダイバー大歓迎!
辰巳プールでリフレッシュ&スキルアップ!
6月1日
新規登録店に
《 Ohana With... 》を追加
5月26日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
沖縄ケラマでスノーケリング
専用クルーザーでボートスノーケリング!
5月23日
[PADI News]
「ワールドオーシャンズデイ TOKYO 2017 〜食を通じて、海を感じる日〜」開催
5月22日
新規登録店に
《 Diving Pro Shop 7Share 》を追加
5月18日
[PADI News]
なりすましメールにご注意ください
5月12日
【トラベル・ネットワーク新着情報】
西伊豆・雲見で
洞窟フロー(蛍光発光)ダイブ
5月10日
[PADI News]
2017年5月20〜28日は「みんなで潜る!スクーバダイビングWEEK」

sns

Facebookページ Twitter Google+ページ Youtube